水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 邪魔にならない年寄りになる | main | 鬼が笑うかも >>
習い性になる

桜を見る会の問題は、やたら底辺が広がってきて、
やれシュレッダーだの、安倍後援会だの、アッキ―枠だの、お呼ばれした芸能人のことだの、
雰囲気としては3面記事的な内容に変わりつつあります。
そもそもが政治問題なのに、3面記事的な要素の方が、受けがいいんですかね。
例えば、香港での区議会選挙で、民主派圧勝の話とか、
GSOMIA破棄回避で、韓国が混乱しつつあるとか、
トランプ大統領の弾劾のその後の様子とか、
もっと知りたいことはさておいて、
桜と沢尻で、話題満開状態。

 

で、よくよく観察してみると、
様々な社会事象、社会問題について、ともかく驚くほどの人が意見を言う。
ちょとばかり名前が売れている人が、ツィッターでささやくと、
何倍にも拡大されて、発言が取り上げられ、またこれに意見が付けられるなど、
炎上型の情報拡散が続いています。
ま、誰が何を言ってるかはわかるのが幸いなんですが、
その人の知名度で取り上げるんでしょうから、
一般のこれと言って意見を持たない人への影響を考えると、
そこそこ名前が売れていて、しばしばその発言が取り上げられる人は、

感情のまま、思うがままに物を言うのは自制したほうがいいんじゃないか、と思うんですね。

 

それらの人の中で、比較的注目されているのが、ホリエモンこと堀江貴文氏。
私は彼の発言を聞いて、なるほどと思うことが少ないのです。
どこか視点が違うのでしょうが、
申し訳ないのですが、彼が前科者である、と言う色眼鏡が外せないのです。
確かに罪を償い、刑期を全うしたのでしょうが、
それですべて帳消しになるというものではない。
前非を悔い続けなくてはいけない、と言うこともない、と思っていますが、
どこか、頭の隅に、私は日本の法を犯した人間である、

という思いは抱き続けるべきだと思うのです。
彼の発言からそれを感じないのですね。

 

驚いた発言がありました。
沢尻容疑者の麻薬汚染問題ですが、

多くの人が、麻薬について、厳罰化をする必要があるんじゃないか、と言ったんですね。
実は私も厳罰化をすべきである、と思っています。
以前もしばしばこのブログに書きましたが、罪と罰は、犯罪で得るものとのバランスで成り立っているんですね。
1人殺すより、5人殺す方が罪が重い。
100万円だまし取るより、1億円だまし取る方が罪が重い。
ワルは犯罪を起こす前に、ちらっと、割に合うかどうかを考えるそうです。
もちろんそんな理性的な状態ばかりとは思えませんが、
頭のスミで、捕まったとしても、これなら割りに合う、とか割に合わないとか、という判断をするんですね。
ですから、計量の大小は、犯罪の抑止に影響するはずです。
飲酒運転の計量が軽かった頃、やたら交通事故死が多く、年間で1万6千人を超えていました。

厳罰化をすることになり、今では4000人まで下がりました。

4分の1まで減らすことができたんですね。
そう言うものです。


で、ホリエモンは、ある発言の中で、麻薬そのものを擁護しているんですね。

一部合法化すべきだ、これと言って世間に迷惑をかけているわけじゃない、と。
だから、そうそう目くじらを立てなさんな、と言わんばかりにです。
いやとんでもない屁理屈です。
よく意味不明のできごとがあって、時に市民が巻き込まれることがあるでしょ。
どうしてそんなことしたんだろう、と。
こういう時はある確率で、麻薬をやっていることが多いですね。
だから、迷惑をかけていない、と言う論拠はないんです。
さらにホリエモンは、彼が服役していた刑務所の中で、麻薬をやっていた連中を様子を見ていると、
ごく普通の言動である、と言ってるんですね。
だから麻薬をすることはそれほどの問題を引き起こしはしない、と。
これも驚きの発言でしょ。

だって刑務所の中では麻薬をすることができないんですから、それは普通の言動を取るでしょ。
なんてばかばかしい論拠でものをいうんでしょうね。
したがって、麻薬について厳罰化を声高に言う人間は、浅はかである、と断罪しているんです。

 

厳罰はそういう行為を強く規制しようとしている、いわばよくないという考え方があるからです。
シンガポールでは、禁煙エリアでタバコを吸うと8万円の罰金。
いままで、別にいいだろう、と考えていた人は、注意するようになるでしょうね。
まして一度罰金を払った経験があれば、二度としないでしょうね。
その8万円で何が変えるか、何を食べられるか、と考えたら、

たばこを吸いたいという衝動をコントロールできるようになるはずです。
ちなみに、シンガポールでは、唾を吐いたら8万円。
なんと小便をしてトイレの水を流さなければ8万円です。
シンガポールの町がきれいなわけは、きれいでありたいという気持ちを法制化し、
罰則で規制しているからです。


習い性になる、と言いますが、繰り返していると、自然とそうなるんですね。

残念ですが、時に厳罰は効果があると思うんですね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3233
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE