水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 苦味が苦手 | main | 日の丸外し >>
現代の目安箱

ネットのトピックスに立てられる題目の半数が日韓関係のもの。
まあ、史上最悪の関係にこじれてきた現状では、
やむを得ぬ現象だとは思います。

 

政治、外交、安保、経済とありとあらゆる接点で軋み音が立てられ、
挙句の果てに韓国の町中で日本女性が暴行を受けたとされる動画まで大々的に拡散され、
国と国、企業と企業、国民と国民の三つ巴状態になっています。

 

でもまあ、なんだかんだと穏健な人は多いもので、
冷静な判断として、国と国民の区分をして考えるべき、という意見が見受けられます。
私はこれに賛成です。
国同士、(つまり、国の政府同士)のいがみあいは、必ずしも国民同士のいがみ合いではない、ということですよね。
現実に、私達の身直に、在日の3世4世の人たちは、日本人として生活しているわけで、
出自が韓国だからと言って、差別的な、見方はしないでしょ。

そのお友達といがみ合っていることはないはずですよね。

 

まあ、お互いに、よわったもんだ、とは思っているとは思いますが。

私たちは、本来国を構成しているはずの国民は、いつも政権など権力者の恣意性に振り回されてしまうでしょ。

 

何だかよく分からないうちに、偉い人たちが、開戦だ、と決めて、真珠湾を攻撃した。
以来、ずるずると戦争に巻き込まれ、300万人以上の国民が犠牲になった。
これは国民が開戦しろ、と言ったわけではないですよね。
政権のトップが、そう思いそうしたわけです。

 

現在の民主主義的なトップの選出方法が、間違いをおこさない、という保証はないですね。
つまり、私達が、盲目的に信奉している民主主義とそのもとでの選挙制度で選出されるリーダーたちが、
もっとも間違いを起こさない人を選んでいる、と言う保証はないでしょ。

かつて、ドイツがしそうでしたし、イタリアも日本も、
まして共産圏の国々が、結果として独裁的リーダーを選択し、国民に不幸な状況を与えてきた、
と言うことは歴史的事実です。
ま、時代が違いますし、
現代の民主主義の基盤を作り上げてきた前段階的な時代ではありましたが、
最近のナショナリズムの台頭と、融和をさておいて、いがみあい、

融和、協調より競争の空気が蔓延する昨今の国際情勢の中では、
いくら民主主義が成熟しつつあると言っても、完全ではないわけですから、
それを補完するシステムがもう少し取り入れられるべきではないか、と思うんですね。

 

江戸の頃にあっても、庶民の要望、声を聴くためのシステムとして、
目安箱と言うものがありましたが、

これの現代版を作り上げることは、ネット社会の中ではさほど難しいことではないと思うんですね。
要は運営上の配慮がいかにされるかにかかっているわけです。

 

世界中のどんな国でも、そのトップの考え方は強く反映されるわけですね。
日本でも、アメリカでも、韓国でもましてや中国でも、
トップがそう思ったら、その方向を目指すでしょ。
周囲には、副総理とか、副大統領、大臣とか、長官など、相応のメンバーがわきを固めているにもかかわらず、
強大に集中したトップの権限を、コントロールすることはできないようです。
問題は、そのトップが選出されると、任期中はその影響を受け続ける。
例えば、日本で言えば、憲法改定だとか、消費税の実施だとか、年金の問題だとか、選挙時にあれこれ公約しても、
その後、これを超える問題が登場してきた時、そのことまで含めて国民は、政権をゆだねてはいないでしょ。
ここの選択を国としてどうするのか、と言ったとき、国民は物言えぬ桟敷に閉じ込められるのです。
まあ、早くても任期切れまでは政権の言うなりになるしかない。
このどこが民主主義なんでしょうね。

 

文大統領、トランプ大統領の判断を、選挙時に予測できたのか、でしょ。

アマゾンの大火災に、G7が、その対応の費用にと、21億円の援助を提案したところ、
ブラジルの大統領は、おれたちは物乞いではないんだ、
この金を受け取ったら、どんな代替えの要求が出てくるか分からない、
と露骨に反発したんですね。

驚きました。
善意を遠位で受け止められないというのは、その人の人間性でしょ。
私はブラジル国民は、同じような考えではないと思うんです。
つまり、何千万、何億の人間で構成されている組織体であるにもかかわらず
そのトップの恣意的な言動を許してしまうのが、今の民主主義なんですね。

 

民主主義そのものの限界をジワリと感じてしまうんですが。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3137
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE