水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< プチダイエット | main | 恐怖の感染拡大 >>
洋の東西を問わずどうもそうらしい

今から20年前のことです。
東京の原宿にサルティンバンコという、いわば現代サーカスとでもいうような興業がやってきました。
内容は、ちょっとした器械体操的なひやひやものの曲芸と、
ピエロなどが登場し、笑いを誘うようなソフトなステージとが、交互に展開されるものです。
確かに、手に汗握るような極限の動きのものをみると、いささか緊張で疲れてきます。
で、そのあとに、心和むようなコメディタッチのちょっとした場面展開があるんですね。
硬軟というか、甘辛というか、バランスが絶妙だったので、
その演出に感心した覚えがあります。

 

延々と続くプログラムですので、4〜5回はピエロが登場するんですね。
これには、一つのパターンがあって、何やらおどけた動作をして笑いを取るのですが、
この中で、観客を指名して相手をさせるという手が使われます。
まあ単純なところで、ステージからボールを投げる、それを取らせる、といった程度のものです。
でも、指名されたらその場で立ちあがる。
そこにスポットライトが当てられる。
まあ周囲から注目されるわけですね。
これって、やはり恥ずかしいでしょ。
ですから、何が理由か分かりませんが、指名されておずおずと立ち上がる人を見ながら、
まあなんと不幸な事か、と思っていました。
間違っても俺なんか指名するなよ、と。

 

で、何回目かの時です。
観客席の通路を何やらパントマイム風の動きをしながら、
行ったり来たりしているんですね。
要は、観客の中からターゲットを探しているんです。
で、私が座っている通路にやってきました。
ちょっと嫌な予感がしたんですが、幸いかな、私のところを通過しさらに後部の席に向かったんです。
ちょっとほっとしました、やれやれです。
すると、なぜか突然と後ろから肩をたたかれました。
振り返るとピエロが立っている。
で、立ち上がれというんですね。
すでにスポットは追いかけてきていて、私は光の輪の中にいました。
こうなると、閻魔さんとサタンが一緒にやってきたようなものです。
えいや、っと覚悟を決めた立ち上がりました。
隣に座っていたかみさんも、双子の娘たちも当惑したような様子です。
ピエロは上着を脱げ、と指示。
これに従いスーツの上着を脱ぎ、シートに置くと、後について来いというんです。
ちょ、ちょと待て、ボールのやり取りじゃないのか、と。
でも、もう覚悟を決めたので、ピエロにしたがってステージに向かったのです。
ステージは3段ほどのステップがあり、ちょっとばかり高く設営されていたんですね。
この階段を上がるとき、ピエロは私を見ると、いいか、よく見てろよ、私がやる通りにするんだ、
ということをジェスチャーで示したんですね。
私は、分ったという仕草をしました。
ピエロは階段を音を立てて駆け上がったんです。
この時、口元にあるマイクに向かって擬音を出すんですね。
いかにも、階段を靴で踏み鳴らすような音です。
で、自分が上がると、振り返って上がって来い、と。
私は彼がやった時と同じリズムでやや大げさに階段を昇りました。
その時、ピエロは、擬音を付けたのです。
たったそれだけのことですが、観客は大笑いをしたんです。
いやこんな単純なことで受けるのか、と。
それからは、受け狙いのカズさんですから、もう調子に乗りまくったんですね。
数千人の観客に見られているなんて意識は無くなっていました。
で、あれこれ、パントマイムをするのでそれをなぞる。
そのたびに受けて笑いが出る。
ま、いろいろあって、15分ぐらい。
長い長いステージでした。
最後に、なぜか決闘をすることになったんですね。
手には拳銃が握られている、という設定です。
で、二人は間合いを測る。

結構真剣でした。
ちょっとした動きがあったので、私は銃でピエロを撃ったんです。
彼は倒れました。
ところが、その動きは胸のハンカチをとろうとしたんだ、という仕草をするんです。
いや、しまった早まった、と結構マジに思いました。
すると倒れているピエロが、銃をとりだし狙いを定めてたんですね。
私は撃たれると思いました。
いや、まずいな、と。
で、ピエロは引き金を引く。
もちろん擬音で、バーンと音を付けるんですね。
私は弾に当たってしまったんです。
でも倒れません。
その場で傷口に指を突っ込み弾を取り出して、食べてしまったんです。
まあそういうジェスチャーをしたんですね。
ピエロはびっくりしてました。
今まで何十回となくやってきたこのシーンで、平然と生きていたのは私ぐらいだったんでしょうね。
で、私はまだ撃ってくると思い、次の対策を考えました。
とっさですが、これはよけるしかない、と。
で案の定彼は2発目を撃ってきたのです。
予定通り、体をそらせてこれをやり過ごしました。
2発目を避けられたので、3発目が来るな、と。
でもよけ続けていては、らちが明かない。
そろそろ終わりにしようと、最後の手を考えました。
思った通り3発目を撃ってきました。
で、これは、股間に当たったことにして、思わず股間を両手で押さえたのです。
すると、ピエロは申し訳なさそうな顔をして、手で、ジャンプしろと、上下に何回か手を振ったんですね。
そこで私は股間を押さえたまま、ステージの上でぴょんぴょんと跳ねたんですね。
もう会場は大笑い。
ここでこのステージは幕になりました。


この時思ったんです。

日本でも、外国でも、玉に衝撃があった時はぴょんぴょん跳ねるんだな、と。

ネットの記事で、このあたりが詳しく解説されていました。
専門的には、睾丸脱出症という症状があって、これを防ぐために跳ねるんだそうです。
まあ、これも知恵の一つですね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:34 | comments(2) | - | - | - |
水嶋さん、サルテインバンコの武勇伝素晴らしかったね、思わずスタンディングオベーションしましたよ!サルテインバンコ側は心地よい敗北感を覚えたに違いなね。それどころか演出家として契約して欲しかったと思いますよ。

空気を無視したコメントで済みませんが、時事コメントは賞味期限があのでご容赦お願いします。

私はイギリスのヘンリー王子の王族離脱にエールを送っています。
王族に生まれるのと一般人に生まれるのとでは、天と地の差が有ります。
王は勿論、王族は物心ついたかつかない時から、
格式、貴賓、接遇、振舞い、所作、など途方もなく広く、深い範囲で永遠に自他共にコントロールされ、自己抑制を強いられます。
加えて際限のない量の国事行為をこなします。
一体誰が左様な人生を望むでしょうか?
我々下々は王族になりたいとは思わないが、王族は下々の自由奔放な人生を羨んでいる筈です。
人間の基本的な欲は、食欲、性欲、自己保存欲でありその満足度を満たす為に生活してる訳ですが、王族は唯一の例外であり拠り所を求める対象が無いという、誠に気の毒な人生ではないでしようか?
私がヘンリー王子であったなら小学校を卒業するころに、エリザベス婆さんに「私は普通の人生を楽しみたい、除籍でもカンドウでも追放でもして欲しい」と迫るでしょう。
21世記、前代未聞の王室離脱に挑んだヘンリーの勇気と「人生選択の自由」宣言に惜しみない天晴れをあげようではないか!
| jfk jfk緑川 | 2020/03/08 1:54 PM |
JFK緑川殿へ
サルティンバンコでの話です。
ステージに引っ張り上げられたときは、まだまだ羞恥心が強く残っていて、いやとんでもないことになった、とどぎまぎしていたんです。で、ある瞬間に、そういえば、学生時代に気のいい悪魔の悪いひげで、学生たちが歌を歌う傍らでパントマイムをする役をやったな、と。
ありありとその時のことを思い出したんですね。
ということはこれはその延長じゃないか、と。だから、見ている人はちっとばかり大人数だけど、人前でパントマイムまがいのことをやるのは、実は経験者なのだ、と思ったんですね。
とその瞬間から、なめんじゃない、おれだって、ぐらいの気構えになり、冷静に場を読むことができるようなったんですね。
というか、どうすれば受けるか、まで考え始めたのです。
まあ、実に充実した15分間でしたね。
まあそれにしてもたかだか観客の飛び入りで15分というのは、異例の長さでしょ。
| mizsusima | 2020/03/09 9:39 AM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE