水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< スポーツ文化満開 | main | はらふくるるわざなれば >>
体重制限制

先日、我らがSCNクラブのメンバーの武井君が、急逝いたしました。

行年48歳と言う若さでした。

私が最初に彼にあった時、丸々と太っていたので、少なくと、も健康的な印象は受けなかったのです。

結果として、肥満が若くして逝去してしまった遠因であることは間違いないと思います。

ま、それにしてもあまりに急で、驚いてしまいました。

ご冥福を心からお祈りいたします。

 

さて、大相撲、14日目にして、今場所もまた、白鵬の優勝となりました。
結果として、千秋楽への興味が半減しましたね。
もっとも、お気に入り力士の7勝7敗とかでの千秋楽は、気になるところですけどね。

 

ま、それにしても休場力士が多すぎますね。
横綱1人、大関2人、関取1人、前頭3人、計7人。
今場所に限らず、横綱、大関クラスが休場と言うのは、恒例のようになってしまいました。
昔も、こんなだったかしら。
正確な記憶はありませんが、ここまでではなかったように思うんです。

 

体にも恵まれ、足腰が強くて、なかなかの技もあると言う若手の力士。
近々三役、やがて大関、さらには横綱も望めそうだ、とか期待されていたものの、
ふと気が付くと、一体何してるんだ、とその名が消えたようになっている。
こう言うのは、ほとんど100%が、ケガが原因です。

 

あの元大関照ノ富士も怪我をし、休場となると、
これまた薄情なもので、全敗と同様の扱いになります。
照ノ富士は実に多くの記録を持っている力士で、
大関になってのカド番の経験が4度。
そしてついに大関陥落。
あちこち故障があって、なかなか万全の体制になれない。
でも、根性でそこそこに戦っては来ていたのですが、
やはり体が言うことを聞かない。
正に怪我との戦いだったんですね。
そこで、ずるずると番付を下げ、
いよいよ治療に専念と言うことで、連続して休場。
そして、序二段まで下番付を下げました。
元大関、幕ノ内最高優勝経験者としては、序二段への降格は記録だそうです。

 

で、両膝の手術をし、一年なにがしかの治療で、相撲の取れる体になったので、土俵に復帰。
もちろん、元大関ですから、序二段、三段目辺りは、群がる若い力士を蹴散らして、白星を重ね、
幕下上位まで番付を戻し、今場所は、7戦全勝の優勝。
ま、当たり前と言えば当たり前ですが。
でも、ここまで番付を上げるのにかれこれ1年。
いや厳しい世界ですね。
で、来場所は十両に戻り、晴れて関取になれるわけです。
ネバーギブアップの素晴らしい根性ですね。
これからも応援したい、と思っています。

 

照ノ富士はその象徴でもあるのですが、
力士と怪我は付き物。
正に、無事これ名馬のたとえの通り、怪我をしないことも強いことの要素なんですね。

我が平塚出身の高砂部屋の朝弁慶は、今場所幕下15枚目で6勝1敗。
来場所は十両を狙えるところまで番付を上げそうです。
朝弁慶もまた、足のけがで不調が続いていました。
きっと、怪我が治ったのかもしれませんね。

 

と、言うことで、怪我が当たり前の相撲界ですが、
どう考えても、当たり前ではいけないでしょ。
で、突飛もない提案なんですが、
制限体重制にしたらどうでしょうか。

 

あの巨体がぶつかり合い、組み合って倒れたりすれば、肉体的なダメージは大きいでしょ。
で、なぜか、やたら食べて体を大きくする、と言うより太る、ということが重要と考えているようですが、
そろそろその戦法をチェックすべきでしょ。
体重を減らしたうえで、しっかりした筋肉をつける。
これまた意味のある能力アップの方法だと思うのです。
脂肪から筋肉へ。
そして、例えば、150キロ以上は制限オーバーとして土俵に上がれない、とか。
まあ、相撲関係者、ファンからは非難ごうごうかもしれませんが、
他に力士をケガから守る方法があるんでしょうか。

何より、相撲取りは短命でしょ。

彼らの人生を守る、と言うことも踏まえ、考えるべきでしょ。
第一、格闘技として、脂肪で勝負、と言うのは、時代遅れのような気がするんですがね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3229
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE