水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 予想は予想、結果は結果 | main | 姑息な親の意見 >>
客を選ぶ権利

ネットに掲載される記事で、最後のところに記者名入りと言うのがあるでしょ。
又は、発信元というか、どこかのメディアの名前で載せてあったり。
ま、記事と言うのか、トピックスと言うのか、その呼び名がよく分からないので、
取り敢えず、記事と呼びます。

 

で、その記事の一つにこんなことが掲載されていました。
ある藤沢某と言う作家が、
「デニーズに6時間ほどいたら、追い出された」とツィートしたんですね。
まあ、よほどムカッとしたんでしょう。
これに関する意見を添えて、連続で投稿したらしい。
私はそのツィートを読んでいないので、その記事からしか判断できないのですが、
どうもいびつな主張だと思うんですね。


まずはその作家の言い分。
「僕は何も、ファミレスでひとり6000円使う自分が、
200円や300円のドリンクバーで何時間も粘っている人たちより上だとか、
偉いとか、そういうことを思ったことはただの一度もありません。」
「サラダ単品、ステーキ単品、サラダ単品、ノンシュガーのドリンク、
すでに計6000円以上のメニューを注文したし、
さらに追加でオーダーするつもりでいた」
まあ、言い分としては理解できるし、常識的な判断かもしれません。


しかし、まず、6000円使ったぞ、と言う傲慢さを感じます。
それに追加する予定だった、と言いうのは、店には判断材料にならない。
デニーズによると、5時間たった時点で、一度会計をしてもらう、と言うシステムらしい。
まあ、長尻の客への対策の一つなんでしょうね。
その伝票も持ってきた時点で、その追加をすれば、

当然、出来あがって食べるための時間は猶予されますでしょ。

 

としても、システムとして5時間で一度会計と言うのは、その店の運営方針なわけです。

ここで、理解しておかなければならないことは、
店にとって、お客様は全員神様ではない、ということです。
神様と言うのは、十分な利益をもたらしてくれる存在が神様なのであって、
それほど儲けにならない客や、他の客の迷惑になるのは、神様ではないんですね。
長尻の客は、その分テーブルがふさがるわけですから、他の客の迷惑の分野に入るんですね。
もっとも込んできた場合に限りますが。

少なくとも、客は店を選びます。


その昔、ソヴィエト連邦の時代のモスクワにマクドナルドが開店したのですが、
とてつもない人気で、連日満員札止め状態だったそうですが、
その理由が、店員の笑顔にあった、と言うんですね。
共産国では、選択肢が少ない。
パンを買いたければ決まったパン屋で買うしかない。
洋服もしかり、電気用品もしかり。
なので、その店員は余計な努力をしない。
当然お愛想も言わなければ、笑顔もない。
そこに、資本主義でのたたき上げの店がやってきて、
本国やり方で、笑顔を振りまいたわけです。
これにモスクワっ子はやられてしまったんですね。
これは、客が店を選べるということの始まりです。

 

しかし、その背景には、店も客を選ぶんですね。
だって、懐がさみしい時は、牛丼でも食うか、とか、

ラーメンで済ますか、とかの選択をする場合があるでしょ。
これは、実は、店から選択されているわけです。

霜降り和牛の高級ステーキを食べたくても、財布と相談でしょ。
そのご予算ではうちでは無理です、と言われないまでも、客は判断する。
ステーキを食おうかと言うのに、立ち食いと言う店が出てきた。
座って食べたい人は、店から拒否されているわけでしょ。


ま、その分多様な選択肢があるので、それぞれのニーズに従った店選びをしているわけです。
じっくり腰を添えて、食事でもしながら原稿書きをしたいというなら、
そう言う店を選べばいいわけでしょ。
簡単に言うと、藤沢某さんは、店の選択を間違えたんです。
自分のニーズを押し付けて、何とかしろと言われても店には店の方針がある。

それならよそに行ってください、と言うのが店側からのお願いですね。

 

挙句の果てにこの方は、6000円も注文したから優遇せよと言ってるわけではない、と言いながら、
外資系の会社に勤務していたころの話として、日本では上客と並み客の差別をしないということは、
国際的な経済感覚として遅れている、とか言ってるんですね。

この記事を書いた人も、何を言いたいのか、作家の肩を持っているのか、デニーズの言い分を伝えたいのか、
はたまた日本の経済感覚の是正を訴えたいのか、よく分からない。

 

でもこのような記事って、かえって、噛みつき易くて、好きですね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3157
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE