水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 習い性になる | main | 休むことの重要性 >>
鬼が笑うかも

あさっては師走。
なんか妙に季節感がヅレてしまったのでしょうか。
今年も残すところ一か月とちょっと、なんて常套句が不自然な感じがします。


師走になると、一気に忘年会シーズン。
以前は、紅谷町の舟平などでは、忘年会と言うと、正に掻き入れ時。

と、ここで、漢字が正しく使われたか、をチェックしました。
「かきいれどき」は「書き入れ時」が正解だそうです。
そもそもの意味は、商売で客が多くなると、帳簿に書き入れることが増えるので、
書き入れ時、という漢字を使うのだそうです。
知らなかった。

 

さて、私の浅学ぶりはともかく、
忘年会が幾分かおさまると、次はおせち料理です。
ですから、師走は、年賀状など、かなり計画的に準備しないと、
忙しさにかまけて、欠礼となることがあるんですね。
そんな状態の師走を過ごしてきたせいか、
現役引退を決めこんだ今は、逆に妙に手持無沙汰になってしまうんですね。
せめて、世間並みの師走感を味わおうと、結構訳の分からない理由を作って、
忘年会をいくつか計画しています。
その面ではまだまだ現役だぞ、というわけです。

 

さて、師走といえば、もう来年のカレンダーも準備され、
早速一部新年の予定を書き込んだりしますが、
何故か来年のことを言えば鬼が笑う、などと言うでしょ。
どうして笑われるのか、しかもなぜ鬼なのか、ずうっと疑問でした。
この笑うは、おかしくてゲラゲラ笑うではないんですね。
いわゆる、嘲笑の類の笑いです。
予測できるはずのない未来のことを言うと、鬼でさえおかしくてせせら笑うという事です。

でも、そんなこと言ってると、先のことの話はできないでしょ。
だから、笑われるからよす、と言うのではなく、
笑う奴っているもんだ、と言う方が正解でしょうね。

 

で、来年の話です。

実は、来年の七夕祭りのデザインがほぼ仕上がったんです。
鬼に笑われそうです。
今年、いくつか失敗した点がありました。
何より、照明についてです。
私は、ここ数年で、七夕づくりを再開したのですが、
いくらか今浦島的なところがあって、
15年ほどのブランクの中で、勝手が違う部分が生じていました。
その一つが電気関係のことだったのです。
それは、今年の飾りの電気容量が大きすぎて、そのままでは対応が厳しい
と言うことになってしまいました。
なんとか電源を散らして、事なきを得たのですが、
電気工事をするものから、来年は注意して下さい、とのお叱りがあったのです。
まあ単純に言えば従来の白熱球を使用するのはやめてくれ、とのことなのです。
私は、まさかLEDを使うなんて夢にも思わなかったのです。
単純に、そんな高いものを、たかだか3日間のお祭りに使うなんて、
コストパフォーマンスが悪すぎる、と。
そこで、40wとか60wの白熱球を安売りのところで、
ほぼ1球100円程度で買っていたのです。
ところがあれこれ情報を集めてみると、

DAISOで、40wが108円(旧の消費税ですから)で売っているというんですね。
あのLED電球がですよ。
まさかの100均で売られていたんですね。
で、今日、DAISOに用があって、ついでに60wのLEDを買ったんです。
すると150円だというんですね。
まあ、40wが100円ですから、60wが150円でも驚かないのですが、
それにしても、ついこの間まで、ホームセンターなどの電球通売り場に行けば、
1000円前後だったように思うのです。
いやいや製造している会社の方には、その努力を称えたいのですが、
通常の白熱球と変わらないコストにまで下げたと言うのは、
相当の努力があったんでしょうね。

来年はLEDを使うことで、電気容量についてはカバーできそうです。

 

目まぐるしく進化する世の中についてゆくのが精いっぱい。
あまりの変化に、正に来年の予測など口にするのは、
おこがましいかもしれませんね。
でも、来年の七夕は、もう少しましな飾りにできそうだ、と思っています。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3234
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE