水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 平和ボケ | main | 誰のための証人尋問だったのか >>
答えないという嘘

簡単な二択の質問です。
‘本という国は、理想的な民主主義国家に近付いている。
日本と言う国は、民主主義国家とは言い難い状況になりつつある。
どちらとも言えない、とか、分からないという選択肢はありません。
,△里匹舛蕕を選ぶという前提です。
これによるデータを得ようというものではありません。
人によって民主主義の概念とか、その度合いに対する実感はそれぞれ違うと思いますが、
でも、敢えて二択をするとしたら、という事です。

 

先日、NHKで放送されたドキュメンタリー番組で、
すべての政府はうそをついている、というタイトルの番組があって、
これを録画しておいたのです。
テーマが重いので、録画したものの、しばらく見ることがありませんでした。
で、昨日の国会での証人喚問をちらっと見た限り、
なんとなく、これって民主主義の崩壊の前兆じゃねぇ?と思ったんですね。
ま、ある意味、しょせんこんなもんだろう、とは思っていましたが、
それなりに、のどのつっかえが取れるかもしれない、
という一縷の望みは持っていました。
ああ、期待した自分がばかだった、と。
そんな気持ちがあったので、じゃあ、すべての政府はうそをつく、
というビデオを見てみよう、と。
今朝見たのです。


主には、アメリカという国での出来事が中心でした。
それこそ、ベトナム戦争のきっかけで、トンキン湾事件というのがあったのですが、
どうもこれも開戦の口実を作り出すために、巧妙に仕組まれたものだ、と言うのですね。
これを取り上げて、まさに針小棒大な事実に書き換え、
あの、不幸な10年戦争に突入したわけです。
湾岸戦争もそうでしたね。
何やら、大量破壊兵器を作っている、という、まさにいんねんを吹っ掛け、
これまた戦争に突入しました。
これで、自分の国の多くの若者を死に追いやったのです。


考えてみてください。
自国の国民の犠牲を伴うような、暴挙に乗り出したわけです。
本来なら、相応のテーマが必要でしょ。
自由と平等を守るとか、国民の命を守るとか、民主主義と自由貿易を死守するとか、

未来の国民に美しい国土を残す、とか、
主義や信条や、美しいスローガンがあって、
それで、国民に、多少は犠牲が出るかもしれないが、
世界の人類の正義のために、ここは一番歯を食いしばってくれ、

というんじゃないでしょうか。


それが、嘘で作り上げられた幻の正義だったわけです。
という事は、要は戦争をしたかった、という事でしょ。
もし、兵器産業が作った在庫が兵器庫一杯になってしまって、
ま、不良在庫一掃のために、ここで一発はじめようか、
何てことだとしたら、死んだ青年たちも浮かばれないでしょ。
でも、そのドキュメント番組では、そうらしい、という事を、
さまざまな証言とか、文書とかで、描き出してゆくんですね。

この作られた戦争をすることの動機を、悲しいことに、
国民は見抜けないんですね。
メディアも一部騙され、時に追従するような報道をし、
国民はすっかり洗脳されてしまうんですね。

 

何も、人の命にかかわらないまでも、大小の嘘を、政府はツキまくり、
国民を欺きながら、政権にいる政治家、大手の企業などの既得権益者を守るわけです。
それが、第三者、第三国から権益を守るならまだしも、
自国の国民の犠牲の上にそれらの権益を守るというのは、
どう考えたって、民主主義国家とは言えないでしょ。

 

という事で、いささか比較することに若干のずれもありますが、
昨日の証人喚問を見ながら、これって茶番劇じゃないか、
と感じた方は多いと思いますね。
まあ、佐川氏が、訴追の恐れがある、という理由で回答を拒否したのは、
まあ、ルールどおりなのだそうですが、
何事も隠さず、真実のみを話す、というのが本来の宣誓の意味だと思うんです。
つまり、都合が悪いことは話さない、と言う前提で喚問するのは、
そもそもが、茶番を作り出す前提になりませんか。
つまり、質問はできるけど断罪ができない、という中途半端な権限しかないのです。
だったら、公開裁判的に、きちんと国民の前で、疑惑を晴らす場を作るべきでしょ。
つまり、国会における証人喚問と言う制度の粗さを修正すべきだと思うんです。

なぜなら、証人喚問を受ける被告の予測される罪名は何であれ、
国民の財産をないがしろにした罪なわけでしょ。

 

この様子を今日のメディアがさまざまに伝えましたが、
驚いたのが、財務省における職員へのインタビュー。
そのおおむねが、よくやった、というんです。
財務省と言う組織を守ってくれた、と。
え、と思いませんか。
そもそもあなたたちは、国民を守るための組織の一員でしょ。
あの、欺瞞に満ちた回答が、国民を守ったのですか、?と、思うんです。

 

ま、どう見ても、嘘をつくという事を前提に考えれば、
本当のことを言わないのも、嘘じゃないですか。

 

民主主義が、じわじわ壊れて行っているのではないか、と心配です。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 14:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
仰る通りです。防衛省の日報隠し,文科省の加計学園獣医学部新設、厚生省のデタラメデータ、そして財務省の森友問題。次々に起こる問題。安倍一強政治の奢りに原因があるのでしょう。すべて部下の責任にしてトップは責任を取ろうとしない。不信が増すばかりです。
| もっちゃん | 2018/03/28 5:38 PM |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2612
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE