水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 七草の節供 | main | GONE WITH THE WIND >>
ちょっと訳の分からない世界の話です

最近よくJFK緑川さんからコメントをいただいています。
ありがとうございます。
12月20日の最初のコメントで、暇があったら回答せよと、

このような疑問を提起されていました。
暇で、暇で、仕方ないので、回答します。
先ずその疑問なんですが、要約すると、
「時速1.600Kmで回転する地球に我々は住んでいる。

旅客機の巡航速度が1.000Km/hとするとその1.6倍。

にもかかわらず回転している実感が全く無い。
また如何に慣性の法則とは言え、

大気や雲や虹や気圧が大地や海と密着回転していて

髪の毛程もズレる事が無いのはどうしてなのか。
理数系が苦手の私が小中学時代の理科の時間で、

ぼーっとして生きていたお陰で以上の積年の課題を背負っています。」と。
確かに、その頃はチコちゃんがいませんでしたから怒られることはなかったですね。
いい時代でした。

 

ま、ともかく、答えはすごく単純なんですが、それは最後にします。

私も理数系は大の苦手。
高校時代、幾何で0点を取ったことがあって、答案用紙を返される時に、
先生から、水嶋、このままだと落第だね、と言われ、それを母に話したら、
一晩眠れなかった、と言ってました。
親不孝息子です。
なくらいですから、私もこの類のことはど素人もいいとこ。
したがって、以下は偉い学者先生の受け売りです。

 

まず、地球の自転速度ですが、ご指摘の通り、時速1670劼任后
あなたの計算にきわめて近いです。
この旅客機の巡航速度より早く回っている地球の上で私達は暮らしてきました。
しかし、もっと冷静に周りを見てみると、地球は太陽の周りを回っているわけでしょ。
地上、と言っても赤道に近い所は、時速1670劼任垢、
そもそも地球自身が太陽の周りをぐるぐる回って動いているわけです。
この回転の速度、というか、移動の速度は、107,200劼覆鵑世修Δ任后
つまり、地球の近くで一切の重力などから解き放たれて、浮遊していて、

そしてその鼻先を地球が通り過ぎたとしますね。
三島の駅に立っていて、その向こうのレールの上を「のぞみ」が通り過ぎてゆくようなものです。
この時の速度、秒速にすると30キロです。
東京大坂間550キロなら、18秒でたどり着きます。
マラソンのランナーの100メートル換算の速度が18秒ですから、
彼らが百メートル走る間に、地球は東京大阪間を移動しているわけですね。

 

で、さらにです、太陽系そのものが移動しています。
いわゆる天の川銀河の中を回転しているんですね。
天の川銀河そのものがそれなりの速度で回転しているわけです。

天の川銀河は渦巻き状で、私達太陽系はやや周辺部に位置しています。
ですから、それなりの速度で移動しているわけですね。
この移動速度というのが、時速828,000劼箸いΔ海箸任后
もう何がなんだかわからないでしょ。
例の三島駅のプラットホームに立っているとすると、
眼の前を通過する「のぞみ」は、視認する事すらできないような速度です。

 

これで驚いてはいけません。
実は大宇宙と表現しましょうか。

そのサイズすら確定できないくらいの大きな宇宙があって、
最近研究によりますと、
その中に銀河(星のグループ)が2兆個ほどあるとされています。
兆という単位でわかるとおり、だいたいそのぐらい、といいうことです。
ますます理解しがたい世界になってきたでしょ。

 

つまり、私達が属する銀河は、宇宙のホコリ程度のもので、
その中の太陽系と言っても、チリのようなもの。
さらにそこに属する地球はどうでもいいような存在でしょ。
さらにさらに、その地球の上で、ここは日本の国土だ、とか、
国境を引いて、こっちに来るなとか、
なんとなくどうでもいいことで右往左往していませんかね。

 

ま、ともかくさらにさらにすごい数字があるんです。
この大宇宙の中を2兆分の1として、存在する天の川銀河もまた宇宙の中で移動しているんですね。
その時速は、2,160,000辧
いや無理しなくていいんです。
イメージを超えているんで、ものすごい速度で移動している、とだけ理解して下さい。
つまり、天の川銀河が大宇宙の中で超超超高速で移動している
その中で太陽系が超超高速で移動し、地球は太陽の周辺で超高速で移動しているんです。
地球の時速1670劼覆鵑噸みたいな話なんです。
ざっと比較してみてください。
天の川銀河と地球の地上の移動速度の比は、
2,160,000:1,670です。
ゴーンの生涯収入と私達のそれとの差ぐらい離れているんです。
何とか理解しようとすることはあきらめてください。

 

さて、結論です。
そんなものすごい速度で移動しているにもかかわらず、
その実感がないのは、

「同じ速度で動いているからなんです。」

(ここの文章は、出来ればチコちゃんの語調で読んでください。)

 

そもそもど素人で理科系が苦手なものですから、
この程度の回答にしかなりませんでした。
説明の質の低さはお許しください。
 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:40 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE