水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 認知機能検査 | main | 人の褌で相撲を取る >>
車の緊急避難所

災害と言うのは、何時どんな風にやってきて、
またそれにどのように巻き込まれてしまうかなんて、
予測もできない、と言うより、予測なんかしないでしょ。

それだけに、そういう状態になった時に最善の対応方法がとれるのか、
と言うことが問題になると思うんです。

 

今回の、15号・19号の台風で、何かというと、車が流されているシーンを見ました。
まあその大半は、止めてあった車だろうとは思うのですが。

しかし、もし、乗車時に水没すると、かなりの確率で死亡事故につながるそうです。

 

損害車買取を専門にしている株式会社タウと言う会社があります。
このタウによると、今回の台風で水没した車、床上浸水とか、流されたとか、の被害にあった車は
10万台になるとの見解を発表しました。
したがって、仮に、一台に1人ずつ乗っていると、10万人と言う犠牲者が出る可能性があったということです。
まあ、時間帯などから、大半が庭先などで駐車していたんだと思うんですが。
ま、いずれにしても、車が水没するとどうなるのか、と言うことです。

 

この水没実験をJAFで行いました。
これはネットで「車両水没実験動画」で検索すると、何通りかの実験の動画が出てきます。
万一のことを想定して、一度見ておいた方がいいと思います。
で、これによりますと、
水位60造鯆兇┐襪函△匹鵑蔑呂鬚けても、ドアはびくともしないんです。
スライドドアでも開きません。
そうこうするうちに運転席に水が回ってきます。
この時はもう最終手段で、窓ガラスを割るしかありません。
割ると、一気に水が入ってくるので、よほど冷静に対応しなくていけないんですね。
特に、割ったドアの反対側の人、または後部座席などに乗っている場合、
脱出のタイミングが遅くなりますから、一枚割ったら、すぐにハンマーを手渡す必要があります。

 

以前、東日本大震災の時に、被災後3か月ほどたったところで、
平塚の飲食業組合連合会で、東松島市の仮設住宅に炊き出しに出かけたことがありました。
この時、一通り食事を配り終わり、やや間があって、食べ終わった人たちが、
改めて炊き出しのところにやってきて、いろいろとお礼を言ってくれるんですね。
で、あわせて、それぞれ、いろいろな体験を話してくれたのですが、この時の話です。
ある高齢の男性の話です。
津波が来ると聞いて、その人のかみさんと二人で軽トラに乗って、高台目指して走っているところに、
津波がやってきて、あっという間にのまれてしまったそうです。
ある瞬間は車は浮くんですね。
で、ぷかぷかと浮いて流されているところに、
流木が運転席の窓に当たり、ガラスが割れたものの、大きく脱出口ができたんです。
で、旦那は出るぞ、とかみさんに言って、脱出したものの、
助手席のかみさんは、シートベルトがなかなか外せなくて、
そうこうするうちに、あっという間に車内に水が流れ込み、
かみさんは、車とともに流されていってしまった、ということを、
ぽつぽつと話してくれたんですね。

 

この動画での水没の状況と全く同じでした。

いずれにしても車外に脱出することがベターな選択のようです。
車の中にいて助かった人はいない、とか。
で、窓はオートですから、水没した途端モーターは動かなくなり、

ガラスを下げて開口を確保することはできないようです。
そこで、割るしかないのですが、割りやすいのは左右の窓だそうです。
フロントは力がいるし、割れてもぽっかり開くわけじゃないそうです。
この時窓ガラスを割るハンマーがあればベストです。


私の車には、常備してあって、いつでも取り出せるところに置いてあります。
多分、ホームセンターのカー用品売り場には置いてると思うので、買っておいた方がいいでしょう。

 

まあそれにしても今回の車の水没の多さに驚いたことと、
なんで流されるような場所に置いておいたのか、ですね。
これは、ハザードマップをしっかりと検討して、
海抜的にほぼ安全そうなところの公共地を事前に提供するということを考えた方がいいようですね。
事前に、車のオーナーは、車を避難させるということです。
観光バスが何台か、水没して使えなくなった、なんて話を聞くと、
ちょっと考えて、どこかに移動させておけばよかったのに、と思うんです。

こう言うことも含めて、もう少し事前に様々な対策を具体的に立てるべきでしょ。
人に避難所に避難しろ、と言うのと併せて、車を避難させるということも併せて通告すべきですね。


だって、市民のとても大事な財産でしょ。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3198
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE