水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 正しい判断のための判断 | main | 日本の民主主義度 >>
ウイルスの生物学的特性

今、お騒がせの新型コロナウィルスですが、

要はウィルスとして新登場と言う事でしょ。

今までわかっているウィルスの種類は、約120種ぐらい。

で、外観的な特徴で分類されているのですが、

どうも実態がよく分からい。

そこで、未分類という領域が結構あるんですね。

コロナウィルスと言うのは、すでに分類登録されているんですが、

こんかいのはその新型、と言うことです。

 

で、厄介なのは、このウィルスと分類される連中の素性が、
どうも、そもそも分かっていないようなんです。

以下、ウィルス学者のネット上の言葉です。

「Virus・ウイルスは進化の系統樹に示されていない。
またどの界にもどの超界にも属さない。

(界とか超界とかは分類の段階的なレベルのことです。)
ウイルスはDNAあるいはRNAの断片がタンパク質に覆われた単純な構造をしている。
ウイルスは生物の特徴の多くを欠き、生物と無生物の間に位置するグレーゾーンの存在である。

(いやどう考えても生物でしょ。無生物とは考えられない。)
ウイルスは他の生物との進化上の関係が明らかではない。
生物かどうかを決めることも困難で、

生きているのかそうでないのかを定義するのも困難である。」ですって。


つまり、私達人類は、地球上の生命体について、それなりの素性を調べ上げてきました。
大雑把には、動物界・植物界・菌界に分けてきました。
もっともこの菌界と言うのが、やたら複雑で、何を基準に分類するのか、
と言う戸籍調べの方法論そのものが不確定なんですね。
挙句の果てに、ウィルスと言う存在は、

やたら小さいので、電子顕微鏡でなくてはその姿を確認できない。
ま、一言で言えば目に見えないものなんです。
それだけに、生命活動的な根拠すら見いだせない。
ですから、ウィルス学者の先生がおっしゃっているように、
他の生物との進化上の関係が分かっていないんです。


多分ご覧になったことがあると思うのですが、この地球上の生命の系統樹のような模式図、
たとえば、ホモサピエンスの枝があって、

そのちょっと前にネアンデルタールの枝分かれがあったり、
途中クロマニヨンの枝があったり、
溯れば、チンパンジーやオランウータンなどの類人猿との分岐があったりなどの
すでに絶滅した種も含めた、生物進化の履歴を樹木の枝のように書いたものです。
言い換えれば、38億年前に地球上に誕生したらしい生物の原始的な形態から、
徐々に複雑な形態になってゆくプロセス、まあこれを進化の過程と考えるわけですが、
その一連の流れから考えて、一体、ウィルスと言うものはどこに位置するんだろうか、

ということです。


要するに、私達が理解している生物種の基本的条件に当てはまらないんですね。
とは言え、もっとも原始的と言われる単細胞の生命体であれ、
細胞膜があって、DNAがあるんですね。
で、これに近いとはいえ、どのような生命活動をしているのかが定かでない。
もしかすると、生命の基本である単細胞と言われる細胞以前なのかもしれない。
ま、詳細は学者先生にお任せするにして、
現状、私達が認識できるのは、

すくなくとも、私達の概念の生命体の条件が不十分な生命体である、と言う事なんですね。

 

いやいや厄介でしょ。
もしかすると、どこかの星からやってきた生命体かもしれない。
その星では十分に進化することができなかった。
でも奴らウィルス連中にしたら、まあ、ともかくなんとか子孫を残し、
いずれじかんをかけて、もうちっとましな生物に進化しましょうか、

という風に考えているのかもしれない。
ともかく、さしたるアクティブな活動をしない代わりに、

多少の劣悪な環境でも生き延びることが出来ればいいじゃないか、と。

ですから、
星のかけらに乗って、宇宙空間を漂い、たまたま地球に到達した、

なんてことも想定できないわけでもないでしょ。

そもそも地球上の生物は、これが菌類であれ、生命活動を持続し、種の繁殖をすることが
大テーマなわけですから、
これから考えると、実は、このウィルス連中も同じテーマを抱えているらしい。
ただ微妙に動物、植物、菌などの生体とはずれがあるらしいんですね。
とは言え、やはり生命の大原則、大いなる繁殖を目指していることには変わりがない。


ただ、彼らは、どうもパラサイト的生命活動が基本らしく、
宿主に取りつくことを巧みに生態化しているようでしょ。

視点を変えれば、人類に挑戦してきた新たな生命体、と考えられないでしょうか。
怖いのは、奴らの戦略の方法論は、ただひたすら数で勝負ということです。
まあ、人間の体には、免疫と言う防御システムがあるわけですから、
ちっと我慢すれば、この新たな戦いに勝ち残れるとは思うのですが、
ま、いずれにしても目に見えないやっかいな敵に、人間が築き上げてきた経済と言う文明が、
いささかダメージを受けそうなことですね。

 

| 水嶋かずあき | - | 10:58 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE