水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< あと4000日 | main | 動物の本質 >>
エンジのジャージが躍動しました

昨日は、大学、高校のそれぞれのラグビー日本一を決める決勝戦が開催されました。
私は、早稲田・明治の大学ラグビーの決勝をテレビで観戦したのです。

 

ワールドカップを見てきたので、おかげさまで、少々ルールが理解できるようになり、
ラグビーという縁遠い競技も、かなり身近なものになってきました。
ですから、今までどうしてここでゲームがストップするんだろう、とか、
何が違反行為なんだろうとか、分からなかったものですから、
なんんとなく、要はちんぷんかんぷんの知識でしたから、
あまり見る気になれなかったんですね。
というか見なかった。
それが激変ですね。

 

ワールドカップでは、正直、念願のベスト8とか言っていて、
そのことがどれほどすごいことなのか、それ自体理解できていなかったのです。
で、結果として、その目標は達成したわけですが、
どこか心の中で、優勝したわけでもないのに、という冷めた思いがありました。
だって、しょせん、いいとこ8番目にすぎないんだろう、と。
ま、それにしても日本中が沸きに沸いて、その後テレビには、この時のヒーローたちが、頻繁に顔を出し、
暮れの紅白、M−1や、各局の正月番組では、またか、というほど出演していたでしょ。
間違いなく、ワンランク国民からの認識度が上がりましたね。

 

だからその影響もあったと思うんですが、
今までだったら、きっとチャンネルを回していなかったと思うんですが、
今回の大学選手権では、しっかりと観戦したわけです。

まあ当然ながら我が母校の応援をしていたのですが、
前半、面白いように得点を重ね、明治はゼロ点で折り返し。
後半はそうはいくまい、と思いましたが、まあ、勝ちは勝ちだろうと。
つまらぬ素人の予想は当たって、後半に入ると、
怒涛のごとき反撃にあい、早稲田は、正に崖っぷちまで追い込まれます。
しかしギリギリのところで、踏みこたえ、トライで押し返す。
また押し込まれる。
で、押し返す、という実にスリリングなゲーム展開でした。
年の初めに面白いゲームを見てしまい、

もしかしたらこれは年間最優秀ゲームになるんじゃないか、
という感じでしたね。

 

ゲーム後半、フィールドに足が吊ったり負傷したりした選手が、倒れていましたが、
なんと、その選手のところにチームから医療班的な存在の人たちが入って手当をする。
つまり、ゲーム中のフィールドに選手とレフリー以外の人がいるんですね。
普通のスポーツでは、ありえない事でしょ。
一度レフリーが試合を止めて、それらの人を招き入れると言うことはあったとしても、
なんとなく、暗黙のことなんでしょうか、トコトコ歩いて入ってくる。
いやこれは驚きでしたね。

 

ま、それにしても、肉弾相打つとはよく言ったもので、
芝生の上の格闘技でしょ。
集団プロレスみたいなところがありますよね。
だから体を壊すのは当たり前みたいな感じですね。

ついついサッカーと比較しつつ見てしまうんですが、
サッカーだと、接触があって、倒されると、驚くほど痛がって、

やられた感を演出しているような気がするんです。
ペナリティエリアで守備側に接触されて、

ことさら大げさに倒れ込むとシミュレーションと言って、
倒された方が反則になることがあります。
これは、サッカーの文化なのかもしれませんが、
やられた感を作り出すのがしばしば普通に行われるので、

いかにも過剰なものは罰しようという事でしょ。

つまり、サッカーはそういう土壌の上に成り立っているわけです。


そのサッカーの持つ土壌と、ラグビーの持つ土壌をついつい比較してしまうんですね。
その意味で、サッカーはいささか女々しい、と。
反対に、ラグビーは雄々しい、と。
まあそれぞれ反論を受けそうですが、私の好みとしては、
過剰な被害者ぶりのアピールはやはり女々しいと感じるんですね。

まあ、と言っても、接触原則禁止のサッカーと、
接触前提のラグビーの違うところを比較するのも、おかしいとは思います。
そこは十分に考慮したうえでも、
やはりラグビーの雄々しさは、

他の競技に比べて頭一つぬきんでているんじゃないか、という気がします。

 

ま、何より久々の優勝、我が母校の後輩を称えたいと思います。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:58 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE