水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 私人逮捕 | main | グレタさんのどこが悪い >>
我が自転車歴

長い人生の中で、一体何台の自転車を乗り継いできたでしょうか。
子どもの頃から数えるとなると、ちょっと見当がつかないくらいの数になりそうです。
そんな有象無象の自転車なんですが、記憶に残っているとなるとほんのわずか。


一つは、たしかナショナルの自転車。
かなり高くて、驚きましたが、友人から自転車は軽い方がいい、と言われて、

ともかくカタログレベルで重量をチェックし、
奮発した価格的な予算の範囲で最も軽いものを買いました。


その自転車を買う前に、その友達が持っていた自転車に乗ったんです。
彼が言うには、俺の自転車は早いんだ、と自慢するんですね。
私は不思議に思って、自転車が速いかどうかは漕ぐ人間が速くこぐからだろ、
自転車そのものが速いわけじゃない、と屁理屈をこねたんですが、
彼はじゃあ乗ってみろ、と。
で、乗ってみてなるほど早い。

要は楽に速度を上げられるんですね。

当然そこらのママチャリ系とは全然違う。
もちろん少々お高いんです。

 

彼の言い分を納得した私は、早速彼からその自転車を借りて、
ほぼ自分のもののように乗り回していたんです。
そうこうするうちに、ある時街なかで駐輪しておいたら、無くなっていたんです。
盗まれたのか、駐輪違反かなんかで保管所に持って行かれたのか。
まあ、盗まれたんだろうとは思いましたが、
一応、市の放置自転車保管所に出かけてゆき、チェックしたのですが、ない。
1週間ほどして諦めて、彼に謝りに行きました。
彼があっさりと盗まれた不注意を許してくれたのです。

 

で、その後、その自転車の快適さが忘れられなくて、
今度は自分で購入したんですね。
で、この自転車は、その後、長く乗ったんですが、
交通事故を起こし、タイヤはひしゃげるは、車体は曲がるわで、廃棄しました。

 

もう一つは、40年以上前のことです。
その頃、上平塚にダイクマというお店がありましたよね。
今のヤマダ電機です。
で、朝早く何かの用があってその前を通りかかったのです。
するとお店の前に人だかりがしていて、何列かに分かれて並んでいるんです。
私は車を止めて、何事なのか確かめました。
要は売り出しをしていて、ある商品を破格の値段で販売するんですね。
で、その欲しい商品の所に並ぶ、というわけです。

私は特に欲しいものはなかったのですが、一つ一つをよく見てみると、とてつもなく安いんです。
で、ついでだから並んでみよう、と。
でもどうせ売り出すまでの小一時間の間待つわけですから、
もっとも金銭的に差額の大きい商品にしようと考えたのです。
欲しいかどうかではなく、そこに使う時間の価値に見合うもの、という考え方です。
で、結論は自転車の列に並びました。
確か、数千円で新品の自転車が買えたんですね。
で、買って持って帰って、もう一台あったにはあったんですが、

せっかくだから新品に乗ろうと、しばらく乗っていた記憶があります。

 

比較的最近、電動アシストに乗っていました。
ただ、その頃のものはバッテリーの持続時間が短く、出かけた途中で電池切れということがしばしばあり、
そうなるとめちゃめちゃ漕ぐのが重くなるんですね。
したがって、年中充電している、という状況でした。
何より、バッテリーを抱え込んでいる分重い。
紅谷町のマンションに引っ越してきて、地下の駐輪場を借りたんですが、
2段ラックの方式で、空いていたところが上段。
ここに持ち上げるのが大変で、結局一年ほどでその自転車をあきらめたんです。

 

で、今のっているミニベロ(車輪の直径が小さくて中央で折りたためるもの)に変えました。
すると、ともかく快適に走れるんですね。
電動アシストより軽々走る。
いや不思議ですね。性能のいい自転車はそういうものなんです。
で、この自転車は、チェーン式のカギを付けています。
4桁の数字で開錠できるやつです。

 

こんな記事を読みました。
4桁のダイヤル式の鍵を開けて自転車を繰り返し盗んだとして、
札幌市の会社員の男を窃盗などの疑いで札幌地検に書類送検した、というのです。
「本来は鍵が開かないよう、ダイヤルの数字はバラバラのはずだが、
男は「1桁目の数字を1目盛りずらすと開くことが多かった」などと供述している。」っていうんですね。

 

じつは開錠する時面倒なのと、夜の暗いところだと数字が読み取れないんですね。

したがって手探りでもできるようにと、私も一列目の数字を、1目盛りだけずらして施錠していました。
いや、危ない危ない。
この男、私のような無精者の心理をよく承知していたんですね。
これを機に、もう少し複雑な施錠をしようと決めました。
何しろ、ミニベロとは言え、そこそこの自転車なんですから。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE