水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 沖縄独立論 | main | 見えないホームレス >>
めだかの学校

いよいよJリーグが開幕しました。
神戸とセレッソ大阪とのシーズン幕開けゲーム。
神戸は、あのヴィジャ・イニエスタ・ポドルスキの頭文字をとって、VIPトリオと呼んでいるのだそうですが、
なんとも豪華なメンバーで初戦に臨みました。
一説によると3人の年俸が44億円とか。
金持ちのチームが強くなるわけですよね。
にもかかわらず、初戦は1−0で負け。
ここが面白い所ですね。
資金力イコール戦力の図式が崩れるんですから。

 

さて、我がベルマーレは本日、札幌相手に開幕戦。
待ちに待った、新生ベルマーレが登場します。
そもそもサッカーチームはごく普通に移籍をしますので、
メンバーの入れ替えは日常茶飯事。
とくにシーズンを挟むと、時にがらっとレギュラー陣が変わることがあります。
何より大変なのが、背番号と選手名の付け合わせ。
番号がころころ変わるので、遠くで見ていると、顔つきなど分からないし、
背格好と背番号しか視認できません。
ですから、メンバー表を片手に、どのポジションの何番が誰なのか、を
年中チェックしていないとよく分からないのですね。


新鮮と言えば新鮮なんですが、どうもここは年寄りには高いハードルになっているんです。
ついでに、背番号のロゴなんですが、遠くからも分かりやすいように、
普通の字体を使った数字にしてもらいたいんですね。
妙にデザイン化したのだと、時に1なのか7なのか分からないことがあるんです。
6と8もわからない。

1から9、0、まで、総じてごく普通の字体がいいと思うんです。
そんなところにかっこつけるな、と言いたいですね。

 

さて、今日はホームゲームですので、生で観戦したいのですが、
今回はちょっと訳あって、あえて、テレビ観戦します。
いささか宣伝になるのですが、身内のお店なのでご紹介しますと、
パールロードのケンタッキーF・Cの隣の階段を二階に上がると、
スポーツバー 湘南ネクシススタジアムと言うお店が、この20日に開店しました。
お分かりだと思いますが、サッカーなんかを、大きめのモニターで観戦しながら、
飲んだり食べたりと、ワイワイ楽しめるお店です。

 

で、開店祝いも兼ねて、ここで観戦しようか、と計画中なんです。
何しろ、玄関出て、家から3分のところですから。
ちなみに、今日のゲームは、午後4時キックオフ。
まずは、いいゲームを見せてほしいですね。

 

さて、今日のテーマですが、やたら前置きが長くてすみません。
その分、テーマが弱いんですが、先ずは前もってお許しのほど。
実は今日のテーマはめだかなんです。
よく、めだかとすずめを対比して、めだかは民主的、すずめは強権的と言います。
何てことない、そう決めつけているのは、それぞれを歌った童謡の歌詞なんですね。
めだかの学校は、その2番に、

だれがせいとかせんせいか みんなでげんきにあそんでる、とあります
まあ生徒と先生の区別がつかないほどの和やかな雰囲気と言うことです。
で、すずめの学校は、
すずめのがっこうのせんせいは ムチをふりふりチィパッパ、
せいとのすずめはわになって、おくちをそろえてチィパッパ、とあります。
ま、ムチをふりふりですから、ちょっと強権的かな、と言うとこでしょ。
さて、童謡の解釈はともかく、
そのめだかなんですが、
以前、二宮の朝市で、突然めだかを飼ってみようと生い立ち、10匹ほど買い求め、
バルコニーに大きめの甕を置き、そこで飼ってみたんですが、
何故か、ほぼ一か月で全滅。
そこで、今度はユニディ―でまた10匹ほど買い求め、二代目メダカブラザーズを結成して、
飼い始めたんですが、これまた、ちょっと長生きしたものの、2か月ほどで全滅。
で、いささか懲りたのですが、知り合いのお寿司屋さんなんかでは、

店の入り口あたりの甕に、水をはって、ほぼ、放置に近い状態にもかかわらず、

結構元気に泳ぎ回っていて、時期には子供まで生まれているんですね。

そこで、なぜうちではだめなんだろう、と結構深刻に考えていたんです。
で、思い切ってお寿司屋さんに、めだかを分けてもらえないか、と頼んだら、
小さ目のプラスチックの水槽とともに、10匹のめだかを譲り受けたんですね。
でこれには、水草付きで、横から見る限り、まあまあ快適な環境のようでした。
ところが、マンションの大規模修繕が始まり、建物の周りを足場で囲まれ、
バルコニーは粉じんが舞う、という状態だったので、
水槽を部屋の片隅に移動したのです。

これがつまずきの始まり。

水替えも十分できず、いささか放置の近い状態になったいたので、
次々とめだかが死んでゆくんです。
死因はでき死でした。
で、工事も終わり、元の位置に戻したのですが、今度は、水草が増殖をはじめ、
中が見えなくなるほど、草ぼうぼうになってしまったんですね。
様子が分からないということもあって、最後は、全滅したんだろうと。
3代目ブラザーズもいなくなってしまったと。
そこで、何することもなく、完全放置状態になったんですが、
さすがにかみさんが目障りだから、水槽を片付けてくれ、と言い出したんです。、
確かに水草だけの水槽なんて、見栄えもよくないですしね。
そこで、昨日、水槽の水草を整理しようと、中を洗おうとしたら、
なんと、3匹のめだかが生きていたんですね。
ちょっと考えられない環境だったのに、頑張って生きていたんです。
思い返せば、約1か月、餌さをやってなかったんです。
気のせいか奴らは少しやせていました。
で、元のような環境を整えたら、なんと元気に泳ぎ回っているんです。
バカバカしい報告でしたが、ともかく、久々に、結構嬉しい出来事でした。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2947
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE