水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 51%と言う正義 | main | 春節の爆竹 >>
マンションの防災

また、今年も恵方巻きが大量に廃棄されましたね。

底の浅い食文化など、定着しないでしょ。

やぶ枯らしさんの言うように、共食いだったわけですから。

 

さて、今日のテーマ。

 

私は、父の逝去とともに、それまで松風町の住家を離れ、
紅谷町のマンションに移り住みました。

そこで、今までとは違う形態の生活が始まったのです。
第一は、隣人たちとのコミュニケーションです。
松風町では、父が地域活動と縁遠かったため、自治会の行事とかは不参加が前提で、
向こう三軒両隣も、公園だったり、マンションだったりで、ほとんど接触ゼロ。
家への出入りは、車が主体ですから、車で出てゆき車で戻る。
隣人と顔を合わせること自体が無かったのです。
ところがマンションに住んでみると、
玄関ロビーや、ゴミ置き場、エレベーターの中で年中顔を合わせるわけです。
それに、役員も連続してやることになって、

まあ、マンション管理に関して、中心的に携わっている人たちとは、親しくなります。
そんなこんなで、松風町時代に比べると、雲泥の差で、

隣人とのコミュニケーションが豊かに展開されるようになったのです。
これは、実にうれしい成果でした。

 

第二の変化は、防災に関することです。
それまでは、木造二階建ての家に澄んでいて、多少の庭もあったので、庭先にスチール物置を一基置き、
そこに防災用の備品やらを収納していました。
父と二人で、家の周りをぐるりと見ながら、もし倒壊するとしたら、

この家はどんなふうに倒れるだろうか、と予測したのです。

で、倒れても影響のなさそうな場所にその物置を置きました。
いざとなった時に、中のものを取り出せるようにです。
そもそもが私は長いこと防災活動をしてきているわけですから、

その防災備品に関しては、実に事細かに整備してありました。
発生が冬か夏かは分からないわけですから、夏シーズン中心の着替えと、冬シーズン中心の着替えと、
2パターン用意しました。
一次避難用のものをリュックに詰め、いつでも持ちだせるように一番手前に置き、
正に準備万端整えてあったのです。
当然ですが、家具類はすべて金具で固定。
家は木造ですから、十分にビスが効きます。
そこで、簡単、安価な方法で家具の固定をしたのです。

 

で、マンションに引っ越してみて、引っ越しの荷物の整理をしながら、かなりの防災備品が廃棄されました。
どう見ても必要ないんじゃない、ということです。
そこで、改めて、防災の知識として、私が学んできたことが、ガラガラと崩れたのです。
つまり、家が壊れるかもしれない、ということが前提の防災対策と、
家は壊れない、と言う防災対策が、全く異なる、と言う事なんです。
例えばです。
夏冬それぞれにシーズンを前提とした着替えの準備は、家が壊れなかったら、
箪笥の中にあるんですから、改めて持ちだす準備はしなくていいでしょ。
非常食に関しては、ある程度のものはストックするにしても、
カセットコンロのガスと水さえ十分に用意してあれば、先ずは冷蔵庫のもの、
やがて、乾物、缶詰と食べる素材の順番をきちんと計画立てれば、
食べるか食べないかわからないカンパンの缶詰を10個も20個もストックする必要はないでしょ。

さらに事前行動として、よく、被災後家族の集合場所を決めておく、なんてことも、
家が残っていれば、家に戻ってくればいいのだから、余計な予備行動は必要ないでしょ。
現金も、薬も、家にあるんですから、持ち出し品の中に入れる必要はないでしょ。
よく、防災用の持ち出し備品リストと言うのがあって、
いくつかのパターンがありますが、細かいのだと、およそ、50から60項目ぐらいが記載されています。
で、家が壊れる可能性がある場合、そのほとんどが準備すべきものとなります。
しかし、家が残っている場合は、その半分ぐらいで済むんですね。
要は、電気・ガス・水道の普及までどのように食いつなぐか、だけ考えればいいのです。
避難所での不自由な生活を想定する必要はないんです。

 

ただ、マンションにもデメリットがあります。
それは家具の転倒防止に関することです。
木造の家では、簡単に転倒防止金具で家具を固定できました。
しかし、マンションでは、壁の下地が石膏ボードの場合が多く、ビスが全く効かないのです。
したがって、市販のツッパリクンの類の固定器具で対応するしかないんですね。
でも、私はこれが確実な方法だとは思えません。
一つは、地震は発生地点が南か、東か、西か、確定的でないでしょ。
やってくる方角から、縦波横波がやってくるのです。
つまり揺れの方角が違うんですね。
したがって、ツッパリクンでも幅の狭いものは、初期の揺れで外れてしまう可能性があります。
つまり多少の幅がないと、時に外れる可能性があるということです。

 

そこで、これらの問題を考え、独自にcotyman7と言う固定器具を開発しました。
これは、3月10日の中心街で開催されるひらつな祭で公開しますし、
起震車で、実際に箪笥の転倒とともに、cotyman7の効果を実験します。
時間があったら、お越しください。

極めて優秀な固定器具です。

 

マンショでの家具転倒率のデータがあります。
これは、東日本大震災での記録なんですが、マンションは階が上になるほど揺れ幅が大きく、

ま、当たり前ですが、それによる転倒率が大きくなってゆきます。
そのデータによると、1〜2階・17%、3〜5階・24%、6〜10階・32%、11階以上47%です。
見事な数字でしょ。
上ほど転倒するということです。
家具の転倒は、阪神淡路大震災で直接死した5500人のうち、家具の下敷きになって死んだ方が10%、
およそ500人をこえる、と言うんです。
これは神戸の大学で、すべての被害者の死因を検視した結果だそうで、極めて信頼性の高いデータです。
つまり、家は壊れなくても死の可能性はある、ということですね。

考えれば、地震の災害から命を守るのは、壊れない家、倒れない家具の二つに尽きるんです。

 

ま、もう一つ、南海トラフ地震では、平塚海岸の押し寄せる津波は、

地震発生後30分到来し、その高さ4メートルを想定しているようです。
海岸地区の方は、これに対する対応も必要ですね。
心して準備しておきましょう。

 

| 水嶋かずあき | 環境 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2929
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE