水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 歴史は誰がつくる | main | 現代の目安箱 >>
苦味が苦手

もともと動物の舌は、食料を口にしたとき、

体内に取り込んでいいのかどうかを判断する役割を持っています。
これはすべての種の動物が基本的に備えている機能で、
例えば、メダカが、水中に浮遊しているものを、いったん口に入れ、これはよくない、
つまり食料として足しにならない、と判断したら、吐き出します。
ハトなどを見ていてもそうです。
地べたに落ちているものを、一応口にしますが、食べたり吐き出したりしながら選別しています。
ですから、体に入れるという判断は、体づくりの足しになるからなんですね。

言い換えれば、体に害になるものを摂り込めば、時に命に関わることになりかねない。

そこで、OKと言うチェックをするために、それなりの安全検知器的な舌があります。


人類の生活向上とともに、

舌は、いつの間にか、うまいまずいを判断するものになってしまいましたが、
本来は、体にいいのか、よくないのかの選別の機能が原則的な役割であった、というわけです。

 

そこで、子どもと言うのは、まだ食経験が少ないですから、
特に、この舌の機能は鋭敏で、ちょっとした味の違いを明確にチェックできるようになっています。
構造的には、味蕾というものが舌にびっしりと埋め込まれています。
味蕾と言う味覚検知器が並んでいるのですが、
これが、あまいとか、塩辛いとか、ピリ辛いとか、酸っぱい、苦いとか、旨いとかの味覚を検知します。

話は変わりますが、舌の形の図があって、奥が苦い、その手前が酸っぱい。

さら胃のその先が塩辛いで、先端が甘いという味覚をそれぞれ検知する、と言う図を見たことがあるでしょ。

実はあれは間違いだったんですって。

5味は舌全体で感じるので、部位による違いはないそうです。

ま、これもある種の科学の進化ですね。

 

さて、舌は、その総合的な判断で、体に取り込む、つまり嚙んで飲み込むということをするわけですね。
ところが、この味蕾の数は大人になるほど減ってゆきます。
つまり、味に鈍感になってゆくんです。
ですから、年とともに衰えている味覚は、

味覚からの信号で、そういうもんだと、その時の味を味わっているわけで、
もし子供のころの味覚を維持できていれば、旨いの基準が変わってくる可能性があるんですね。
露骨な表現ですが、年よりは味来数が減ってきているので、味を濃くしないと納得しない、と言いますが、
生理的にそれは正解なんです。

ま、塩分少な目が本来ですが、旨いまずいに関してはそう言いうことなんです。

で、子供と大人の大きな違いは、
この味蕾の先鋭度の違いということになります。
子どもは敏感で大人は鈍感なんですね。

 

この違いが顕著に表れるのは、苦味なんです。
なぜ生物、特に植物の食材の中で苦味を成分として持ち込んだものがあるのか、と言うと、

食べられたくないからです。

ですから、食味として苦味は、ほぼ警戒すべき味覚なんです。
逆に甘味は、素直に受け入れますでしょ。
ですから、苦いものを、自然の状態で摂取しようとしたら、

舌から警戒警報が出るんですね。
で、その結果吐き出す。
つまり体には取り込まないんです。

 

私はいまだに、ビールをあまりおいしいとは思えない。
あの苦味が、苦手なんですね。

で、最近、ビールはビールでもノンアルと言うのが登場し、
多くの人が、特にくる間の運転をしなくてはいけない時、

ノンアルビールを飲むようになりました。
どうして苦みのある飲み物に固執するのか分からないんです。

アルコールを飲んで具合が悪ければ、他の飲み物の選択だってあるわけでしょ。

この期に及んでまで、ビールテイストかよ、と思うんですね。

これは私の感想ですが、苦味のある飲み物は、食味によい影響を与えるとは思えないんです。
でも、皆よくノンアルを飲むでしょ。
あの意味が分からない。

 

梅酒でもノンアルがありますね。
You wan’a 酔わない梅酒、とかいうCMがあるでしょ。

 

で、なんと、今度日本酒でもノンアルが出てきました。
月桂冠が、大吟醸をイメージしたノンアルコール日本酒テイスト飲料
「スペシャルフリー」を販売するそうです。

 

ビール、梅酒、日本酒と、ノンアルが幅を利かせてきましたが、
これって、アルコール依存の一種なんじゃないか、って勘ぐってます。
他に場にふさわしい飲み物はいくらでもあるじゃないか、と。

 

 

| 水嶋かずあき | グルメ | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3136
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE