水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 酸素のおかげでしょ | main | ガンバーレ・ベルマーレ!! >>
ろうそくで照らせる未来

極力、中立的な視点を持ち続けたいとは思っているんですが、
最近の韓国のさまざまなニュースを読む限り、
常軌を逸している、という印象を持ちます。


日韓のメディアが、本当に真実を伝えていたとしましょう。
でも、逆に伝えていない真実もあるんじゃないか、と勘繰るほど、異常な感じなんですね。
日本がイラつくようなことだけではなく、反対の事象だってあるのではないか。
表面的には、そうなのかもしれませんが、メディアの誇張なのか。
メディアにあおられていないか、と言う警戒心すら生まれてきます。

 

そもそも物事には、プラスもあれなマイナスもある。
陰も陽も含まれる。
ですから、おそらく、陰としての真実を伝えたとしても、反対側の動きだってあるはずで、
過激な側面だけでなく、寛容の側面はゼロではないはずだ、と思うのです。
逆にそれ勘ぐってしまうほど、反日の動きのニュースは過激的過ぎます。

 

韓国の現状は、正に、坊主憎ければ袈裟まで、の類です。
ニュースキャスターがテレビの画面で、私の使っているボールペンは日本製ではない、
なんてコメントは行き過ぎでしょ。
不買運動と言うのは今までも時に現れたものです。
これは、政治的な効果を拡大するために民間の支持を得ようという目論みです。
つまり、国民も参加して、政府の意図を表現してもらいたい、と思ったら、
不買運動を提唱し、これを拡散するわけです。


特に、韓国のような国民性では、ポピュリズムに染まっているので、
簡単にこの類のことに同調しがちです。
行政体の備品までも日本製を排除するという動きが出てきたとか。
また、一挙に、訪日の機会を減らしているようですし、
最悪な感情としては、民間での交流事業を次々と中止していることです。

 

日本側からの見方かもしれませんが、
そう言う反日的行為で何が得られるんでしょうね。
逆に彼らが納得できる成果とは何なんでしょうね。
交流を中止し、日本製品を買わない、で、日本はとんでもない、と騒ぐ。
百歩譲って、日本はとんでもないことをしてるとしましょう。
じゃあ、日本は、何でそういう行動をとったのか、でしょ。

先日韓国政府筋からの見解で、交渉を打診しても反応がない、と非難していましたが、
例の、1965年の条約に盛り込まれていた第三者協議の提案を無視したのは韓国でしょ。
つまり交渉しようというチャンスを無視していて、今度は自分の主張を押し出す。
何だかとらえどころがないですね。
文さんも退官後、不幸な道を歩まなければ、と心配になるくらい、
見当違いのかじを取りつづけています。

 

一番の勘違いは、北との一体化を目指す政治姿勢です。
私は、現状の北の体制とは融和しないと思いますし、
かの国の抱え込んでいる負の資産は、

南が抱え込んで消化できるようなものではないのではないか、
と思っています。


かつて、東西のドイツが一体化することになり、
話が決まり、いざ東側の実態を精査してみたら、
とんでもない負債が多く、これを西が抱え込むことになったわけです。
そのせいで、ほぼ、10年、ドイツの経済は停滞しました。
ぼろぼろの弟を抱え込んだ兄貴が、歯を食いしばって頑張った。
でも、10年かかったわけです。

 

南と北の経済格差は、ドイツの西と東の格差の数倍とも言われています。
まあ、民族意識が高い所ですから、そんな苦労は厭いません、

と言うならそれはそれで美しい話ですが、
ドイツですら10年ですから、それ以上の経済停滞を覚悟すべきでしょ。
それに耐えられるかどうか。
冷静な試算が必要でしょ。
私は正直、南北の一体化は、非現実的な夢だと思いますね。

ろうそくで照らし出される将来は、

それほど明るいものではない、と思うべきでしょ。

| 水嶋かずあき | - | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3119
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE