水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< まだ働かなきゃいけないのか | main | 弦斎そば >>
カツカレー

133-129=4と言う引き算に自民党がこだわっているようです。
安倍陣営で、最後の活入れと勝つことを意識したのか、最後のシメの集会で
カツカレーが出されたのだそうです。
で、これを食べた人数が133人。
食べた以上、うちの仲間だ、という前提です。
にもかかわらず、投票結果は129。
ん?となると、4人分少ないじゃないか、と。
ま、陣営側としては、133票はいけたと思ったんでしょうね。
そこで、裏切者、として、4人の犯人探しが始まったようです。

ま、勝利した陣営なんですから、そんな姑息なことは本気ではないとは思いますが、
それにしても、なんか大人げないやり取りですね。


政党というのは、それぞれ異なる個性の集合体ですから、
一般的な傾向はあるにせよ、いろんな考えがあるのが本来。
ですから、ノーサイド的な状況は望めないにしても、
国民の多くの支持を得て議会の壇上に登壇しているんですから、
相応の見識と良識の持ち主の集団であるはずでしょ。
カツカレーの4個分ぐらい、流せないんですかね。
言い換えれば、そのぐらいの誤差を読んでいなかったという事でしょ。


それが4個で済みました、と言うのと、
4人の裏切者が出た、と言うのと、どっちが大人の集団でしょうか。

 

あの大坂なおみちゃんが、大フィーバーですが、
全米オープンに優勝した直後に受けた取材で、
好きなものに、かつ丼、とんかつ、カツカレー、それに抹茶アイスを挙げていましたが、
このシーンを見ていて、きっと、これは、カツカレーのブームが来そうだな、と思ったんです。
で、いきなりの自民党のカツカレーでしょ。


私もそうでしたが、カツカレーと聞いた時、そそられるように、
私も食べたい、と思ったものです。

確かに好きな食べ物の一つですね。
もちろん、自分で作れなくはないのですが、
豚肉に衣をつけてあげて、なおかつ、炊き立ての飯に、カレーのルーが必要でしょ。
ちょっと面倒ですよね。
何てことない献立ですが、冷やし中華の次に作るのが面倒な食べ物です。
ですから、それほどの頻度で食べるわけではないのですが、
カツカレーと言うと、どこか出かけた先で食べることが多いですね。

 

ちなみに、辛口と甘口の評価を一つづつ。
いやカレーの辛口甘口という事ではなく、食べた味とかお店の評価、といいう事です。
先ず辛口から。
これは市民病院のレストランで食べたカツカレーです。
市民病院は、そのレストラン運営を公募していたので、どんな店舗が入ったのか、気になっていました。
そこで、友人の入院見舞いのついでに昼時だったもので、レストランに行ったのです。
で、カツカレーに決定。
まあ、そこそこの値段で、特に高いとは思いませんでした。
まあ、こういうのは仕方ないのでしょうが、食券を買ったら先ずはセルフサービス。
水は自分で取りに行きます。
そして、待つこと10分ほど。自分のカツカレーができたので、カウンターまで取りに行きます。
トレーの上に、カツカレーと、ちょっとしたサラダ。
ちょっとしたという意味は、ちょっとしかない、という意味です。
私の悪い癖で、トレーの上の原価を瞬間的に計算してしまうんです。
サラダは、キャベツの千切り中心で、しかもちょっと。
ドレッシングを入れても、およそ、5円程度かな、と。
カレーは、ルーが60円、ライスが45円。
で、肝心のカツですが、明らかに冷凍もの。
肉のボリュームから言って、おそらく一枚80円ぐらい。
合計、190円ぐらいでしょうか。
正確な金額は覚えていないのですが、750円は払ったような気がします。
粗利560円、これはもうけすぎだ、と。
まあ正直、うまくもなんともなかったので、よけい不満が残りました。
何が根拠で、あんなレストラン運営会社を選択したんでしょうね。
その理由がわからないです。
ちょっと辛口すぎましたか。
市民の病院なんですから、改善をしてもらいたい、という気持ちの表れです。

 

さて、甘口の方。
これは、もともとここのルーの味が気に入っているんで、
評価が高くなると思うのですが、ココイチのカツカレーです。
私としては、カレーうどんを一番に推薦したいところですが、
テーマはカツカレーなので、カツカレーの評価を。


実を言えば、市民病院のカツカレーを食べてすぐだったので、
あえて比較評価するためにカツカレーを注文しました。
うたいは手仕込み。
手仕込み、という言葉は、私は調理関係者ですが、普通は使いません。
揚げ足とるなら、じゃあ、他のは足仕込みかい?となるでしょ。
まあ、きっと冷凍品を揚げてるわけではないです、という意味なんでしょうね。
で、先ずはカレーのルーは定評があるので、省略。
問題はとんかつです。
肉の量目は100グラムぐらい。
まあ、これがなかなか、さすが手仕込み、と言う味なんですね。
結果としては、ルーに絡めて食べてしまうのですが、
衣のサクサク感は重要でしょ。
まさにこれぞカツカレーですね。
なおみちゃんに教えてあげたい。
そこで、値段なんですが、717円。
水は持ってきてくれてですよ。
安くてうまい。
まあ全国にチェーンをのばすだけのことはある、と。

 

辛口の評価のお店はごめんなさい。
でも、正直な感想なんです。
少なくとも、なおみちゃんを連れてゆくとしたら、
前者にはいかないですね。

| 水嶋かずあき | グルメ | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2792
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE