水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 悪いのは誰か | main | この空気は何だ >>
一票の格差が再燃しています

この参議院通常選挙で、
「1票の格差」をめぐり、弁護士グループが憲法違反だとして、全国で一斉に提訴した、そうです。

この問題は、実に難解な部分が含まれているんですが、
単純に言えば、一人の国会の代表を選出する権利が、

地域によって偏っていてるので、是正すべきだ、という主張です。
例えば、前回の参議院議員通常選挙では、埼玉県選挙区 1,011,503人に対して、

福井県選挙区 328,722人で、その差は3.077倍。
つまり、福井県人の有権者一人の権利と、埼玉県人の有権者3人分の権利が同等である、

ということは不公平だ、というわけです。
衆議院選挙区の区割りでは、参議院より人数が多いため、

区割りの調整が物理的にはしやすいので、ほぼ2.0倍にとどまっています。
この調整に対して、まあ、それならいいか、と、この類の弁護士集団と原告の人たちは、
受け入れているようですね。
まあ、この2.0倍が維持されているなら、これ以上騒ぎません、という感じですか。

 

しかし、私は二つの点で、この訴訟の意義が理解できないのです。

一つは、選挙権の平等を保障した憲法に違反するとして、

選挙の無効を求めている、と言うことなんですね。

よく考えてみましょう。

憲法で、選挙権の平等を保障したということは、選挙によって選出された議員によって、

不公平な政策が実施されないようにするためです。

そして、平等と言うことは、すべての国民に格差の少ない環境、状況を整えるためです。

この例えば、訴訟団の人たちが考える理想が1:1になったとしたら、より平等に近い状況が出現するのでしょうか。
私はそうは思わないのです。

むしろ一票の格差の格差が必要だ、と。

 

さらに、なんで基準で2.0倍なのか、です。
1.0が本来の求めるもののはずでしょ。
国民一人一人の権利を守るというならですよ。

 

国民の権利と言うのは、どこに住んでいようと平等であるべきだ、

と言うのがこの問題の根底にあるわけすよね。
では、国民の権利と言うのは何によってはかられるべきなのか、でしょ。
例えば、消費税と言うシステムを、都会では10%、田舎では5%としたとします。
まあ当然ながら地域別の経済力かなんかを算出の根拠にして、パーセントを決めるわけです。
でも、当然、都会からは、なぜ違うんだ、と大いなる批判が噴出するでしょうね。
しかし、経済的な側面で言えば、すでに地域間での経済格差は具体的に算出され、

それを地域に当てはめた政策があります。
最低賃金です。


一番高いのは、東京985円、我が神奈川は983円。
逆に最も低いのは鹿児島761円。
その他では、青森、岩手、秋田、山形、九州では、佐賀、長崎、熊本などが762円です。
その格差、77%です。
詰まりそれぞれの地域は、様々な用件で経済的格差が生まれ、
それは地域によってなんと77%と言う格差があるということです。
ざっと見てみるとお分かりでしょ。
失礼な表現とは思いますが、都会か田舎かの格差です。
基本は人口密度です。
さらに、職場の充実度、生活の利便性、文化の享受度など。
なんだかんだと暮らしやすいかどうかの微妙な差が、

人を集め人が去って行く要因になっています。
で、水が低きに流れるような、この傾向を政策的に是正しなければ、

日本の健全な発展はないのではないかと思うんです。


言い換えれば、政策とは、第一にこの地域間格差をいかに解消するかでしょ。
で、その時に、在住人口が議員排出の基本となると、
人口の少ない所の声は増々中央に届かなくなる。
それでなくとも、人口の多い所は民間のパワーが集積されてゆきますので、
自然に充実した生活環境を作り出してゆきます。
ここをどうするのか、と言ったとき、私は、一票の格差を1.0にすることではないと思うんですね。

 

国民が持っている権利として主張するのは、情にかけた判断だと思うんですね。
むしろ、この経済格差を基準に、議員定数を算出したらどうか、と。
そのほか、有権者数ではなく、投票者数を基準に計算したらどうか、と。
少しは政治に実感を持ってもらえるんじゃないだろうか、と。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3100
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE