水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< さらばステロイド | main | ソリティアで一服 >>
新聞と言う情報源

なぜそうなったのか、自分でもそのきっかけとか理由がわからないのですが、
私は、紙に書かれた文字を読むのが苦手なんです。
チラシの類の印刷物もそうですし、
取扱説明書もそう。

とくに、40歳なった途端老眼になり始め、

小さい字が苦手になったんです。

読むこと自体が苦手になって、
特に印刷された(コピーかも)手紙や案内の類は、真剣に目を通さないんですね。
ま、それによって不都合はしばしば生じますが、
これは性格だからとあきらめています。

 

この文字苦手の症状で顕著なのは、本です。
先ず本を読んだことがありません。
最後に読んだ本は、今から20年前、ある東大の助教授だった方が書いた、

地球の成り立ちと、生命の起源と、進化などの内容の「100億年の手紙」

という本で、珍しく最初から最後まで読み通しました。
一応、体裁やら世間体もあって、書棚には、本が並んでいますが、
読み通した本は、この一冊だけで、あとは、最初の数ページでギブアップ。

 

結構私の周囲には本を出版している人が多く、
名刺代わりにと言いつつ、著作の本を贈呈いただくのですが、
申し訳ないことに、これらも本棚を飾るだけのことになっています。

松風町から紅谷町に引っ越して来た時、思い切って捨てたものが多くありましたが、
本に関しては躊躇なく捨ててしまいました。
だって、今までも目を通さなかったのですから、今後も読むことはないでしょ。
結果として残ったのは、知人から贈呈された本だけ、という事になりました。

 

とは言え、ネットでの文字はよく読みます。
考えてみれば、パソコンの画面上で得られる知識で、結構間に合うものなんですね。

したがって、新聞も読みません。
マンションの玄関ロビーに、定期的に古新聞の束が置かれていて、
翌日は、そこにトイレットペーパーが置いてあるのですが、
要はちり紙交換ですね。
この新聞紙の束を見るたびに、我が家には該当しないことだ、と思っています。
要は、我が家は新聞を取らないのですね。

 

いや、何か思い出したように新聞を取ろう、と言いだすことがあります。
すると、かみさんが渋い顔をして、やめたら、と釘を差します。
でも、新聞を読むって、ちょっとばかりハイブローな感じがするでしょ。
そこで、配達所に電話して、来月からよろしく、なんてことを言うんですね。
かみさんはやな顔してます。
実は毎度のことなんですが、配達を頼んでも、ほぼ一か月後には断ることになるんです。
と言うのも、意気込んで新聞に目を通すのはいいとこ、3日ぐらい。
その後数日は、見出しだけ眺めて終わり。
一週間もすると、開きもしない新聞が山のように積まれてゆくんです。
で、かみさんは、だから言ったでしょ、と新聞配達所に断りの電話をするんです。
こんなことを何回繰り返したでしょうね。

 

で、さすがにここ10年ほど、新聞を取ろう、という事は言わなくなりました。

とはいえですよ、それなりに新聞て魅力的でしょ。
ですから、床屋さんに行くときは、待たされることを期待しつつ、
老眼鏡を持って行って、置いてある新聞を読むんです。
これはこれなりに新鮮でいいものなんですね。

 

昨日、病院に定期検診に行ってきました。
毎度のことなんですが、予約時間のちょっと前に行って受診手続きをするんですが、
早くて1時間、遅いと90分は待たされるんですね。
で、この間どうやって時間をつぶすかでしょ。
そこで、今回は新聞を買って、これをじっくりと読もうと思い、
売店で新聞を買ったんですね。
で、待合のベンチに座っておもむろに新聞を開いたのですが、
出がけにのぞいたネットのさまざまな情報の二番煎じみたいなものです。
ああ、このことは知ってる、この記事の内容は今朝読んだ、と言ったことで、
見出しだけざっとチェックすると、
中に入り込んで読んでみようという記事がほとんどないんですね。
とくに、テレビ・ラジオの番組表も、株式の市況のリストも感心なし。
で、まん中あたりに高校野球の特集のごとく写真と戦況が載っているんです。
ま、ここも読み飛ばしでしょ。
社会欄もテレビとネットニュースですでにチェック済みのことばかり。
なんだ、この錯誤感。
要は買わなきゃよかった、という感想なわけです。

 

一通りページをめくっても、まだ名前を呼ばれない。
で、時間は十分にあるのですから、ちょっと気になったことをチェックしました。
広告のボリュームです。
全ページ広告が数ページあって、
下段にある程度のスペースが罫線で囲われていて、
ここは広告スペース。
その全体の面積をチェックしたんですね。
つまり新聞の総面積の広告面積です。
その新聞は全部で32ページ。
うち広告面積は11ページ分。
一部140円でしたが、実質記事としての価値は、92円分。
48円分は、欲しくもない情報でしょ。

 

新聞離れが進んでいるようですが、

新聞が最適な情報源と言う時代は終わっているような気がしました。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2748
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE