水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 防災グッズリスト | main | 素敵なツーショット >>
制裁社会

理性とか、知性とかを働かせ、要は冷静沈着に物事をとらえ、
寛容と安寧を求めて、筋の通った対処をするという事は、

当たり前のようでなかなか難しいものです。
社会的にこれが正しい、とか、望ましい人間関係とか、いろいろな尺度があります。
時に法で定め、時にルールとして決められ、時にマナーなどとして習得すべきとしながらも、
人は絶えずそれから外れています。
見るに見かねて、釈迦やイエスやモハメッドや孔子などが、
人の生きるべき道を説きましたが、それでも救いがたい人々は多く、
依然として人間は、穏やかで平和な世界を実現できないのです。
侵略し、殺戮し、我欲を達成するために、他の犠牲は顧みませんでした。
こんなに激しく同一種がいがみ合う動物は、地球の上ではいないんじゃないでしょうか。
それは、縄張り争いとして、一対一の争いをする動物はいますが、
人間ほど露骨に同種の命を奪う動物はいません。

小さい所ではいじめ、大きなところでは戦争。
絶えず人は人を傷つけ、葬ってきました。


普通なら、何とかしたいと思うものでしょ。
同じ人間なんですから、不幸な人間は出したくないですよね。
ですから、心ある人は何とかならないか、と心痛め、
何とかしたいとささやかな努力をするのですが、
その大半は、他の人の心に響いてゆきません。

 

どうしてこんなに人はいがみ合うのか、という事がずうっと疑問でした。
どこか何かの作用で、改善できるのだろうか、
いがみ合うな、と言う法を作ればいいのだろうか。
まあ、何の進歩もないまま、頭を悩ませてきましたが、
最近、やっと気づいたのです。
これは人間の本能に組み込まれているものではないか、と。

 

話は変わりますが、不倫の問題です。
いいか悪いか、はさておきます。
これとて、有名人ほど、騒がれ、しっぽをつかまれたら、
魔女狩りのように、こっぴどいバッシングを受けるでしょ。
時に、それまでの地位名誉を失い、あの有名だった人も、
それこそタダに人の成り下がります。
にもかかわらず、浜の真砂は尽きません。
石川五右衛門が釜茹での刑になった時、
盗人は、どんなに時代が流れても、尽きることはない、と予言したとおり、
いまだに盗人はいますからね。
なんかこれに似ていませんか。
衝動的な行為と言うだけではない、一線を超えるというのは、
矢張り、人間の根底にある、本能に根付いたものだからだろう、と思うのです。
集団や社会を問題少なく構成、維持するために、必要とされた理性は、
本能の前にもろいものなのではないか、と思うんですね。
そもそも、婚姻制度と言うのは、脳科学的に無理がある、と
あの脳科学者の中野信子さんも言っています。
ま、そこは屁理屈になるかもしれませんが、
こうまで、文春に限らず、有名人の不倫報道が続き、尽きない、という事は、
いいとか悪いとか、要は理性の判断を超えた、

本能に動かされるところは大きいのではないか、と思うんです。
つまり、食べたり寝たりと同列の本能的行為と考えれば、
そう目くじら立てて非難することではないのではないか、と。

 

で、これに輪をかけて、どうも本能の一角に潜んでいるのではないか、と思えるのが、
いわゆる人をバッシングする人間が持っている攻撃的な感情です。

そもそも動物の一種と考えた時、動物の本能として、
種の維持、というものがあるように考えがちですが、
ごく一部の蜂やアリなどの種を除くと、
大半の動物は、個の維持にいては間違いなく本能を発揮しますが、
種の維持については、そのルールから外れていることが普通なんです。
ペンギンのコロニーで、親から離れてしまったひな鳥は、

結構簡単に他の親から攻撃されて、死んでしまいます。
熊の類は、母熊と小熊が移動しているときに、雄熊に出会うと、逃げ出します。
うっかり正面衝突でもしようものなら、雄熊に子熊が殺されてしまうからです。
ライオンもそうですね。
雄ライオンがメスが統括する集団に近付くと、
こどもライオンは、すべてかみ殺されてしまいます。
そして自分のDNAだけを残そうとするのです。
すべての動物がそうだとは言いませんが、
種としてDNAを残そうとするのではなく、
個のDNAを残そうとすることこそ、本能なんですね。


したがって、人間も、人類みな兄弟的な考えでないものは普通に存在しているわけで、
本能の片隅だとは思うんですが、
人より優位に立ちたい、自分だけは何とかいい思いをしたい、と言う
優位感を求めているんですね。
この優位感は、逆に働けば、人を不幸に貶める事でも達成出来ます。
特に、ネットでは、匿名で物言えますから、
このバッシング、人への誹謗は、理性のコントロールを失ったように、
他を攻撃するんですね。
正に制裁社会です。
情けないけど、これが人間の本性なんでしょうね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
確かに!「万人の万人に対する戦い」状態が広範にみられるようですね。
| やぶ枯らし | 2018/02/01 11:33 AM |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2556
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE