水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< ノーサイド | main | リトアニアがやってくる >>
目くそ鼻くそを嗤う

エゾシカ、国後島に生息 流氷に乗り? 生態系一気に破壊の恐れ
というタイトルの記事がありました。

記事の内容は後に紹介しますが、
このタイトルを見た時、
私は思わず苦笑したのです。

 

動物の生息状況は、微妙な強弱の関係で安定もしますし、破壊も起きます。
例えば、北海道にかつて日本オオカミが棲息していました。
明治になって北海道の開発が一気に進み、あわせて、人間にとって邪魔者であるオオカミは積極的に狩られ、
あっという間に絶滅します。
しかし、生態系はここから壊れ始め、天敵のいなくなったエゾシカが繁殖をはじめ、
今や、森林や農作物に大きな被害を与える存在となってしまいました。
簡単な話、オオカミによる生態系の維持が崩壊してしまったのです。
しかし、この現象は実は、人間が介在していたんでしょ。

 

多くの人が北海道に入植し、森林を伐採し、生態系に関与したわけです。
第一原因は人間なんです。

 

そもそも我らが先祖は、アフリカにおよそ20万年前に発生します。
というかそれまでの人類の先祖から、枝分かれをして、種としての固定が進んできたのです。
で、しばらくはアフリカにとどまっていましたが、

好奇心が旺盛で新たな生息域を探していた私たちの先祖は、アフリカを出ます。
一方はヨーロッパに向かいますが、一方は東に向かい、インド、東南アジア、さらには中国へと向かいます。
ヨーロッパ組の一部は北上し、シベリアに向かい、さらにアラスカへと渡ります。
今からおよそ1万2千年前のことです。
このころは、氷河期などとの関係もあり、シベリアからアラスカまでは陸続きだったと言われています。
で、人類はアメリカ大陸に到達し、その後、わずか2000年ぐらいの間に、南米にくまなく住むようになります。

 

その一万年後、つまり現在です。
地球は第6の絶滅期に入った、と言われるように、様々な要因で環境を破壊してきました。
つまり、なんだかんだとその生息域を拡大し、そこの環境をスポイルしてきた張本人は人間なんですね。
ですから、今回の国後にエゾシカが何匹か渡って棲息している、と言って、生態系一気に破壊、なんていうことは、
正に、わが身の錆を知らぬ言葉ですよね。
見様によっては目くそ鼻くそを笑うの類でしょ。
エゾシカの様子を、これはまずい、と言ってる人間の方がずっとまずいんですから。

 

そもそも、エゾシカは、北方四島で長い間、生息が確認されていませんでした。
で、このたび、ある哺乳類調査グループが、調べた結果、エゾシカがいると分かったのです。
その調査では、最低2頭は居るらしい、と。
しかも2頭とも雌。
これじゃあ繁殖しようもないでしょ。
女二人が絶海の孤島で生活して、子孫が増えるなんて、ありえない事でしょ。

そんなに鹿の害を恐れるなら、捕獲して、北海道に戻せばいいでしょ。
今のところの推測ですが、どのように国後まで渡ったのかは、不明だそうです。
流氷に乗って流れ着いたのか、それとも泳いで渡ったのか、いずれの推測の域を出ていません。
としても生命の力を感じますね。
人間もかつては、何らかの手段で新たな天地に向かい、そこで定着するんですが、
時に、先発隊は全滅なんてことも多かったんじゃないでしょうか。
それにもめげず、地球の隅々まで生息域を広げてきたのは、そこそこ生命力の強さの証明でしょうね。
70億を超えるまで個体数を増やしたと御言うのは、
先祖からの伝来の生命力のおかげでしょ。

 

ま、いずれにしてもエゾシカの繁殖を恐れるより、
人間の横暴な自然からの搾取を反省すべきでしょ。
だって、ほどほどというのがないんですから。

 

ところで、昨日のアイルランド戦。
凄まじかったですね。
95歳になる義父が、ラグビーって命掛けですね、と感心していました。
夜中、じっくりとビデオを見たのですが、正に肉弾戦。
怪我無しには終わることができないスポーツですね。
それだけに、昨日の試合は興奮しました。
いや、まだまだ戦いは続きますが、まずは、おめでとう日本、ですね。

| 水嶋かずあき | 環境 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3171
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE