水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 楽しませてもらいました。ありがとう。 | main | 正常バイアス >>
もうすぐ七夕祭り

七夕祭りと言うと、いつも問題なるのがお天気。


そのそもが、野外型のイベントと言うのは、お天気が大きなキーポイントになります。
私もしばしば、イベントの主催的立場で、企画運営してきましたが、
およそ、1週間前ぐらいから、週間天気予報を見ながら、
一喜一憂してきたものです。
何しろ、どんな優れた内容でも、お天気には勝てないですからね。

 

で、気になるのが、七夕の天気です。
何しろ、七夕を始めた昭和26年から、毎年のように天気に悩まされてきました。
大体が梅雨の期間中に相当するからです。
そこで、かつて、どうあがいても梅雨の真っただ中なんだから、
雨の降った日はあきらめるか、
さもなければ梅雨と影響のない時期に移動するかだ、という議論がありました。


候補としては、旧暦に移行し、8月の初旬、という事です。
仙台がそうでしょ。
で、8月への移動案は、いくつかの要因で自然消滅したのです。
その要因の最大のものは、
飾りの販売先が、ちょうど8月に七夕祭りを、中元商戦として、開催していたのです。

平塚の七夕が開催されると、その初日には、いくつかの商店街の役員さんたちがやってきて、
自分の町の七夕祭りの飾りとして、買い付けをします。
平塚の飾りを、自分たちの商店街の七夕祭りに再活用しよう、という事なんです。
もちろん、吹き流しのテープは引きちぎられていて、補修をしなくてはいけません。
まあ、そこそこに手を入れなくてはいけないのですが、
材料費、手間など考えれば、平塚の飾りを安く買った方が効率的、
という事なんでしょうね。


大体、千葉の茂原、埼玉のわらび、などの商店街が、
伝統的に七夕まつりを開催していて、
当時はよくやってきて買い付けたものでした。
遠くは、富山県の城端という町からもやってきたものです。
彼らは、めぼしい飾りを見つけると、
早速価格の交渉に当たります。
もちろんものによってもですが、10万とか、20万とか。
そこで、飾りを掲出している商店は、それでは安いとか、売りましょうとか、
交渉に答えを出すわけです。
で、これが、七夕経費の収支に影響を与えるわけです。
七夕の費用の支出は、やぐらの組み上げ代、飾りの材料代、手間賃、それに若干の諸雑費です。
で、収入は、市の補助金、入賞、特選などの賞金、あとは売却代金などです。
ですから、飾りが売れるとか、売れないとかは、結構、収支のバランスに影響するわけです。
売れれば、材料費の半分ぐらいは何とかなる。
安くなったとしても、お茶菓子代ぐらいにはなる、という事で、
結構、飾りの引取りは重要なことなんですね。


それともう一つ。
売れれば次のところで、もう一度日の目を見ます。
一人でも多くのお客様に鑑賞してもらえるわけですね。
作る側としては、見てもらうために作っているのですから、
もう一度チャンスがあるという事は、
とてもうれしいことなんです。

以前、我が店の作品を引き取った蕨の呉服屋さんがいたのですが、

気になったので、見に行ったことがありました。

すると、我が店で飾っていた時より、

ずっときれいに、立派になっていたことに驚いたことがあります。


そして、第三の問題があります。
もし、売れなければ、その造った飾りを壊さなくてはいけません。
これは、結構しんどい作業なんです。
労力的にもですが、気持ちの上で、壊すという行為は、いやなものです。
相当割り切って作業に取り組まないと、ため息つきつきの仕事になります。


こんなことで、飾りが売れるという事はかなり重要なことなんですね。
もっとも、最近は、二次的に使用する商店街で、七夕祭りが低調になり、
かつてほど買ってもらえなくなってきたようです。

 

まともかく、そんな事情があって、梅雨の最中であれ、
7月開催は、いくつもの理由で、選択せざるを得なかったわけです。

で、今年は記録的な速さで梅雨明け宣言。
正直、やった、と思いました。


ところがです。
なんと、6日、7日の降雨確率は80%。
8日が60%。
何だこりゃ、と。
早い梅雨明け宣言で、喜んでいたところ、
きわきわでの雨の予想。

早めに先制点を挙げて喜んでいたら、終了間際に逆転されたベルギー戦みたいですね。
何とか、お天気になってくれないかな、とこれこそ神頼みです。
あの水だこに天気占いでもしてもらいましょうか。

| 水嶋かずあき | 平塚のこと | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2710
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE