水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 司法取引 | main | ますます暑い夏になりそう >>
アイスコーヒー

よく行く喫茶店のオーナーと、道端でばったり出会って、
ちょっとばかり世間話をした時のことです。
話題がアイスコーヒーのことになって、
私が、今度お店に行った時に、おいしいアイスコーヒーの入れ方を
伝授してもらえるだろうか、と言ったら、
そのオーナーが、それはかみさんがやってる仕事なんで、私は十分に答えられない、
と言うんです。
正に、パパ・ママストアーの典型のようなお店で、
どちらかがカウンターに入り、
どちらかがホールに出て、お客様へのサービスをするんですね。
これと言った定位置があるわけではないんです。
ですから、喫茶店の仕事と言ったら、どちらも堪能なのか、と思い込んでいたんですね。
で、アイスコーヒーは、なぜかかみさんが手がけ始めたのか、
いつの間にか、アイスと言えば、かみさんがやる仕事になっていって、
ご亭主はその時ばかりは、サービス係になるんだそうです。
逆に、もう40年以上喫茶店を仕切ってきて、
アイスコーヒーを落とす技は、会得していなかった、という
単純な経緯とともに、アイスを入れる技は、そうは簡単ではないんだ、
という事を思い知ったんですね。


なんか特別なコツがあるとか、
湯の温度に影響され、その見極めが難しいとか、
ま、ともかくなんかあるんです。
そこで、私は、いくら親しいとはいえ、そのかみさんが要領よくコツを教えてくれるとしても、
これは一度聞いたぐらいでは再現できないんじゃないか、と思ったんですね。


20代の頃、たまたま友人が持ちかけてきて、喫茶店を一緒にやろう、
という話になったんです。
そのころ知り合いの喫茶店が移転し、それまでのお店が貸店舗で出ていたんですね。
で、ここを借りることになり、それなりに準備して、どうやら開店までたどり着いたのですが、
一番苦労したのが、コーヒーの淹れ方です。
だって、基本は素人ですから、誰かに教わらなくてはいけない。

そこで、あちらこちら聞きまわったんです。
で、その中から、いくつかの共通点を見つけ出し、
コーヒーを淹れる原則を整理したんです。
淹れる方法はネルドリップです。

 

ネルドリップとは、ネルと言われている生地、フランネルを円錐形に縫い合わせたものを
丸い枠の金具に吊るして、コーヒーの粉を入れて、
上から、湯をじわじわと落として、淹れる方法です。
多分、いわゆる喫茶店では比較的多くのお店が取り入れてる方法です。
湯の温度とか、蒸らしの時間とか、注ぐ湯量やら、いろいろのことを注意深くやらなくてはいけないんです。
もちろんその前に、どんな豆を使うのか、どの程度の焙煎にするのか、
またミルをどの程度の粗さで挽くのか、など、
湯で落とす前段階のことがいろいろとあるのですが、
きちっとメモしてその通りやれば、ほぼ何とかなるんですね。

 

したがって、短期間ではありましたが、
諸先輩の教えを忠実に守り、何とか開店時には、おいしいコーヒーを淹れられるようになりました。
で、考えれば、今時は、コーヒーメーカーなる電化製品が、
かなり安い価格で売っていますから、
これをお持ちの家庭は多いと思うんです。
その昔だったら、家でコーヒーを淹れる、というのは、
インスタントを湯で溶かす、というのが定番だったでしょ。
それが、今や、ネルドリップの簡易不普及タイプとして、
薄茶色の濃し紙を容器にセットして、粉を入れ、
あとはスイッチを押すだけ。
ぼこぼことした音がすると、ほぼ終わりに近づき、ぽとぽとが切れるかどうかで、
入れたてのコーヒーが飲めます。


でも、正直、あの機械で入れたコーヒーは、

私がかつてネルドリップで落としていたコーヒーの風味とはほど遠くいものです。
まあ、インスタントよりましですが、納得できるほどの味ではないように思うのです、
最近、喫茶店以外のレストランのドリンクコーナーや、
コンビニなどでも、コーヒーが利用できますが、
まあ、言っちゃあなんですが、ネルドリップにかなうものではないですね。
家庭用のコーヒーメーカーとトントンのものしか落とせない。
機械で落とす限界ってあるんじゃないか、と思ってます。

 

正に、単なる思い込みかもしれませんが、
若かれし頃、喫茶店で飲んだコーヒーのこくは、

すっかり消え失せているんじゃないか、という気がするんです。
第一、あのころのコーヒーをブラックで飲む、という事はなかったですから。
ヘビィな生クリームをとろりと落として、それを口の中でかすかに混ぜるように飲む、
と言うのが、飲み方の技でしたね。

 

さて、夏ですから、アイスコーヒーだな、と思って、じゃあ、家でどうするのか、
と思い悩んでしたら、水出しアイスコーヒーのティバッグ入り、という商品を見つけました。
これを早速買って、併せて、1リッターの冷蔵庫用のプラスチック容器を買い、
これに水を入れ、バッグを入れる。
3時間ほどで、バッグを取り出すと、
すっかりアイスの水出しコーヒーが出来上がっているのです。
これは、少なくとも、喫茶店並みのアイスコーヒーの品質ですね。
インスタントコーヒーを氷水でかき回すのとでは月とすっぽん。

これはお勧めです。

 

おかげさまで、この夏、ちょっとばかりグレードの高いアイスコーヒが飲めそうです。

| 水嶋かずあき | グルメ | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2679
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE