水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 悪代官登場 | main | 二の丑 >>
ケチの極まり

根がケチなせいでしょうか、道具類について、私は、消費型の人間ではないようです。
つまり物持ちがいい、と言えばそれまでですが、
何とか、現存のもので、賄おうとするんです。


ですから、電池の類も、使えなくなったから捨てる、というのがしっくり来なくて、
充電型の電池を使うようにしています。
まあ、普通に使うなら、電池の買い置きも必要ないですし、
充電中の多少の不便もさほど気にならないものです。
これ、なんとなくそう思い込んでいるのかもしれませんが、
例えば、電動歯ブラシに単靴世単犬世の細身の電池を入れるのですが、
この起動力が、通常電池よりしっかりしている気がするんです。
これもあって、充電式の方が優れている、と思っています。

 

男の必需品の剃刀ですが、ある時期、電気カミソリを使っていました。
あれこれ買い替えたりして、旅行用の小型のものや、電池式のものや、充電式のもの、

電源プラグのついているものなど、

4種類ほどの電気カミソリがあったのですが、
どういう風の吹き回しか、ある時、突然、T型の剃刀に切り替えたのです。
しばらくして、結局電気カミソリとは別れを告げようと、
手元に残っていた電気カミソリはまとめて捨ててしまいました。


で、T型剃刀は、今時だと4枚刃とか5枚刃とかですね。
これが結構ひげを剃ったという感じがして、終わって、水で顔を洗って、
石鹸を拭き取った時のさっぱり感が、なかなかなんですね。
4枚刃と言えど、おろしたては滑らかなそり心地なんですが、
しばらくすると、微妙に痛さを感じるようになります。
きっと歯がこぼれてきて、ひげを引っ張るからなんでしょうね。
まあ、一言で言えば、切れ味が落ちてくるわけです。
そうすると、新しい刃に変えるでしょ。


で、5〜6個セットになった入っているカートリッジから、
ご新規さんを取り出すのですが、このカートリッジを全部使い終われば新しいものを買い替える。
で、せこい話なんですが、これが結構高いんですね。
まあ、一日に換算すれば、1円2円程度のコストなんでしょうが、
5個、6個まとまってるので、結構な値のわけです。
とは言え、買うのは、いいとこ半年か一年に一回ぐらいですから、
びっくりすることはないんですが、買うたびに、結構するもんだな、
という印象があるんですね。


ですから、切れ味が落ちてきても、少々のことでは我慢して、なるべく現役のものを眺めに使う、
というけちな精神が発揮されてしまうんです。
で、いよいよそのケチな精神が、最近極まってきて、
切れなくなった4枚刃の切れ味を戻す方法、と言うのを考え出しました。
それは、なんてことないのです。
洗面の磁器製の容器がありますが、あのふちの部分に沿って、
刃を当てて、ゆっくり数回こするのです。
いわば研ぐ、という事です。
すると、見事にキレが戻るんですね。
まあ、力の入れ具合、角度など、数回やれば習得します。


で、こうなると、いつ取り替えるのか、というくらい切れ味のよさが、維持できるんですね。
一度試してください。
ちょっとぐらいで取り換えていたのが、後悔されるほど、
新品に近い切れ味を取り戻します。

 

以前、仲間で調理研究会のようなものを自発的な組織として結成し、
その指導者として、一粋の親父さんの伊藤雅易さんを迎え、
月に一度の勉強会をしていました。
この伊藤先生には、多くのことを教わったのですが、
ある月の講習が終わって、片付けに入り、うち何人かが、自分の庖丁を研ぎ始めたんです。
人にもよりますが、仕事の区切りがつくと包丁の手入れをする事は、調理人の一連の仕事、
と言うこととしている人は多いものです。
で、伊藤先生が庖丁を研いでいる弟子たちを見ながら、
いや弟子と言ったって、それなりに店を構えている一人前の職人なんですが、
彼らに向かって、お前らの包丁研ぎは、ただ鉄を擦り減らしているだけだ、と言ったんですね。


で、伊藤先生の研ぎを見ていると、ほんの数回、しゃしゃとこすって終わるんですね。
確かに、数分はごしごしこすっているのと比べたら、
数回で切れが戻るんだったら、何もぐだぐだ研ぐことはないわけです。
こんなこと一つでも、技があるんだ、と感心したことがありました。

 

以来、むやみに砥石の上を行き来させるだけでない、研ぎ方を習得しようと、
それなりに努力するようになったのです。

ですから、4枚刃の剃刀も、ほんの数回、洗面台のふちでこするだけです。
きっと、すぐに4枚刃研ぎの技術も上達するはずです。
何より、研ぎで最も難しい事は、角度を一定させることです。
しかし、4枚刃は並んでいるので、否応なしに、一定のものになるからです。

ともかく試してみてください。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2737
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE