水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 大晦日と言いますが | main | 世界一周の旅 >>
初日の出

あけましておめでとうございます。
昨年1年間、何かとご訪問いただきありがとうございました。
おかげさまで、昨年も、1日たりとも休筆することなく、

ブログを書くことを続けてこられました。

皆さまのご来訪が無ければ、早々に連載をやめていたと思うのです。

 

私が、ブログを書くようなってから、8年半が過ぎました。
最初の2年間は、まだまだその時の気分で、書いたり書かなかったり。
パソコンに向かってキーボードをたたく時間がないくらい忙しければパス。
ピンとくるテーマが無ければパス。
まあそれほど深く考えていなかったんです。
ただ、ひたすら、何か物言いたい欲求が膨れると、書く。
吉田兼好の徒然草ではありませんが、
おぼしき事言はぬは腹ふくるるわざなれば とばかり書いてきたのです。

 

で、2年ほどした時に、重症筋無力症が発症。
ありゃ、と思いました。
よく分からないけど、風邪とか、腹下しなどとは、レベルの違う病気になったらしい、と。
そこで、なんとなくなんですが、わが命5年なり、みたいな覚悟をしてしまったんです。
勝手な診断です。
と言うことは、中身の濃い5年を過ごしたい、と願ったんですね。
5年で死んでしまうということはあまり気になりませんでした。
ま、誰だっていつか死んでしまうんだから、と呑気な考え方をしていたんですね。

 

で、手術をしたのが、2012年の6月6日。
それから、あれこれの処置があって、一応完全退院したのが、7月1日。
久しぶりの我が家でした。
で、翌日、ブログを打ち込んだんです。
確か退院報告のような内容でした。
その時は、手術の経過もよく、担当医師から、この病気で死ぬことはありません、と宣言をいただいたのです。
ですから、自分で想定した5年の命、ということは、私の中で反故になりました。
まあ、ありがたい話です。

 

で、その時、どうせなら、ブログを毎日打ち込んでみようか、と。
漫然と日々は過ぎてしまうものです。
ですから、何か、それこそ傍から見ればどうでもいいようなことでも、

自分に課して、日々の重みをかみしめて生きてゆきたい、と考えたのです。
それから毎日投稿が始まりました。

 

数行で終わる呟きではありません。
何かそれなりのテーマを見出し、それなりの考えを付けて、

一応ちゃんとした文章をアップする、ということです。
で、これが6年と半年続いた、ということです。
つまり、途絶えることなく毎日アップはすでに2372日間続いてきたのです。
いや続けてきたのです。
時に、重荷になることもありましたが、
これをしなければいけない、と言う日課のようなものがあるって、いいことでしょ。
だって、引退生活と言うのは、何もしなくてもいい日が延々と続くという事です。
それに流されてしまうと、人間が腐ってしまう。


まあ、自戒も含めて、毎日文章を書くということは、
けっこう、老化対策としてもいいんじゃないかと自負しているんです。

さて、そんなことで、息絶える寸前まで、ブログを書き続けますので、
今年もまた、よろしくお願いします。

 

今日は、この世で最も短い行事の一つを開催しました。
どこだか、ある地方の山の中の社の様な神社の行事で、氏子がぞろぞろ集まって、集まったところで
一斉に参拝をする。
ただ、二礼・二拍手・一礼を一斉にすると、それで散会。
およそ一分もかからない短い行事です。

 

今日の行事は、初日の出を見るという行事です。
マンションの屋上から、初日の出をみんなで見ようということで、
マンションの住民に声をかけて、屋上に集まってもらいます。
今年は、たまたま屋上の防水施設を大規模修繕の中ですすめましたので、
ペンキは塗り替えるは、防水シートは貼りかえるはで、きれいになっているんです。
改装なった屋上で、初日の出を見ようと、集まってきた人が、50人弱。
お汁粉と甘酒の缶飲料を温めて、これを配布。
で、日が昇れば、あとは三々五々、帰宅します。
この間、5分程度。
何しろ寒いですから、日の出の瞬間を目撃して、スマホのカメラに収めれば、それで終了。
ともかくやたら短いイベントになるのです。
日の出と言うのは、昇り始めて、1分ぐらいでまんまるになります。
でそのあとは、ひたすら上昇を続けるのですが、
数分でいつもの姿になってしまいます。
そうなると今さらカメラを太陽に向ける事はしなくなります。

なんてことない景色なんですね。
つまり行事終了です。
案外短い時間の勝負なんです。
そこで温めたお汁粉なんかを配れば終わりなんですね。
ですから、驚くほど短い間の行事なんです。

 

今年はちょっと雲が多めでした。

でも雲間から差し込むオレンジ色の日の光は、何時になく大きく美しく感じました。

きっと今年はいいことがあります。

吉祥と言うのはあのような輝きのことを言うんでしょうね。

 

今年も一年、よろしくお願いします。

 

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 11:38 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
一日も欠かさずの連載は大変なこと、現代の徒然草でしょう。これからもたおやかな健筆を期待します。
| やぶ枯らし | 2019/01/02 1:10 PM |
やぶからし様へ
あけましておめでとうございます。新春のご挨拶、心うれしく思います。
| mizusima | 2019/01/02 3:29 PM |
あけましておめでとう&#127749;ございます。
休まず長く続けられた事が一番の僥倖ですね。
凄いことです。
くれぐれも健康に気をつけてこれからも頑張って下さい。
楽しみにしております。
今年もご指導ご鞭撻どうぞよろしくお願い申し上げます。
| まさやん | 2019/01/02 4:02 PM |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2893
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE