水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 第6回目が始まっています | main | 正しいことをするために >>
にわかに信じられますか

銀行に、突然と怪しげな輩が入ってきて、
懐から取り出した銃をちらつかせ、
ともかく俺の言う事を聞け、と。
やたら動くと一発見舞うぞ、と脅しをかけてきた。

銀行にいた人は、見な、屈辱的な姿勢で、床に伏せるように言われた。
ま、冷静に見れば、空威張りしている風にも取れるし、
あれは水鉄砲で、弾なんか入っていない、と思える節もある。

でも、もし実弾でも入っているとこれは一大事になるので、
警戒をしながら、言われるままに床に伏せ、それとなく様子を見ていたのです。
それでも、えげつない言葉を吐きつつ、大声を上げるので、
いささか、皆うんざりしていました。

と、何を考えたのか、突然、銃を捨てると、
私は、みんなと仲良くしたい、と。
さっきまで銃を向けられていたもかかわらず、
その変身した無頼漢に、その友好的な姿勢は大事だ、とか、
あなたはえらい、みたいなことを言い出すものも出てきたのです。

 

銃を構えていた人間が、銃を捨てたとしても、
さっきまでの人格が変わるわけではないし、
もともと、誰だって人に銃を向けることはないわけで、
銃を捨てたことが、えらいことでも、褒められることでもない。

ただ、ごく並みの状況になっただけのことです。

 

あの、北のカリアゲ君って、そういう事ではないのですか。
私は、もしかするとえげつない精神の持ち主かもしれまえんが、
あの変身ぶりをお人よし風に、平和の使者だ、などと捉えられないのです。
確かに、このまま、物事は平和に向かって進展すれば、それは素晴らしいことだと思います。

 

スポーツに政治が介入したなど、ピョンチャンの冬季オリンピックを
非難した人もいましたが、
結果として、あそこが糸口になって、
南北が融和し、統一され、長きにわたった終戦協定が、和平協定に移行し、
同じ民族同士が、手を握り合う、としたら、
オリンピックの政治利用と言うより、
オリンピックが平和の祭典であることを示したよい実例となり、
正に、面目躍如じゃないですか。


しかし、もし話が上滑りをし、ただの制裁解除への見せかけのものだとしたら、
スポーツへの政治の介入という事になってしまうでしょ。

オリンピックを利用した最悪の政治利用の例となってしまいます。

 

さあ、どのような評価をしたらいいんでしょうね。
本心では、だれだってやはり平和を望むでしょ。
人類の永遠のテーマは世界平和です。
一つ一つ、争いごとを解消し、怨念と報復の行為を放棄して、
寛容の中で、同じ生物種として、
まさに、今こそ地球の平穏な環境維持と人類の安全のための行動をとる時でしょ。
そこに近付くなら大歓迎ですよね。

 

しかし、とはいえ、今までが今までですから。
にわかに信じがたいというのも本心でしょ。
おじさんを処刑し、兄貴を暗殺し、
多くの国民が飢えで苦しんでいようと、
自分は、酒池肉林の生活をしている、という、

まあ、ウソかホントか、分かりませんが、
中には、牛肉を食ったという事はぜいたくだそうで、
それで処刑された者もいるとか。
こうなると、普通の社会では、例えば日本国内でそういうことをしていたら、
これは極悪人でしょ。
当然死刑判決を受けるに相当する犯罪者です。
もし神の国で制裁を受けるとしたら、
10回ぐらいは地獄に落とされるような、非人間的な悪行を重ねてきた人間です。
それが、もともとやってきたことは、核に手を染めて、
国際社会から、大ブーイングを受けていたのが、
突然の変身で、にこやかな笑顔で、核は放棄します、
みなさん、これから仲良くやりましょ、と手を差し出したのです。


もし、私個人の目の前に差し出された手でも、私は握り返せない。
彼が犯罪者だとして、国際社会でその評価をし、

十分に罪を償った後なら、手を握れると思いますが、
手にしていた銃を放り投げただけでは、
その人格を受け入れられないと思うんです。


銀行の床にひれ伏すことを命じられた人にしてみれば、
銃を捨てた輩の手を、
銃を捨てたからといって、握り返すことはできないでしょ。

国際社会のリーダーたちは、人がいいのか、計算高いのか、
大局観が優れているのか、また、バカなのか、
そのでどれなんでしょうね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2658
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE