水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< のど元過ぎれば熱さ忘れる | main | 如是我聞 >>
スポーツだって進化すべき

私は高校に入ると、そのまま躊躇なくバスケット部に入部しました。
中学までは、文系少年だったので、
どこかで体育会系の場に身を置きたいと考えていたからです。
当時、湘南高校は平塚からは越境せざるを得なかったのですが、
敢えて、中学時代の残影を断ち切れるという環境の選択をしたのです。
何時までの文系じゃなかろうと。
いわば友達の視線を断ち切れる越境と言う選択の大きな要因がそこにありました。
運動部に入部するという事に何の躊躇もなかったのは、そう言う要因だったのです。

 

で、バスケット部を選択したのは、さしたる理由はありませんでした。
しいて言えば、ブロンディと言うアメリカの4コマ漫画の中で、
ブロンディが、朝出勤の時、かみさんにごみを出してくれと頼まれるのですね。
で、ゴミの袋を抱えて、庭を通り抜ける時、
庭の端にあるごみ置き場までゆくのが面倒に思うのです。
そこで、ブロンディは、ちょっと離れたところから、
そう言えば昔はバスケットをやっていたんだ、と思いだし、
ゴミの袋を離れたごみ置き場に投げます。
まるでシュートでもするようにです。
しかし、外れてしまい、ゴミは辺りに散らかり、
まあ、余計な事をしてしまった、と後悔するという筋です。


このことが頭の隅にあって、ホント、なんとなくですが、バスケット部を選択したのです。
いやたかだか4コマ漫画ですが、そんな影響ってあるんですね。

で、ともかく、ボールを触ったこともないのに、バスケット部に入部。
まずはチェストパスから始まって、バスケのイロハを教わっていったのです。
ま、それまでの文系少年ですから、技の習得は、はかばかしくなかったんですね。
翌年の春には、右足がけがで、不調になり、結局1年で退部しました。
しかし、この1年で鍛えられた運動能力はその後もいろいろと生きてきたのです。

脱文系少年です。

 

ま、それはともかく、その頃は、3点シュートなんてありませんでした。
そのほか、細かい所でのルール改正が積み重なって、
少なくとも私がコートを駆けずり回っているころのバスケットは、

相当に前時代的なものになってしまいました。

さまざまなスポーツが驚くほどのピッチで、制度、ルールが変わってゆきます。
人間の能力が向上してきたこともあるのだと思いますが、
単に、勝利を求める以外の精神が強く前面に出すようになってきたと思うんです。

 

例えば、最近話題になった高校野球の大船渡高校が県の決勝で、佐々木君が登板回避をしました。
結果として、大船渡は甲子園の切符を後一歩のところで失うのですが、
これについても、ああだこうだと世間が口を挟みます。
まあ、簡単に言えば、先ずは勝ちがありきだ、と考える人と、
それ以前に、スポーツによって健全な精神と肉体を鍛えるんだ、という考えの人との差でしょ。
どっちが正しいのか、と言えば、少なくとも、傾向としては、

スポーツによる人間の鍛錬が、優先しつつあると思います。
勝ち負けに関して言うなら、あくまでも結果論だからです。
2大メジャー大会を連覇した大坂なおみ選手がその後振るいませんが、

もし真に勝ち切れる力があるなら、
次の大会であんな簡単に初戦敗退などしないでしょ。
メジャーリーグで日本人選手が活躍していますが、あの田中にしろダルビッシュにしろ、
時に、あっけなくホームランを打たれるでしょ。
単に勝ち負けだけで推し量るんだったら、負けて終わりでしょ。

 

話は戻りますが、例の佐々木選手の件で、張本ご意見番が、
あれこれ難癖をつけました。
彼は、いわば勝ち負け論者です。
それ以外の視点を持てないのが残念ですね。

 

例えば、高校生のサッカー大会は、ハーフが40分です。
大人より5分短い。
今は知りませんが、私が高校のときは、バスケットは、

ボールの直径が大人用より、2〜3センチ小さかったです。
ボールの扱いで、体に無理が来ないようにです。
とするなら、高校野球で投球回数を設けて、

100球なら100球投げた時点で、はい交替、と言うのも手ですし、
何も9回の裏表まで戦かわなくてもいいじゃないですか。
7回終了とか。
だいいち、9回まで戦いあおうという理由がよく分からない。
きっと3アウト制なもんで、3人ずつ打者が回ったとしたら、と言う前提なんでしょうか。
まあ、1試合で全打席が27打席なんて試合なんて、万分の1の確率でしょ。
なんか新しいルールになると、違和感を唱える人が出ますが、
要は、今までのパターンに慣れ切ってしまっただけのことです。

 

何より、私なんかオールドマンは、ストライクとボールのコール順が変わって、

未だに慣れないですもんでね。
野球が体に染み込んだのは、

ツー・ワンと言えば、ツーストライク・ワンボールに時代ですから。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3116
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE