水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 万引き防止策 | main | NHK取材への不満 >>
山椒の実

その昔、丹波篠山に行ったことがありました。
この時、ある人とさしでコーヒーを飲みながら世間話をしていたのですが、
話題がうなぎになったのです。
もちろん私がうなぎ屋であることを知っていたので、そういう流れになったんですね。
で、彼が言うには、ウナギのかば焼きって、大きめだったら一匹、
中くらいでも、一匹半食べたら、もうごちそうさん、とならないですか、と。
確かにそうですね。

その位で十分。
特にうな重なんかは、どんなに贅沢に食べようとしても、
ご飯の量とうなぎの量のバランスがあって、
うなぎがたくさん載ってるうな重がいい、とは思わないですよね。


で、彼はつづけるんです。
こう言う食べ方だったら何枚でも食べられると。
それはウナギの白焼き。
ただし、付けるたれは、山椒の青い実をすり鉢で当たり、
これに醤油を注ぎ込み、さらにかき回す、と。
これに白焼を付けて食べたら、こんなうまい食べ方はなく、
何枚でも食べられる、と言うんです。
一度やってみようと思いつつ、なかなか実山椒が手に入らなくて、
実現していません。
で、さらに彼が言うには、この山椒は朝倉の部落で獲れたものに限るんです、と。
平塚に帰ってから、早速調べてみると、そもそも山椒は海を渡って伝来されたもので、
それが最初に伝わったのが、今の養父市の朝倉なんだ、とか。
今の養父市です。

まあ伝来の話はよく分からないのですが、朝倉の山椒は知る人ぞ知るなかなかのもので、
その実がなった6月ごろだけの、うなぎのおいしい食べ方なわけです。


娘の嫁ぎ先の庭で実を付けたという山椒の実を先日もらい、
これの下処理をしました。
まずは、小枝と言うか、軸と言いうか、実からちょっとばかりついているものを取り除くのですが、
これが大変。
小粒でピリリと辛いとは言うものの、数が多いですから、いくら小粒でも大仕事なんです。

なんだかんだと二掴みほどで、
30分もかかってしまいました。
こう言うのって、ちっとは趣向を入れてやらないと飽きてしまうでしょ。
で、なんと粒の数を数えたのです。
すると、1400粒。
だから何てことないんですがね。
そこそこの作業でした。

 

この実山椒なんですが、小分けにして冷凍をして、何かの時に取り出し、
風味づけなどに使うのですが、滅多な事ではお呼びがかからないので、
今ある冷凍山椒の実は、おそらく2年ぐらい寝ているんじゃないでしょうか。
1400粒となると、いつごろまでに消費しきるのか、見当が付きません。

 

念のため山椒料理を、ネットで検索したのですが、
是非とも作ってみたい、というものはありませんでした。
辛味の質にもよりますが、麻婆豆腐なんかに、花山椒代わりに使えるかもしれませんね。
またすりつぶして、塩に混ぜ、ゆずの皮と併せて、ゆず胡椒を作るとか。
もっとも、ゆず胡椒の胡椒は、青唐辛子を使います。
山椒を使ったらどうなるのか、一度試してみましょう。

 

ところで、あすから七夕祭り。
今日は、市民プラザの6階にある駐車場で作っていた作品を
パールロードに運び込みます。
どうか、雨と風、これだけはないといいですね。
祈る思いです。

 

5日からの七夕にぜひお越しください。

パールロード中ごろに、春令花、秋礼花の飾りがあります。

パチンコのコキーナの前に、歌い継ぎたい日本の童謡の作品があります。

是非ともご覧ください。

 

| 水嶋かずあき | グルメ | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3080
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE