水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 休むことの重要性 | main | 見切り五百両 >>
旅の恥はかき捨て

どこのまちだって、経済的に豊かでありたいと願っています。
そこで、何らかの活路を求めてあれこれ模索をします。
そのうちの一つが観光開発です。

 

平塚でも、観光協会などが主体となって、何らかの観光事業を展開し、
地域経済活性化の一助にしようと活動を展開しています。
しかし、なかなかうまくゆかない。
これと言ったネタがないのです。
そもそも地域経済の振興のためになぜ観光なのか、ということですが、
観光の基本的な概念としては、他の地域のお金が、観光によりその地域に落とされる、
つまり、観光と言う名の経済なわけです。

 

単純に、いくつかの要素でその地域にお金が落ちます。
一つは、移動を伴うので、交通機関へお金が落ちます。
次に、飲食が行われます。

まあ、頭数は口の数ですから、基本的に飲食の機械が物理的に増えるわけです。

時に宿泊施設などにもお金が落ちます。
さらに、拝観料とか入場料のような施設利用料金が得られます。
そして、土産物などに代表される、地域の特色ある商品が購買されます。
まあバランスが同であるかはともかく、
なんらかの経済的な要因が拡大するわけです。
ですから、どこでも、観光的事業を何とか進められないか、と、四苦八苦するわけですね。

 

ところが最近、時に、異常なほどのヒートアップ現象が、特定の観光地に発生しています。
よく聞くのが京都ですね。
外国からの観光客が、町の中にあふれかえっていて、
それぞれの文化の違いから、その地の生活の領域を侵すようになると、
逆に、観光公害のような状況になってしまいます。
中には、舞子さんの写真を撮ろうと、しばしばトラブルが発生しています。

特に海外の方々は、そもそもの文化観が違うので、
トラブルを起こしがちです。

 

でも、よく考えてみれば、観光と言うのは、他の地域からやってくることが原則なんですから、
それはそれなりに多少の文化観、生活観などが異なることが前提です。
さらに悪いことに、旅の恥はかき捨て、という言葉の通り、
自分の生活を根ざしていない地域なんですから、
多少の恥ずかしいことでも、調子に乗ってやってしまうことは十分にありうることです。
それでなくても、観光と言う状況は、テンションが上がっているわけですから、
いつもと異なることもしがちです。


つまり、文化観とか、日常性とか、さらには心理的な要因も含め、
観光と言うのは、トラブルが発生することが前提として承知する必要があるのです。
基本は地域経済に振興とかがあったわけです。
それに伴う何らかのディメリットがあったとしても、

多少のことは受け入れるべきでしょ。
観光客の振る舞いに嫌気がさしているなら、

観光と言うこと自体の本質の認識が足りない、ということですよね。

 

ネットにこんなニュースが掲載されていました。
宇治茶の主産地である京都府和束町は、
茶畑景観を楽しむ上でのマナー順守を呼び掛ける手ぬぐいとリーフレットを作成したそうです。
近年、町を訪れる観光客が増える一方、マナー違反が問題化しており、和束町の観光案内所で配布すると言うんです。
この10年ほどで、観光客も増えた分、マナー違反も目立つようになってきたのですね。

そこで、このような行動に出たのだそうです。

町が作成した手ぬぐいは、緑の布に白い字で「私は茶畑に入りません」と書かれたもの。
リーフレットも作成し、A5判で
「茶畑は私有地ですので、無断で入らないで」
「茶葉や茶の生産に係る道具には触れないで」
「ゴミは持ち帰って」など6つの注意事項が記載されています。

ま、確かに、観光客が増えてくると、痛し痒し。
こう言う問題が発生するんですね。

 

基本は、人間の心に中に巣食う、旅の恥はかき捨て、と言う残念な意識です。
自分の町ではそんなことをしないという事なんでしょうが、
他の地域では匿名性が高いので、
ついつい自制の心が緩んでしまうんですね。
普段は、そこそこに世間体がありますから、まあまあ真面目な行動をとるんですが、
時に見知らぬ街などでは、少しばかり乱れた行動をとりがちなんですね。

実際、私達が、よその土地に行くと、
時におおらかで開放的な気分になり、ちょっとばかりルール違反があったとしても、
軽く考えて、まあいいじゃないの、とばかり、
自制の心を忘れてしまうんですね。
ま、情けないものです。


明らかに、こういう意識は、良心そのものが失われたりするからなんです。

特に、外国の人の開放的な行動に眉をひそめることがありますが、
人のふり見てわがふり直せ、ですね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.mizushima-kazuaki.com/trackback/3236
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE