水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< ONE TEAM | main | 貿易戦争と言うけど、これまた戦争でしょ >>
放っておくほど不信感は募る

国会というのは、常会というのと臨時会の二種に分かれます。
一般的には通常国会、臨時国会と言っていますね。
で、常会というのは、定例国会の意味合いを持っていて、
原則150日間が会期です。
臨時会というのは、その都度会期をあらかじめ決めて始めます。
大体2か月前後。
最も短いので1日というのがありました。
これは解散のための手続き国会で、解散が決まったらその場で終了。
それはそうですよね、解散するということは国会議員は失職するわけですから、
解散後に審議はすることができません。
会期初日に解散すれば、会期は一日ということになるわけです。

 

平成に入ってから、85回の常会、および臨時会が開催されました。
このうち、会期延長をしたのが、26回。
およそ30%に相当します。
10回開けば3回は延長しているわけです。
つまり、会期延長は、ごく普通の選択なんですね。
おおむね、与党として、何とか法案成立をしたい、というのに、
グダグダと審議が続き、会期末になってもめどが立たない。
ここは何とかドタバタしながらでも、成立させてしまおう、と言う考えがあると、
会期延長をするんですね。
で、強引に帳尻を合わせる。
まあ、与党の都合で審議期間を延ばす、ということです。

 

で、今回は、第200回という記念的なところがあるんですが、
なんてったって桜でおおもめにもめたでしょ。
安倍政権としては、さっさと終わりにして、
例によってとぼけ切ってしまおう、という魂胆ですから、
会期延長などとんでもない、というわけです。
大体、会期延長は、与党がその都合で決めてきたわけなので、
今回のように、野党から延長申し出をするというのは異例なんですね。

9日、今日はその会期の最終日。


野党側は総理による私物化などと批判する「桜を見る会」の追及のため
会期延長を求めることにしているそうです。
しかし、与党側は応じない方針です。
そりゃそうですね。
長引けば長引くほどぼろが出てくるわけでしょ。
今回の桜を見る会の問題は、
日々新たな問題が次々と出てきました。
韓国の前法相のグクさんは、玉ねぎ男というあだ名が付けられましたね。
剥いても剥いても、次々と疑惑が出てくる、と。
なんか玉ねぎ男並みに、今回の安倍さんも剥いても剥いても疑惑が出てくる。
いっそのこと、日本の玉ねぎ男、とか呼んでしまえばいいんじゃない、と思うくらいです。


また、この国会では、「政治とカネ」をめぐる疑惑で2人の大臣が辞任に追い込まれました。
こんなこともあって、会期延長してもう少し問題を絞り込もう、というのが野党の言い分。

冷静に考えてみれば、様々な問題点はいろいろとありますが、
これらの問題を整理すれば、それこそ昨日のブログに書いたように、
KJ法でも使って整理してみれば、

様々な問題の根底には、政治不信という共通のキーワードが存在することが分かります。
つまり、主権在民たる国民が負託した国会での運営が、疑念を持たれている、というのが現実でしょ。
ただ、不満に思ってはいても、その先どうしていいのか分からない。
舞台の上では、良く分からないまま芝居が展開している。
観客はただ見ているだけ。
でも、つまらねえ芝居だ、と内心感じているんですね。
というより、とんだ茶番劇だ、と思っているわけです。

 

間違いなく、不信感がある。
だったら、重要案件が片付いたところで、
自分たちがいま抱え込んでいる政治不信にどのように対峙すべきか、といいうことを
議論したっていいでしょ。
国民が望んでいることのプライオリティ癸韻蓮
政治不信を払しょくすることなんですから。

 

これを放っておいて、解散なんですか、と思いますね。
ますます不信感は膨らむばかりなんですけど。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
1946年。伊丹万作の「戦争責任の問題」で述べた一文の抜粋です。気になる一文でコメントします。

「批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである」
「騙されていたと言って平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でも騙されるだろう。いや、現在でもすでに別の嘘によって騙され始めているに違いない」

| もっちゃん | 2019/12/09 5:40 PM |









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE