水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 正常バイアス | main | 祭りの重要ポイント、露店 >>
どうなる、13少年脱出方法

タイの洞窟に閉じ込められた少年たちの元気な笑顔の映像が公開されましたので、
一応はほっとしたところですが、
まだまだ問題は山積しているようです。


しばしばチリの鉱山落盤事故と比較され、
何とかなると考えがちですが、
状況はまるで異なります。

先ず人数は32人とチリでの事故が人数が多かったのですが、
それ以外は、逆に、悲観的な材料が多いように思われます。

まず、大人と子供の違い。

こういう時こそ、人生の経験値が生きてくるんですね。
そして、チリでは、非常用に坑道のあちらこちらに非常用の備蓄が置いてあったそうです。
水や簡単な食料があって、
まずは飲み食いは、何とかなる、という状況のようでした。
それと、坑夫が持っているカンテラの類があったので、
光はわずかながら確保できたようです。
こういう時の光って大事なんですね。
何より、イギリスの救援隊員が、少年たちを発見した時、
彼らが真っ先に聞いたことが、今日は何曜日ですか、という質問でした。
真っ暗闇の中では昼夜の判別ができないので、
あれから何日過ぎたのか誰も疑問に思っていたんでしょうね。


そして、決定的な違いは、
別に縦穴を掘る、という解決案に対して、
チリの場合、それなりの道具は調達しやすく、また、場所的にも
作業が困難な場所ではなかった、という事です。
つまり、少年たちより、坑夫達の方が、恵まれた状況だったと言えます。

 

さらに少年たちの不都合なこととして、
雨水の侵入が予測できないことです。
想像してもぞっとするのですが、
大雨が降って、あっという間に水かさが増して、
いま彼らが避難しているところが、徐々に水位が上がってきたとしたらどうするんだろう、と。
排水ポンプの高性能な奴と、それが動かせる電源の確保が何より大切でしょ。
正直、今の対応を見る限り、近くの建築現場に置いてあった排水ポンプを使ってる、
という感じでしょ。
国中の排水ポンプと、発電機を集めるという最大限の努力をしているようには見えない。
正直、何とかなる、という楽観論が強いように思えるのです。

 

もちろんそうあってほしいのですが、
1時間で1センチ水位が下がった、などと報告されていますが、
大丈夫なのかな、と感じています。

 

楽観論に不安感を抱くのは、もう一つの理由があります。
これはフェイクニュースであってほしい、
と思うのですが、もし本当なら、これはとんでもないことです。

それは、タイ北部のチェンライ県にこの洞窟があるのですが、
新たな名所として観光客誘致の呼び水となることに期待が高まっている、

っていうんですね。
ええ?と思いませんか。
まだ救出のめどすら立っていないのに、
彼らが事故を起こした洞窟を観光名所にしようというんです。
こんな議論をすること自体が無神経だと思いませんか。
ナロンサク県知事は、記者団に

「将来は多くの人が行きたいと考える観光地になるだろう」と言ったらしい。
知事は、観光客が洞窟のどこまで入れるようにするかは「公園当局が決める」と説明した、というんですから、
ともかく、国内外に広く知られた洞窟は大事な観光資源である、と。
これを機に観光客誘致を積極的に進めようよう、というわけです。
で、取ってつけた風に、こう言いうところは、安全性を高めなければならない、っていうんです。


つまり、「事故を起こしたこどもらへの対応ではなく、
外貨の稼げる観光客への、安全性、という事です。

とは言え、それなりの努力はしているようです。
それは、洞窟近くでは4日に、高位の僧侶(54才)が、3度目の祈りをささげた。
ある女性が夢で、見ず知らずのこの僧侶が祈れば少年が助かると告げられたとフェイスブックに投稿。

僧侶が実際に現地を訪れ、お祈りが行われたそうです。

子どもたちの安否を心配するあまり、祈祷をしてもらう。


一方で、観光ネタとして活用しようというしたたかさ。
妙に、危機管理がずれていませんか。

 

話変わって、

今日から七夕祭りです。
紅谷パールロード、梅屋さんとパチンコの間当たりに、私達が作った飾りが掲出されています。
ついでに気に留めていただき、ご覧下さい。
天気は、この後何とかなりそうです。

 

| 水嶋かずあき | - | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2712
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE