水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 七夕どうなる | main | コロナ感染の実態 >>
空気感染するらしいって

何だか、この甘辛問答もすっかりコロナウィルスに関するコメント集になってしまいました。


実は、できるだけこの話題は避けようと思って、

結構無茶ぶりをしつつ他の話題を取り上げてきたのですが、
何しろ世間ではコロナの話題一色でしょ。
どうしても、そこに意識が行ってしまうんですね。

 

で、素人ながら、この騒動を見ていて、色々感ずることがあって、
多少専門家の見解とは違っていようと、感覚的に筋の通る理屈を見つけ出して、
書いてきましたが、そら見たことか、ということが今日発表されていました。


それはこのブログでコロナを扱ったごく初期のころの内容です。
私は、武漢から始まったこの騒動の経緯を聞いて、どう考えてもこれは空気感染だろう、と思っていたのです。
医学的知識、まして細菌学的な素養などかけらもないのですが、
濃厚接触とか、飛沫感染とか、色々と、要は保菌者と非感染者の距離のことが話題になっていたものの、
基本は空気感染じゃないの、と思ってました。
2月1日のブログに書いています。

 

で、ここの認識は、感染経路の拡大の判断に関わるわけです。

つまり奴らの手段を知り、それを断ち切ることが拡大を縮小させる手段になるわけでしょ。

にもかかわらず、その感染手段を見誤っていたら、多少なりともその対応に狂いが出てくるわけです。
つまり、接触が前提なら、ある程度その経路をつぶせる。
また、飛沫感染の場合でも、いささか範囲は広がりますが、
それでも半径数メートルとか、限定できるわけでしょ。
でも、空気感染となると、この感染範囲が桁違いに広がるわけです。

対応策としては異次元の対応が求められるわけですね。

 

空気感染の可能性を示唆した米国立衛生研究所を主とした研究者のグループがそのレポートを公表しました。
それによりますと、実際にコロナウイルスを使用して実験を繰り返し、
空気感染によって感染は起こりうるとの結論を出しているのですね。
これまでコロナウイルスの感染経路は主に接触感染と飛沫感染の2つが挙げられていて、
空気感染は考えにくいと、専門家は言ってきたんです。
厚生労働省のホームページでも、

「国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられる」としています。
つまり、あの時点での判断はやむを得なかったと思うんですが、

それにしても、厚労省にはコロナウイルスに関する、科学的データとか、

科学的予見というものが、なかったのでしょうか。
ま、せめている訳ではありません。


問題は、予見の能力に欠けているという事なんです。
なぜなら、素人の私ですら、どう考えても空気感染の可能性あり、と考えたのに、
まあ、ことを丸く収めようとしたのかどうか、空気感染を否定してきたわけでしょ。
ここでの判断ミスは、冷静に考えれば、対応策が根本で間違える、という事なんですね。

 

だって、接触だの飛沫だのと言ってる時は、実に限定された空間の管理で済むわけでしょ。
でも、空気感染となったら、これはけた違いな防疫体制が求められる。
もしくはもうコントロールできなくなるから、抑え込みは二の次にして、
正に対症療法、症状の出た人の治療に全精力を傾ける、ということになるでしょ。
政策の根本が変わるわけです。

 

最後の最後は、人間が生物としてこの地球上に登場して以来、
様々な感染症と戦ってきましたが、一応勝ち抜いてきた。

ま、だから今いるんですが。
それは、ひとえに、私達の体内に組み込まれている免疫機能によるものなんです。
ですから、そこを信じて、免疫力が最後の砦だ、という認識を持つべきなんですね。
マスクも結構ですが、免疫力が十分機能できる体調を作り上げることです。

 

以前も触れましたが、人類最大の感染症の戦いは14世紀にヨーロッパを中心に大流行したペストだと思うんです。
この致死率は、地域によっては時に90%にもなったと言われています。
もうほとんど、全滅寸前ですよね。
この時に、90%の人が死亡する、という見方もありますが、
私は、10%の人が生き残ったと考えるべきだと思っています。
これは、10%の人が感染しなかったのではなく、感染したけど生き残ったんですね。
これが免疫力です。
ですから、このようなコロナ騒ぎの最中で、必要なことは、もちろんマスクに手洗いなど、
基本的な公衆衛生的行為は必要ですが、最後の最後は免疫力なんです。
この強化です。

 

さて、アメリカの研究チームのレポートによれば、
生きたコロナウイルスはエアロゾル化後、3時間まで生存する。
つまり、空気中に放出された場合、3時間ぐらいは生きているということです。
でも、放出されたウィルスがどこかに浮遊しつつたどり着くわけですが、
そこが、銅の表面では4時間、段ボール上では24時間、
プラスチックやステンレス・スチールの上では2、3日の間、生存していた、と言うんです。

こいつらは、毒性は確かにそれほど高くない。
でも、ステンレスの上では3日も生きていたというんですから、長寿型なんですね。
ここが問題なんです。
ですから、この長寿型であるが故の再発の可能性とかを考えると、
人間と人間の間と行ったり来たりする可能性大なわけですね。

 

やはりちょっと厄介タイプの敵が登場してきましたね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:13 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE