水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 高齢者講習は二度受けました | main | 七夕竹飾り製作レポート >>
2000万円ですと

いや驚くほど無責任なレポートを公表したもんです。
その無責任ぶりに、これは何かの間違いじゃないか、と思ったくらいです。
例の老後2000万円の話です。


この金融庁のレポートを読んでみて、
単純な驚きは、子どもでも引っかかるような論旨を展開しています。
で、冷静に受け止めてみれば、世間から避難ごうごうになるのは、
普通の大人なら分かるでしょ。
つまり、文書発表すると、どのような反応があるのか、と言うことは想定するでしょ。
特に、反論的な意見については、当然事前にこのように対処するとか、
そもそもが反論が起きないように文章を添削するとかするもんでしょ。
このブログのように個人の見解を書くというのとは大違いですものね。


ですから金融庁のお役人って、結構呑気者が揃っているという事でしょ。
少なくとも、2000万円を持ち出してきたことそのものが、

かなり無頓着な神経と言わざるを得ないでしょ。
ですから、早々に麻生担当大臣が、例によって、つまらない言い訳をする羽目になってしまった。
大臣はこう言いました。
あれは老後に2000万円赤字になるという話じゃなくて、
豊かな老後のために2000万円必要だ、と言うべきだったんです、だと。
まあ説明が不十分だった、とあるし種の訂正をしたわけです。
いや、ですから、金融庁の人間は、不十分じゃないのか、と言う事前のチェックすらできない程度の頭、
と言う事なんですかね。


しかもですよ、豊かな老後ですって。
いやいやこの論旨冷静に考えると、2000万円用意しておかないと、
豊かな老後は送れない、と言う事でしょ。
つまり、問題は、豊かな老後とはどういう状態なのか、と言う事でしょ。つまり、食うは食えるだろうが、
2000万円無ければ、しょぼしょぼした生活をする羽目になるぞ、ということですかね。
ま、ともかく驚くほどずさんなレポートです。


60過ぎの完全リタイアーした老夫婦が、現状の生活をするには、
年金などを中心に収入を算出、されど、支出は支出で出てゆくんで、
月に5万5千円ずつ不足する、ということが事の発端です。
年に66万円不足、30年で2000万円という事のようです。
で、先ずはこの算出が大雑把すぎるでしょ。
第一に、毎年家計の収支構成比が、同じわけない。
何より、今後30年間、年金が目減りすることなく支払われる、
と言うことの保証はないでしょ。
収入が減れば、5万5千円はもっと大きくなるでしょ。
ししゅつは減るでしょうね。
年を取ればとるほど、物が必要なくなるからです。
若いころより、量目としては、食べれなくなりましたしね。
人付き合いも、先細りになってくる。
このような収支の変化をもう少し組み込むべきでしょ。
単純に30年を掛け算して、2000万円足りなそうだ、なんて、人を脅すにもいい加減にしろ、と言いたいですね。
何より、30年ってどこから出てきた数字なんでしょうか。
ちなみに、平成30年の60歳女性の余命は、29年。
まあほぼ30年ですね。
で、65歳男の余命は20歳。
30年なんか生きれねえじゃないか。
どうして、死んでしまった10年の期間を数字に対応できないんだろうね。
いや、屁理屈と思われるかもしれませんが、
少なくとも日本国の中央政府が公表するんですから、
ある程度の説得力が必要でしょ。
ですからこういうことは、必ずキチンとデータとして反映させるべきなんです。
まあ、国民はばかだからそんなきめの細かいデータでの推計をしたって、
混乱するだけだ、と軽く見られたんですね。

 

で、先ずは前提として、年金だけではだめなのか、と言うことでしょ。
つまり、年金は、どう計算しても、現状維持ができないんです、
ですから、そうは露骨に年金だけでは心細いですよ、なんて言えないので、
あれこれ、今から準備しておいた方がいい、とかの煙幕を張ったわけです。

でどうしたらいいのか、については、
3つの期間に分けましたが、
そのうちの一つは、要は、分散型の投資をしろ、と言うんですね。
国が、リスクを伴う投資話を持ちかけますか。
これはやばいでしょ。

ともかく、私たちの老後を心配してくれるのはいいのですが、
そんな暇があったら、年金そのものの運用をもっとしっかりとやるべきでしょ。
いずれにしても、大臣も、お役人の面々も、
一般市民の懐具合なんて他人事なんでしょうね。
だってあまりに簡単な話でしょ。
2000万円足りません。
老後のため投資なんか結構じゃないですか、と。


さすが金融庁ですね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3052
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE