水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 正常性バイアス | main | 自然災害という言葉に逃げていないか >>
ナスカに行ってきました

昨日は、三連休の最終日。
といっても、私は毎日がお休みなので、見様によっては365連休なんですが、
それでも世間様がお休みだと、ちょびちょびした予定もなくなるので、
それなりに連休っぽくなるんです。
まして初日は台風でしたし、すっかり家にこもっての3日間となりました。

 

で、久しぶりにグーグルマップで旅をしたのです。

ま、それにしてもあのグーグルマップはすごいですね。
南極大陸まで含まれていますもんね。
前に南極大陸を丁寧に旅をしたのですが、もちろんグーグルマップの上をウロウロする旅です。
これはつまんない。

ひたすら白い画面が続くんですね。
拡大してもこう言うところは粒子が荒く、ともかく白い画面に過ぎないんです。

 

一度、ナイル川を河口からさかのぼり、ビクトリアの滝まで旅をしたことがありました。
かなり拡大して進めたので、それでも小一時間掛かりました。
ビクトリアの滝を上から見ると、いわゆる滝壺のところが真っ白になっていて、
その規模はやはり相当のものですね。
この時はアフリカのジャングルを、蛇行して流れるナイル川をたどりたどり進んでゆくのですが、
途中集落らしきものはなく、ただ緑と川。

南極よりも多少は変化があるのですが、
ビクトリアにたどりついたときは、ちょっとした感激でした。

 

そもそもは、ピラミッドを上空から見てみたかったんですね。
それなりに探しまくって、やっと発見。
で、その後、ではついでにビクトリアまで行って見ようか、となったわけです。
ナイル川と言うのは、地中海に注ぎ込んでいるので、ヨーロッパの人々にしてみれば、
まあ身内みたいなもんです。
そこで、18世紀も末の頃になると、幾たびとなくナイルの源流探しが行われたようです。
いわば源流を求めての大冒険です。
これがなかなかうまく行かず、時に原住民に襲われたり、
時に熱帯地方の独特の病気に掛かったり、と、さんざんな目にあったそうです。
とはいえ、主な探検隊の組織は軍隊が命令によって構成したようで、
冒険好きのおじさんが集まって出かけて行ったわけではなかったのです。
で、そういう背景があったものですから、この大冒険の成果は、
ヨーロッパの国々に、アフリカの地域を植民地化するというきっかけになってしまったんですね。
人類最大の悲劇が、この冒険から始まるのです。

ま、ともかく、第一段階で、ビクトリアまでたどり着きますが、
たどり着いて初めて、ビクトリア湖は水源ではない、と分かるんですね。

 

でも私は、水源とみなして、グーグルマップの上をビクトリア湖まで行って見たわけです。

で、この経験をした時に、上空から見て面白そうなものは何か、と考え、
その結論がナスカの地上絵でした。
逆に、ペルーの旅をして、マチュピチュとかあちらこちら回っても
ナスカの地上絵は見ることができないのでしょ。
大地の地肌の茶色っぽい盆地を横から見るだけです。
上からでないと意味がない。
と言うことは、むしろグーグルの旅の方が向いているのではないか、と。

 

そこで、三連休の最終日、突如思い立ったようにペルーに出かけることにしたのです。

グーグルの旅のいいところは、日本の平塚を出発点にして、

縮小すると、一気に日本列島全体ぐらいのサイズになります。
あとはスクロールして、およそ数秒でペルーに着きます。
先ずリマに着きます。

空港でのややこしい手続きも、待ち時間もありません。
で、実はこう言うのってそれなりのコツがあるのですが、
道に迷ったら、拡大縮小を繰り返すのと併せて、地図表示と航空写真を交互に切り替えるのです。
リマから南南西に300キロぐらい。

ナスカにたどり着きますが、ちょっとし市街地以外は、ほとんどむき出しの大地。
木一本生えていないんですね。

パナメリカナ・スール自動車道と言う道が、ナスカの市街地から北西に伸びているんですが、

ここを15キロぐらい言ったところの周辺が、ポイントなんです。

航空写真にすると、NAZCA LINES という表示があるんです。
地上絵のことなんでしょうね。
で、丹念に周辺を探索。
色々と有名な地上絵が見えてきました。
まずはハチドリと呼ばれるやや小さめの鳥の線画。
渦巻きもありました。
さるも近くにあり、雄大なコンドルもはっきり見えました。
地図の下の方に縮尺が出てきますが、それで測ると、
コンドルは翼の幅が約60メートルくらい。
頭から尾の先までが100メートルくらいでしょうか。
ともかく、やたらと絵が描いてあるんですね。

なんかの理由で、ある時期、流行ったのかもしれません。

ま、それにしても、地上で、どうしてこういう線が引けたのか、不思議ですね。

 

まあ、グーグル旅っていうのも、これも特殊な趣味ですが、

なかなか実際海外に気軽に行けないので、
こんなところで、旅の気分を味わっています。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3187
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE