水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 有罪率と不起訴率 | main | 弁慶の立往生 >>
本日よりすさ美会展です
PRです。
本日14日(火)より19日(日)までの6日間、
平塚市美術館・市民ギャラリーに於いて、
すさ美会展が開催されます。
今年で45回目に当たりますので、
今から45年前に設立されたんですね。

私は、明確に記憶していないんですが、
かれこれ20年前にこの会に加入しました。
当時、油絵を始めて、4〜5年目ぐらいの時でした。

そもそもが、当時NHKの教育テレビで、
ボブ・ロスの絵画教室と言う30分番組を流していて、
たまたまその番組を見て、結構興味を引かれたんです。
チャンスがあれば見るようにしていて、
そのうち、録画するようになり、その録画を何度も見ているうち、
なんとなく、大雑把ながら、描き方が分かったような気がし、
ある時、ともかく描いてみよう、と
小さなキャンパスと、絵の具、溶き油、パレット、
それにイーゼルなど、要はお絵かきセットのようなものを
買い求めて、描いてみたんです。
たしか、ボブロスはこういっていた、みたいなことを思い出し、
筆を進めて行ったんです。
まあ、それなりに絵が完成しました。
今思えばそれはひどい作品でしたが、
本人は、処女作の割に、結構行けるじゃん、と思っていたのです。
そうなると、次つぎと様々なテーマが湧いてきて、
衝動の様にそのテーマを描いてみたくなり、
ほぼ、1年で15号から20号ぐらいの油絵を30枚ぐらい、描きました。
で、もともと素人ですから、
たとえば、猫を描いてみたい、と思って猫を描くと、
もうそれで、二度と猫を描こうとは思わないんですね。
なぜかは分かりませんが、
まあ、浮気者なんでしょうね。
そんな矢先に、杵若の加藤君から、
すさ美会という美術愛好者のグループがある、
気さくな人たちだから、君も入って、作品を描いてみないか、
と誘われたんです。
ちょうど、描いてみたいテーマがなくなってしまって、
馬鹿みたいに描きつづけてきたのが、ふと途切れてしまっていたのです。
これは、こういう会に入り、作品展に出品することで、
なんだかんだと描きつづけるきっかけになるかもしれない、と思ったのです。

まあ、そのことに関しては、正解でした。

その後、前任の会長さんがお亡くなりになって、会長職が空いてしまったんです。
そこで、ど素人の私が、この会の会長を受けることになり、
というか押しつけられ、以来、15年ほどが過ぎました。
この間、なんとなくですが、会長としての意地もあって、
50号の絵を描きつづけてきました。
50号と言うと、およそ90センチ×120センチぐらいの大きさです。

しかし、何年経っても腕が上がりませんですね。
多分、依怙地なところがあって、人に教えを乞う、
ということをしないからでしょうね。
ともかく、終始、我流を貫いてきました。

今年の作品は、霧中富士、という50号の油彩で、
曇り空を背景に、正面真ん中に富士のドンとした姿。
手前のカラマツ林には、霧がかかっている、という風景です。
で、これは初めての挑戦だったんですが、
使った絵具は、ホワイトとブラックの二色のみ。
要は白黒写真みたいなものです。
正直なところを言えば、墨絵の世界を表現できないか、
ということを考えたわけです。
しかし、確かに色は、モノトーン。
白と黒とその中間のグレーだけですから、墨絵と同じ条件です。
でも、油絵具は油絵具なんですね。
モノトーンの油絵の風景画になってしまいました。
まあ、すさ美会という名前ですが、すさびとは遊びという字です。
それなりの遊び心があってもいいだろう、と思っています。

それと、今年は木工品として、春日灯篭を出品します。
もともとは、大磯の境野先生の庭園灯として製作しました。
春日灯篭というのは、よく、お稲荷さんの参道の傍らに、
赤い一本足の屋根つきの灯篭が並んでいますが、
あれを春日灯篭と言います。
あの赤い灯篭のミズシマスタイルです。
障子の部分には、境野先生の書があって、
少欲知足、と書かれています。
欲が少なければ、足るを知る、ということですね。

もちろん、他の会員の方々の作品も素晴らしいものがあります。

是非とも足をお運びください。
 
| 水嶋かずあき | あれこれ | 00:32 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
入会の方法等お知らせください豊島さんにお願いしてましたが
連絡いただけません宜しくおねがいいたします
| 桝本 | 2017/11/17 11:17 AM |
メールありがとうございます。なにより、去年のあんな古いブログをお目通し戴き感謝します。
入会については、そんなややこしい手続きはありません。
豊島さんから、もう一度連絡するように伝えておきます。
来年のすさ美会展は、6月の初旬でしたので、その時期に合わせて製作し、出品してください。
| mizushima | 2017/11/18 6:16 AM |
連絡頂き慎にありがとうございます、来年6月ですね頑張り製作いたします、豊島さんからの連絡お待ちしております。
どうぞ宜しくお願いいたします有難うございました。
| 桝本 | 2017/11/21 11:17 AM |
おはようございます何度も連絡して申し訳ありません豊島さんからも連絡等ありません10月28日手紙もだしておりますが
返事等おまちしてましたがありません。再度お願いしてみてください。
| 桝本 | 2017/12/01 11:00 AM |
おはよう御座います何度も連絡して申し訳なくおもいますが
1ケ月近くなりますが何も連絡ありませんがどのようになつているのですか?手続がそんなに大変なのですか、駄目なら仕方ないですが明確な返事いただけますか。
| 桝本 | 2017/12/14 10:09 AM |
桝本さんへ
このブログではなく、直接私に問い合わせてください。
090-4721-3344です。
よろしくい願いします。
| mizushima | 2017/12/14 12:34 PM |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/1952
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE