水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< がんの生存率 | main | 何のための投資なのか >>
子どもの喧嘩

最近、どういうわけか、子供のころに歌った下品な歌や、人を侮蔑する定型的な言葉など、
何の罪の意識もなく口にしていたことを思い出します。
例えば、でぶでぶ百貫でぶ、電車にひかれてぺっしゃんこ、とか、
お前のかあさんでべそ、とか、何の意味があったのか、
他愛もないことで、人をはやし立てたもんです。
まあ、一種の遊びですよね。

 

ところが、このあそびが、大人になると、誹謗中傷となるわけです。
特に、ある国に対しての誹謗をするというのは、歴史的にも、伝統的な人間の行為のようです。
十分な例が思いつかないのですが、
例えば、ダッチワイフという言葉があります。
そうご存知のものですよね。
で、どうしてダッチなのか、です。
そもそもダッチはオランダの蔑称ですが、まああまりいいニュアンスでは使われない。
ですから、どこかの国がオランダをからかったり、見下したりするために
まともな相手を得られないやつがする性行為として、

ダッチを付けたんじゃないか、と思うんですね。
このダッチは明らかに軽蔑の意味が含まれています。


フレンチ・レターは英国人がフランス人をからかう言葉です。
意味はコンドームのことです。


日本にもこの類の言葉はありますね。
私の印象では、隣国韓国に対するものが多かったように思います。
あのころは、統合下にあったので、多少の優越感による、侮蔑的言葉が多く使われたのだろうと思います。
まあ、日本民族もその点はなさけない限りですね。
さらに、中国へも、日清戦争での戦勝の結果、同じように優越感を持っていたんでしょうね。
侮蔑の意味とは思いませんが、CHINAを支那という呼び名を使い、
例のラーメンに入れる竹の子は、シナチクと言ってたでしょ。
実は、これ、中国から文句を言われたのです。
支那という呼び方はやめろ、と。
併せてシナチクもやめろ、と。
そこで、シナチクの大手メーカーが頭を悩ませた挙句、メンマと名付けたのです。


それを言うなら、トルコ風呂がそうでしたね。
トルコの青年がどこかの新聞に投稿し、私の国の名前をいかがわしい場所に名づけている、と。
で、全国のこの業態の組織で、新名称を募集し、いまのソープランドに変えたんですね。

 

まあそんな意味で、良いイメージならともかく、品がなかったり、汚らわしかったり、
その根底に侮蔑的な意味があったりすると、

それをいわれると、該当する人たちは、嫌なもんなんでしょうね。

 

その意味で、私はインフルエンザの呼称で、A香港型とかいうウィルスがありますが、
あれって、香港の人はどう思っているんだろう、と。
もう一つ、ソ連型というのもあります。
もうこの地球上には存在しない国ですよね。
かといって、今のロシアがその名前を継承しましょうとかは、ない。

 

で、今度のコロナウィルスは、地域名を付けると話がややこしくなるので、

何やら記号のようなものを付けましたが、それと
よせばいいのに、アメリカの悪口大統領が、中国ウィルスとか呼んでいるでしょ。
中国は、まあ正直、発生源なんですから、聞き流せばいいものを、
減らず口中国の政府が、これに反発。
それより、
そもそも武漢にアメリカの軍人がウィルスを持ち込んだのだ、という
とてつもない物語を作り上げたんですね。
アメリカは、それを聞いて、濡れ衣もいいところだ、とばかり、

敢えて中国ウィルスという言葉を多用する。
また、中国が反論する、と、
まるで子供の喧嘩みたいでしょ。


で、トランプが、「中国ウイルス」と呼ぶことについて、

「人種差別ではない」と主張し始めたんですね。
トランプの頭の中を割ってみてみたい。
問題はそんなことではないでしょ。

中国は人種差別を受けた、とは感じていないはずです。
単純に、中国を貶めるような発言に反論したんでしょ。
だったら、人種差別でない、なんていいわけは、かえって、勘ぐられるでしょ。

 

まあ、どっちにしても、それどころじゃないわけだから、
お前の母さんでべそ、と言われようとなんだろうと、

聞き流して、今、人類の強敵が現れたんですから、2大強国が協調してこの問題に対応すべきでしょ。
どうして政治家ってのは、このように頭の悪い人がなってしまうんでしょうね。
不思議ですね。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 16:08 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE