水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 怪我するやつが悪い | main | 地震の星 >>
桜はまだかいな

日本人にとって花見は一大イベント。

もっとも、最近は外国人観光客も、花見シーズンに訪日し、花見を楽しんで知るようですね。

美しいというものを好むのは、万国共通なんですね。


この行事は、平安期に貴族が宮廷の花の木で、春到来を慶び、
その下で花見の宴を開いたことが始まりで、のちに江戸の頃には庶民に広がったとか。
時代の変遷はともかく、寒い冬が明け、春がやってくるというのは、

どんな民族も歓びをもって迎えてきたわけで、

その意味でも、桜は春到来の象徴なんですね。

 

で、平安期では、初めは梅の花を観て花見としていたそうです。
やがて、梅よりは鮮やかで大量の花をつける桜に切り替わったんですね。
歌に「梅は咲いたか、桜はまだかいな」と言うのがありますが、
正に、梅、桜、と花見の対象が受け継がれたわけです。

 

桜は、日本の代表的な花。
ですから、「はな」といったら桜を指しているんですね。
古来からの歌集にも花を謳った和歌は数多くあります。

その中でも、はなを題材にした有名な和歌がこれ。


ねがはくは はなのしたにて われしなん そのきさらぎの もちつきのころ

 

これはご存知、西行の時辞世の句といわれています。
このはなは、桜のこと。
出来るなら、桜の花の下で生涯をとじたい、と。
このころは太陰暦ですから、きさらぎの望月の頃とは、
二月の満月に近い時、ということで、今でいう三月下旬。

 

西行は、出家していたわけで当然仏教に帰依したいましたから、
お釈迦様が入滅した2月の15日の頃に、私も桜の木の下で生涯をとじたい、、
と願ったわけです。

 

このころの桜は、山桜が中心で、
今はやりのソメイヨシノのような豪華さはありませんでしたが、
それでも、多くの人の心をひきつけてやまなかったんでしょうね。

 

私も人後に落ちず、桜は大好き。
油絵にも桜をよく描きました。
なんだかんだと二作に一つは桜を描いています。
桜の魅力の一つに

散る桜の風情があります。

咲いている静の美と、散る動の美の両方が味わえる珍しい花です。

大体花が散るなんて、何の風情もないでしょ。

でも桜には、それがまた風情なんですね。

よく考えれば、これはなかなかのものなんですね。

 

ですから、花見も、ちょっと盛りを過ぎたころ、

ま、峠を下り始めたころが一番ですね。

枝には花が盛りと咲いているんですが、一方では、はらはらと散り出している。

散るびらを、盃で受けるなんて、最高の瞬間でしょ。

そんな花見は堪らないですね。

とはいうものの、なかなか花見の機会もないのですが、
せめて、渋田川の桜まつりで、土手沿いをぶらぶらするぐらい。
今年は、4月7日。

そう言えば、昨年、渋田川桜まつりに、ラーメンの出展をしたのですが、

あいにく暖か過ぎて、花は散ってしまったんです。

渋田川桜まつりではなく、渋田川葉桜まつりになってしまったんですね。

でも、人出は例年並みなんですね。

一体何しに来るんでしょうね。

 

ま、ともかく、道をぶらぶら歩くのではなく、

花の下にゴザでも敷いて、花の宴を開きたいですね。

 

その桜の木が、二つの要因で、存続が危ぶまれているんですね。
一つは、害虫。
クビアカツヤカミキリ。
カミキリムシの一種で外来種。
首のところが真っ赤なのですぐわかります。
これが大繁殖をしていて、桃や梅、そして桜の木などに産卵し、
幼虫の頃に木の幹をかじり、内部ぼろぼろにしてしまうんですね。
で、結局枯れてしまう。

 

もう一つは、ソメイヨシノの寿命が来ているということです。
大体ソメイヨシノの盛りは50年ぐらい。
その先は老いさらばえて、樹勢が落ち、やがて枯れてしまうのだそうです。
そうなると、ちょっとした風などで倒れる可能性があります。
そこで危険回避のため、切り倒してしまうんですね。
で、どこの桜並木も、ほぼそんな周期に入ってきていて、
植え替えをしなくてはいけないのだそうですが、
旧木を切り倒し、新しく植え替えるのに、一本100万円ほど掛かるとか。
これじゃあ、なかなか植え替えも進まないでしょ。

虫にやられ、寿命が尽きるとなると、往復びんたの蹴っ飛ばし状態でしょ。
ま、だからと言って桜が尽きることはないと思いますが、
ちょっとばかり心配と言えば心配ですね。

 

ま、私の寿命が尽きる前に花の寿命が尽きるとは思えないので、
西行を気取って、はなのしたにてわれしなん、と行きますか。

| 水嶋かずあき | 環境 | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/2973
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE