水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< ご祝儀相場とはいえちょっとおかしいんじゃない | main | ネット社会ならではの支援 >>
隔靴掻痒の品定め

世相は移り変わる。
それによって、ちょっとしたマナー的な問題も持ち上がり、

賛否が分かれ、どうでもいいこともふくめ、それなりの意見の調整が行われる。
そして、新たな社会通念がそこから生まれる、と言うのが最近時に感じる様々な現象の一つです。


そもそもで言えば、携帯のマナーモードなんていうのもそのうちの一つでしょ。
人情が紙のように薄くなってゆく昨今では、個人の社会性の欠如はますます進んでゆくようです。

 

そんな中で、あるスーパーが、最近のある現象に悩んでいるのだとか。
それは、スーパーで肉や魚を買った客が、商品の容器をレジ横のごみ箱へポイと捨ててゆく。
つまり、家であのトレーを処理するのが面倒なので、(とくにごみ有料のところはなおさらでしょ)
買ったその場で、上面にかぶせてあるラップに上下をひっくり返し、
底の部分からラップをはがし、トレイを外す。
で、買った商品はラップに包んで持ち帰る、と言うやり方。
まあ、あったまいい!と思ったのです。

ごみは減るし、冷蔵庫の中はかさばらないですむでしょ。
ところが、これが問題なんだそうです。
まず、衛生的でない、という指摘。
匂い、小バエ、雑菌などが繁殖すると不安がるんですね。
他の客からも汚いと非難されることもあるとか。
そこで、トレーを捨てないよう、注意書きを出しているスーパーもあるようなんです。

でも、これってどうも西日本方面の傾向のようなんですが、いずれ全国的な傾向になるかもしれませんね。

 

何しろ、あのトレイのかさばり様ときたら、半端じゃないですもんね。
我が家は、平均年齢81歳の超高齢化家族なんです。
したがって、食材の買い出しと言ってもちょぼちょぼしたもの。
米なんか、2キロ買ってくれば、楽に半月は持つんです。
そんな状態なのに、ちょっとした大きめのレジ袋に、プラゴミ系のものを入れて処理しているんですが、
このプラゴミ専用のごみ入れ袋を取り換えても、あっという間に一杯になるんですね。
飲料用の空ボトルもいいとこ10日ぐらいで一杯。
確かにスーパーで買い物をすると、その大半が白いトレーに入れて、さらにラップで包んでいます。

私はこれは過剰包装ではないか、と考えています。

レジ有料化によってプラスティックごみを減らしましょう、とか言ってますが、
どこかちょっと偏った規制だと思うんですね。


この過剰包装はいくつかの問題を抱えています。
まずは、プラゴミの問題ですね。
一つは、すぐ捨ててしまう超短命の商品なのに、それなりのコストがかかるということです。

次が、商品の衛生面とか言ってますが、逆に、商品の鮮度が分かりにくくなっています。
買ってきて、包装を解いて、下の方が傷んでいて、半分使えない、なんてことはしばしばあります。
トレーに入れられて、ラップを掛けられてしまうと、
正に隔靴掻痒状態で、直接手に取って品定めができない。
つまり、商品の良しあしが確かめられないのです。
市内のあるスーパーで、里芋を買って、フィルムを破って中を見たら、
半分以上が傷んでいたので、残念ながら捨てました。
だって、10数個入っていて半分以上傷んでいるということは、
残りだって、そうそう健全な状態の食品ではないと言う事でしょ。
これだから、ラップ越しにいくら見ても分かりにくく、

時に一か八かの勝負、なんて事になるわけです。
里芋は、その次の時も全部捨てるような状態でした。
2連敗です。

 

肉などもトレーではなく、ラップで包み、トレーの上に置き、

それをレジでトレーだけ回収するというシステムにすればいいでしょ。

 

ともかく、プラゴミが世界的規模で問題に鳴ろうとしている現状の割には、
最もプラゴミを世に送り出している生鮮食品のスーパーの対応が

旧態然としているように思うのですね。

 

ま、とは言うものの、世帯当たりの人の数が減少している現在、
個分けの食材もそれなりに無駄を省くための知恵です。
50年前に、白菜が半株に切られて売られているのをみて、驚きました。
その後、キャベツも切られて売られ、大根も半分サイズになっていました。
 今では当たり前ですが、 小人数の家庭だと、丸々一個買っても使いきれない。
そこで切り分けるわけですが、そうすると、包装の仕方も工夫しなくてゃいけない。
と言った、事情もあるんですね。

 

世相の移り変わりではしばしば、旧来の概念が否定されますが、
こういう生活の最前線でも、そういう現象は出てくるもんなんですね。

| 水嶋かずあき | グルメ | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3211
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE