水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 動物の本質 | main | 一つの民族 >>
もともとみんなのもの

地球が一つの独立した星となったのが46億年前。
で、その後、当初抱え込んでいた熱が放出され、

冷めて固まった表面は地殻を形成します。

一方、有り余るほどのH2Oが、熱で蒸発する、雨となって地上に降り注ぐ、と、
これを繰り返し、海を形成します。

つまり地球は海と陸に分かれます。

海には、雨とともに流れ込んできた多くの元素がさらに複雑にまじりあって、
生命体を生み出します。
生命誕生のストーリーはいまだ説が定まっていませんが、
まあ、そこはなんとなくそうなったで、次に行きます。
で、昨日も書きましたが、単細胞から始まって、原始生命が、それなりに発達してゆきます。
地殻は、まだ固まりきれないマントル層の上で、流動的に動き、
いわゆる陸地を漂流させます。
もっとも現在の形の陸地も、1000万年とか、1億年とかの単位では、
相当に様相を変えているはずです。
もしかすると、かつてのパンゲラ大陸のような超大陸を再形成する可能性すらあるはずです。
もっともその頃には人類は絶滅しているんじゃないか、と思うんですが。

 

ま、ともかく、太陽のエネルギーやら、様々な元素の働きやら、宇宙を動かす重力や、電磁気力等、
地球の環境に大きく影響する様々な力の拮抗の中で、地球は何度も何度もその姿を変えてきました。
そもそもの始まりは、マグマオーシャンと言われ、熱い溶岩が地球の表面を覆ってました。
やがて、水が地表を覆い、ほとんどが海だったころもあります。
また、太陽の黒点活動の影響とか、いろいろ推測されていますが、
大氷河期がやってきて、全球結氷という、氷で覆われた時もありました。
様々な変化の中で、生命は時に環境に応じて対応し、
次なる地球環境に適応できた種が繁栄するという生命の進化を成し遂げてきたのです。
ちなみに、陸上に生命が這い上がってきたのは、4億年前と言われていますから、
ずいぶん長い間、海中でも生活が続いていたわけです。

 

さて、それが海中であれ、陸上であれ、生物は環境に応じて生き残り作戦を展開し、
その作戦に勝ったものが次なる生命を引き継ぐ権利を得てきたのです。
まあ、まちがいなく、生存競争が行われてきたのですが、
その中でも人類は独り勝ちに近い成果を得ました。

 

まずは、とりあえず地球を平定した人類ですが、
今度は、人類の中での生存競争が始まりました。
そして、地球上のさまざまなものを所有しはじめます。
分かりやすく言えば、陸地は、原則誰かのもの、ということになっています。
権利としての所有者がいるわけです。
まあ時に国だったり、企業だったり、個人だったりしますが、
必ず誰かのものになっています。

ある土地が欲しいという人が、その土地の所有者に金を払って自分のものにします。
ごく普通のことでしょ。
でもその、もともとの所有者というのは、なぜその土地の所有者たりえたのでしょうか。
それはある人から権利を受けたからです。
ではその権利を持っていた人は、という風にと、その先、先へ辿ってゆくと、
何千年前かはわかりませんが、誰も権利を持っていなかった時があったはずです。

 

よく昔の西部劇で見たのですが、広大な土地に入植してきた人を新たな所有者にしようと、

一か所に集め、あるルールに従って、一斉にスタート地点を走りだし、

目指すところに旗を立て、ここの土地は自分のものだ、と主張すると、その土地の所有者になれる、
それが公的に認められる、という、ウソかホントか、

とんでもないシステムで土地の所有者を決める、というシーンを見たことがあります。
つまり、その競争が始まる前は、誰のものでもなかったんでしょ。

 

さて、このように土地が誰のものでもなかった時代は、
要はみんなのものだったんですね。
その土地で棲んでいる獣を狩るのも、森の中で実っている果実や木の実を採集するのも、
誰の土地というわけではないですから、誰がどうしようと勝手な話だったわけでしょ。
そう、みんなのものだからです。

 

海を回遊する魚も、基本的にはみんなのものです。
地中から湧き出てくる石油も基本はみんなのものです。
いうならば、誰もが吸っている酸素もみんなのものです。
誰かが独占的に権利を持つことは不可能です。
しかし、人類が生存できるためのさまざまな要素が、

いつの間にか、誰かのものに変わってきました。
一体何の権利でその所有を主張出来るんでしょうね。
所有を認めた権限そのものも、考えてみれば誰なのか、となりませんか。、

ともかく、すべてのものが、誰のものでもなかった時代があったわけです。
色々考えてみれば、この所有権というものが、人間の醜さにつながり、
あらゆる争いの原点になっているとは思いませんか。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:57 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE