水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 孤独の背景 | main | 個人情報の保護に関する法律 >>
物価の優等生

私は、どちらかと言えば、たまご好きなんです。
何かというと、玉子を入れた料理を作ります。


で、10数年前、体調が不良になり、病院に行き診察を受けました。
採血をし、1週間後にその診断結果を聞きに再度、病院に出向いたのです。
先生は血液の診断レポートのリストを片手に、コレステロールの値が高いので、
玉子などは、一日一個以下にしてください、と、言ったんです。
まあ、端的な指示ですので、分りました、と。
で、余計な事だったんですが、私はこんなことを言いました。
よく言われるイクラなんかもコレステロール値が高いとかのようですが、
これなんかも気を付けた方がいいですか、と質問したのです。
これに、先生は、イクラを毎日は食べないでしょ、とあっさり一言。
確かにそうですね。
でも玉子は毎日食べる可能性はある。
だから気を付けるように、と言うアドバイスだったわけです。


確かに、日本人の鶏卵消費量は世界で第3位。
国民一人当たり年間で、330個を食べるそうです。
つまり、ほぼ、1日1個でしょ。
平均ですから、中には、一日2個食べる人だっているわけです。
ちなみに1位はメキシコ、2位マレーシア、3位が日本、4位が中国となっています。

日本人は卵好きな民族と言う事なんでしょうね。
冷蔵庫には、必ず玉子入れの引き出しがついていますでしょ。
あれは国民性の表れかもしれません。
ですから、台所を守る主夫としては、玉子と牛乳は欠かせませんね。

 

で、ちょっと前までは玉子1パック10円ちょっとの時代だったんですが、
じわじわ上がってきて、ほぼ200円のラインになっていたんですね。
で、上がってきているときは、少しづつ上昇と言う感じを受けるのですが、
上り切ってしまうと、そんなもの、という感覚になります。
ですから、先日、スーパーの店頭で、1パック100円と言う卵を見た時は驚きました。
どうしたんだ、何かあったのか、という感じです。

で、やはり何かあったようです。


15年ぶりの安値とか。
卸値で、キロ100円と言う値がついたんだそうです。
大体卵は中くらいの大きさで、1個65gぐらい。
ですから10個で65円と言う事でしょ。
卸値ですから。
売り場では100円でも売れるわけです。

 

玉子は、その需要のピークは年末だそうです。
おせち料理やら何やらで、玉子好きの日本人は、玉子料理を食卓に並べます。
ですから、需要オーバーでどうしても根が上がります。
ところが正月になるとその反動で、反落するんです。
暮のうちのストックで、新たな消費が起きません。


鶏卵の面白い所なんですが、人間様の需要がどうであれ、

鳥たちは、一緒になって休みを取る、なんてことはありません。

せっせせっせと毎日卵を産み続けるわけです。
人様は正月休みは、ニワトリには関係ない話なんですね。
で、人間が勝手に需要を落とそうと、玉子は産まれてきてしまう。
そこで、需要と供給のバランスが崩れ、値も崩れるわけです。


玉子は物価の優等生とよく言われてきました。
おいしくて手軽で、多様な食べ方ができる、しかも安いという事ですから、
まあ、戦後の日本人の体力健康づくりに大きな寄与をしてきたわけです。
江戸の頃の寿司屋さんで、それこそまぐろにヒラメ、アナゴに鯛などのネタと並んで
玉子焼きと言うのがあったそうです。
で、当時、一貫あたり最も高いのは玉子だったんですね。
まあ、簡単な話、ニワトリの名の通り、庭先で飼われていただけのことですから、
生産量もあまりない。
そこで、正に需要と供給のバランスから、贅沢な食材だったんですね。

それが品種改良と飼育法の改善で、玉子生産はもっとも安易な手段になったんです。
つまり大量生産が可能になりました。
ですから、ずうーと物価の優等生だったわけです。

 

そこで、鶏卵業者は、差別化した卵を生産しはじめます。
極端な商品としては、ヨード卵光と言うのがありますね。
1個60円ぐらいします。
なかなかのブランド品なんですが、確かに高いだけの品質はありますね。
私はマヨネーズは自分で作っています。
味の素やキューピーなどのブランド品のマヨネーズより、

自分が作ったマヨネーズの方がずっとうまい。
で、このマヨネーズ作りは、ヨード卵光を使います。

やはり高いだけのことはありますね。

 

お手軽価格の玉子あり、高品位の高級な玉子ありで、
日本の食卓からは、玉子が消える日はないでしょうね。
平均で330個食べる国民ですから。

 

| 水嶋かずあき | グルメ | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2916
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE