水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 政策に必要な心 | main | いよいよ10% >>
グレタ騒動

動画でグレタさんの怒りの演説を見ました。

その迫力、説得力には驚きました。

ちなみに「グレタ」でyahooを検索してみました。
いやものすごい。
2〜3秒に一つ投稿があって、読んでる最中に、自動で送られてしまうので、

読みづらいんですね。
それ程、次々に投稿されているんです。
で、気づいたこと。
なんととげのある言葉が多いんでしょう。
グレタさんの出身であるスウェーデンでの原発を引き合いに出し、
まず自分の国の原発問題に取り組め、とか、
金曜日に休んで活動してきたことを取り上げて、学校に行け、とか。
日本って、こんなに根性の汚い輩が多い国なんでしょうか。

 

私の正直な感想を言います。
じゃあ、あなたたち(汚い言葉でグレタさんを批判した人たち)、
地球環境について真剣に考えたことがあるんですか。
環境に関する実態をどれほど知っているのか、と言うことです。

週一でも時間を使って、世間に何かを訴えようとしたことがあるんですか。
単なる批判人間になっていませんか、と言うことです。

 

グレタさんが非難したのは、
これが人間が幸せに暮らせる要因だ、と信じ込んで、
物を作り続け、経済の規模を拡大してきたことが、
地球にダメージを与えたのではないか、と言ってるわけです。
その片棒を担いできた大人に、あなたたちの過ちのツケを私たちに回さないでください、と。

それを、何をひがんでいるのか、16歳の少女の勇気ある行動に、いちゃもんをつけている。
まあ、およそみっともない構図ですよね。

 

確かに、この私もそうですが、ネットを活用して自分の言葉を流す。
それもその言葉が人を傷付けるかどうかも顧みず、自制の心なしに言葉を流す。

様々な情報に、いろいろ感想を持つのはいいけど、
間違いなく人類が当面している大問題を、改めて前面に引き出してくれた功績は、
計り知れないものだと思っています。

極端な話、環境問題のいくつかのエポックに、京都会議議定書、と言うのがあります。

それ以来でしょ。

グレタ演説が次の環境問題へのスタートになったのではと思うんです。


ノーベル平和賞にノミネートされたということですが、それなりの価値はあるでしょ。
核兵器軍縮について演説しただけの口先だけの前アメリカ大統領はノーベル平和賞でしょ。
意義の深さから言ったら比較にならないでしょ。
その純粋さと言い、内に秘めた意志の強さと言い、受賞しても不思議でないでしょ。
これと比較して、国連でちょろっと顔出ししたトランプの品のないこと。
正に人類を悲劇に追い込む張本人て言う感じでした。

 

それと、きっと多くの人が感じていると思うのですが、
最近、メディアの連中も、ネットでうろうろしている連中も、

やたらと揚げ足取りと言うか、人の言葉尻をとらえて、全人格を判断するがごとき評論をしますが、
もう少し慎めないものでしょうか。
この環境間居問題にかかわり、ニューヨークに行っていた小泉大臣の発言で、

セクシーと言う言葉を取り上げて、批判めいたことを書いていますが、
これはまさにボキャブラリーの貧困な連中の発言です。
私は、この言葉のやり取りが生まれてきた流れを聞いて、セクシーは至極的確な表現だと思ったのです。
これはアメリカ人との対談で出てきた言葉ですから、
環境問題は、見様によっては楽しいテーマだ、と。
言い換えれば、いやいや仏頂面して取り組んでも成果は出ないだろう、と。
だから楽しくやることがいいのではないか、という意味です。
そして、対談相手の、そう、それに(環境問題に対応するということは)

セクシーだし、と言う合いの手に、そうセクシーです、と発言したのです。
これは会話の上での流れている話の筋に過ぎないでしょ。
まして、ここで言うセクシーは、性的なと言うニュアンスではないのです。
まあ、セクシー=セックスに近い概念でとらえるゲスな人は、眉をしかめるかもしれませんが、
ここでの解釈としては「粋」と言うニュアンスです。

 

日本人がすごく大事にしてきた感覚が「粋」です。
逆に、忌み嫌ってきたことが、無粋、または野暮です。

グレタさんを非難した人たちは、野暮で無粋なんです。
どうです。
粋に生きてみませんか。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3167
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE