水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 往路スタート | main | 野党としての使命 >>
要はリーダーの能力なんでしょうか

昨日に引き続き箱根駅伝の話。

 

ちらっとある疑問があって、調べてみたのですが、
へえそうなのか、みたいなことがいくつかあって、皆さんはご存知かもしれませんが、
少し整理してお伝えします。

まず、単純に驚いたのが、往路と復路は距離が違うんですね。
行った道を戻って来るのかと思いきや、一部少しばかり異なる道を走るらしい。
ま、大半は同じなんでしょうが、どこかで微妙に違うんですね。
で、結果として、行は107キロ、帰りは109キロなんですって。
単純に行って来いなのかと思っていました。

 

で、やはりあれこれドラマがあるんですね。
ある瞬間トップを走っていて、こりゃいけるか、などと思っていても、
トータル217キロを走破した時は、やはり強いチームは強い。
ま、分かりきったことですが、なんだかんだと10人快調な選手をそろえる、

ということ自体が至難の業なんですね、
だからこそ面白い。
その意味で、原監督率いる青学の強さは、ものすごいものがありますね。
走っているのを見ていて、危なげないでしょ。
どこかでピンチが訪れるか、なんてある種の期待をしてしまうんですが、そんなことはない。
不調になって、チームの足を引っ張るなんて選手はいないんですね。
みんなきちんと役割を果たし、期待通りの答えを出すわけです。
その意味で、正直、ドラマがないので、途中、またかの世界になってしまいました。

千秋楽を待たずして白鵬の優勝が決まったようなものです。

 

結果、私の希望した3連単は夢と終りましたが、
それでも東海大学は2位と健闘。
まあまあ立派なもんです。
で、早稲田が一時シード圏外になりそうでしたが、途中踏ん張って、7位。
まずまずの健闘でしょう。
正直これといったエースも見当たらなかったですから、
シード落ちになるのか、とひやひやしました。

残念なのは神奈川大学。
10区間、終始下位に甘んじました。
結果、16位。
来年は捲土重来を期して、予選会からの仕切り直しです。

 

さて、冒頭のちょっとした疑問とは、
復路優勝ということは総合優勝なのではないか、という事なんです。
だって、往路のゴール順に、しかも、その時間差の通り復路のスタートを切るわけでしょ。
10分を超えたチームは、一斉スタートですから、
復路の走行順と、つまり見た目と、実際の順位はずれるのですが、
10分以内の場合は、要は、日付は変わったものの、連続して走っているわけで、
見た目通りの順位なわけでしょ。
ということは、総合優勝ということは、復路優勝とイコールなのではないか、と。

ところがですね、総合優勝と復路優勝は一致しないんですね。
過去、そういう例が7回もあったんですって。
で、どうしてなのかを調べてみたのですが、
基本は、往路優勝は往路の時間がもっと早かったもの。
ま、そりゃそうですが、これは一斉スタートなので、正に見た通の順位なわけです。
ところが復路は、ご存知の通り時間通りスタートと一斉スタートが混じりますので、
ゴールへの到着順通りの総合成績とは限らないんですね。

とは言え、このようなことはあまりなく、
大体、復路の順位が総合の順位になることが多いのだそうです。

 

この往路優勝、復路優勝総合優勝のほか、完全優勝というのがあるんだそうです。
1区から10区まですべて1位通過ということです。
要はぶっちぎりで最後までタスキをつなぐという事ですね。
なさそうでありそうで、と思ってチェックしてみると、
今回、96回になるのですが、このうち42回も実現しているんです。、
まあ、ありそうなことなんですね。

 

つまり、勝てるチームというのは、しっかりとコマがそろった状態の時に勝てる、というわけですね。

要はどのようにコマを集め育てるかでしょ。
駒沢、順天堂、東洋などのように、強豪校とは言え、時に低迷することもあるわけですね。
コンスタントにいい選手をそろえるというのも、難しい。
最近の青山などは、ある種96回の歴史の中では、新参ものでしょ。
逆に言えば、看板もないのに、よくぞ選手を集め、しかも養成してきたものだ、
と思いますね。
きっと監督の力量の賜物なんでしょうね。

いいも悪いも、リーダー次第という事なんでしょうか。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 19:39 | comments(1) | - | - | - |
そうなんです、小田原、芦ノ湖間の往路、復路は共に20.8Kmで、下り6区の方が昇り5区より約13分も早いのに青学の大手町ゴールタイムは、芦ノ湖ゴールタイムより1分遅いんです。関東平野は箱根方面から途中に多少のアップダウンが有るとは言え、東京都心に向かって標高が下がり続けている筈なのに、なんでだろ〜と思いました。中継ポイントが往復路同じ場所はあり得ないとは認識していましたが、2Kmも復路が長いとは初耳学でした。ランナー、風向、風力、気温、湿度などの違いにより2kmの違いは、冒頭の13分を帳消しにするどころか、関東平野の等高線をないがしろにするんだと不承不承、納得しました。
| JFK緑川 | 2020/01/03 11:38 PM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE