水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 服忌令 | main | アイスコーヒー >>
司法取引

司法取引制度が、日本にも導入されました。


今まで、アメリカなどのドラマで、ごく普通に、捜査に協力すれば罪を軽くする、

という司法取引が行われている、と言うことは見聞きしてきましたが、
いよいよ日本でもか、と思ったら、これが、全然違うんですね。


大きな違いは、アメリカの場合、事件の犯罪そのものの捜査協力で、
いわば、素直に有罪を認めるなど、
犯罪捜査とか、裁判とかの手間を省くのに、活用されてきたわけです。
確かに、犯罪捜査や裁判など、ある意味余計なコストを社会は負担しているので、
これを軽減させようという事ですよね。


考えてみれば、ヘンな話でしょ。
だって、犯罪と言うマイナスの行動をして、
これをとがめられたら、すみませんでしたと素直に認めると、
いくらか罪が軽くなるんですから、
最初に引き起こしたマイナスの状態はなんだったのか、という事でしょ。
極端な話、殺人が行われて、テレビなどでよく出てくる第一級殺人が、
時に司法取引で、ランクが下げられたっとしたら、
殺された人は良い面の皮ですよね。


最近しばしばしば挙げられている被害者の救済、という面で、
司法取引で、罪が軽くなるというのは、
時にやり切れない事でしょ。
犯罪の現場で起きたマイナスは、何も修復されないのですから。

 

ともかくです、日本の場合はこれと大違いで、
主に、企業犯罪や組織犯罪などを想定していて、
なんかの拍子に捕まえた犯罪者が、小物だったとすると、
刑罰の軽減と言う餌で、大物の逮捕に資するための情報を引き出そうというのです。
まあ、組織内のちくりですね。
のうのうとしている黒幕とか、親分を放置しないぞ、というわけです。

 

構造としては、いささかニュアンスが異なりますが
例の日大の危険タックル問題に似ているでしょ。
ある出来事があって、これはまずいぞ、ということになる。
日大の場合、メディアとかマスコミが問題として取り上げ、
ある種の告発をしたわけです。
そこで、犯人は顔出しをしてまで、我が非を悔いたわけです。
結果、親分の諸行が露呈された。
世間は、親分が悪いんじゃないの、と、今度はそちらに攻撃の的を絞った。
ここで犯人は、ある種の減刑に近い状態を得る事ができそう、と言うことでしょ。
宮川君にその意図は微塵もなかったと思いますが、形の上では、
これは、問題の当事者と世間様が、社会正義の名において、司法取引のようなことをしたわけです。

 

私は、司法取引で、司法側の労力を軽減し、より効果的な巨悪を暴く、と言うのは、
十分にありの制度だと思うのですが、
でも、犯した罪は罪でしょ。
その罪は、確かに、非を認めたり、悔いたり、謝罪することで、
改悛していると判断すれば、それなりの犯罪の罪のレベルが軽くなることは、
いいことだとは思いうのですが、
それより、むしろ、非協力的とか、過剰な黙秘とか、操作への非協力的な態度は、「
マイナスにすればいいと思うのです。

 

例えばです。
強盗傷害の犯罪があって、犯人が捕まる。
取り調べて、否認から始まり、挙句の果てに冤罪だぐらいことで騒ぐ。
裁判の意結果、動かぬ証拠が出てきて、有罪となった。
状況から、懲役10年が妥当なのですが、
捜査に非協力的だったために、プラス年の刑が追加される、という制度です。
この時、犯人が逮捕直後から素直に犯罪を認め、
罪を悔いるなら、規定通り10年で済む、という事です。
取り調べの過程で、嘘をついたら、一つの嘘につき、3か月づつ量刑が増えるとか、
過剰な黙秘は、半年増えるとか、
まあ、何が妥当か分かりませんが、
いくら犯罪者と言えど、さらなる人間性の悪いものと、
まあまあ、まともなものとを同じレベルで判断するのはおかしいでしょ、
司法取引で刑を軽減するのと併せて、
結果として、有罪になる場合、取り調べに非協力的であったら、
罪は重くなるというのも、ある種の司法取引とみなせるんじゃないでしょうか。

 

人は量刑の大きさを絶えず念頭に置いているようです。

これもアメリカのテレビドラマですが、ある犯罪常習人が、仲間に銀行強盗を持ちかけます。

すると、話を聞いたその仲間は、割に合わない、と断るんです。

得られるものと、発生するかもしれないリスクを天秤にかけるんですね。

 

割りに合う、となれば、捜査への協力が進むと思うんです。

 

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2678
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE