水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 何でそんなに働くんだ | main | 大人たちよ、ぼーと生きてんじゃない >>
騒ぎすぎだろ

だって、神様は私たちをそのようにお作りになったのではないですか。
と、私は思わず言いそうになります。

 

ここに来て、テレビのワイド、ネットのニュースなどでは、
さる芸能人の不倫疑惑(というか確定でしょ)で、
あれこれその経緯を根ほり葉ほりしています。
なんか毎度のことですね。
あんなにいい女を射止めたのに、何年かすると、浮気をする。
で、ばれると、それまでのそれ以外の不満を積み重ねて、かみさんが尻をまくり、離婚騒動になる。
いつもの不倫劇場が幕を開けるわけです。
あっちの言い分こっちの言い分、世間は興味津々でその情報に耳そばだてる。
全くいつも通りでしょ。

離婚につながるような不倫も、闇から闇へ葬り去られるようなプチ不倫も、
実は特別のことではないのかもしれませんね。

 

そもそも地球の上の生命は、二つの使命を負っています。
というか、命とはそのためにある、という意味です。


一つは個の生存です。
食べて寝て、生存競争に打ち勝つ、という使命です。
これを本能とも言います。
もう一つはDNAの継承です。
自分の系列を主に、結果として種の維持をする使命です。
当然ですが人間もこの二つの本能、使命を抱えてこの世に生まれてきました。
で、これを大前提に、DNAの継承を考えてみますと、
まず男と女が必要でしょ。
合体して次の生命を作りだすわけですから。
で、この生物としての使命を果たすために、男は何をし、女は何をするのか、ということですね。
それぞれ特性があるので合体時はともかく、そこに至る経緯は異なります。
男の特性、女の特性が異なるということですね。

 

冷静に客観的に男女の性差を考察してみましょう。
その視点の基軸となることは、確実にDNAを継承する、ということです。
単純な基準で考えてみましょう。
まず、男は精いっぱい努力をすれば、DNAの継承、つまり子どもを作り出すという事で、

一年間で何人ぐらい可能でしょうか。
女についても同じことで、一年間で何人ぐらい可能か、と言うことです。
女は分かりやすいですね、一年間で一人です。
で、男はと言うと、微妙になりますが、元気だったら、10人やそこいらの可能性はあるでしょ。
豪傑だったら、100人かもしれない。

 

ニホンザルの群れにはボスざるがいて、その周辺のメスが取り囲んで、
ボス一匹で、群れの繁殖を賄います。
ですから、誤解しないでください。
単純に動物的な可能性としたまでで、現実はどうかということではありません。
つまり、1対100の基本的な可能性の違いがあるんです。
そこで、女はどうするかというと、きわめて少ない機会しかないので、
どうでもいいとは思わないんですね。
やはりDNAを継承するうえで、優秀な子孫を作り出したい。
そこで、優秀な男を探すわけです。
つまり女は選ぶんです。
一方、男は下手な猟師も数撃ちゃ当たるじゃないですが、
ともかく自分のDNAを幅広くまき散らす。
で、多少の歩留まりが悪くても、数の多さで成果を期待する、という事なんです。
ですから、選ばない。

この原則があるんですね。
なんか不倫と言うと、男の専売特許風に考えがちですが、神様がそうしたんです。
そういう本能を与えた。

そもそもが、結婚という男女一対一の形態は、後年人類が手にした後天的な進化の一つに過ぎない。
本能ギリギリの視点で見てみれば、一夫一妻というのは多少の無理があるんですね。

逆に女の不倫はないのか、というと、これまた普通にあるでしょ。
だって男が不倫することに対応しているわけですから、
100人の男が不倫したら、100人の女が不倫しているわけです。
ペアで成り立っているわけですから、実態はそうなんです。

 

何より、ニホンザルの群れの中で、さる研究者がDNAのチェックをしたら、
ボスざるの子を身ごもる雌ざるは、全体のほぼ50%というデータがあります。
なんだかんだと雌ざるも、そのへんの若い雄ざると出来てしまうんですね。

実は半数がボスざるのDNAを継承し、半数がその辺の若い雄ざるのDNAを継承することは、
極めて正当な事なんですね。
まずはボスざるのDNAだけになると、近親交配の可能性が高まり、遺伝子の質的劣化はいずれ表れる。
さらに、ボスざるの偏った資質が拡大してしまう、ということになります。
この二つの問題を解決するのにも、半数が他のオスのDNAを継承するのは、
極めて正当な理由があるんですね。
雌ざるの半分はそういう行動をとるように、本能的なセットがされている、と考えられるんです。

いかにも不倫肯定のようにとられるかもしれませんが、
そもそもの根底がどのような要因で構成され、なぜそうなるのか、を考えれば、
目くじら立てて、聖人面して、コメントしているテレビのコメンテータの浅はかさを感じるんですね。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:16 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE