水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 人のたばこで死者1万5千人 | main | 大同団結の時じゃないのか >>
これを機に
ついにコロナ騒動の大波が足元まで押し寄せてきました。

一つ、七夕祭りが中止になりました。
昨年、飲食店有志の方々に協賛していただき、 豪華な飾りを掲出しよう、ということで、
およそ、2か月近くかけて大作を作りげ、何とか昼の部、夜景の部の準特選を獲得しました。
もう当然のごとく、今年もやるぞ、と。
何しろ、七夕かざりは、私の場合、来年はどうしよう、と思いながらその年の作品を今年作っているんです。
ですから、飾りを引き上げ終わった瞬間に、頭の中は来年の構想を描き始めるんですね。
まあ、一言でいえば、まさに一年がかりなわけです。
それがここにきて中止。
私の取り組み方だと、当然ですが、図面はとっくに書きあがっていますし、使う素材のリストもできている。
予算書もすでにできている。
さらに一部は装飾系のものは購入済み。
ですから、正直めちゃくちゃ残念ですが、これは仕方ない。
今まで準備した内容は、来年に持ち越せばいいことですから、
まあその分のんびりできた、とポジティブに考えるしかないでしょ。
それこそ、構想2年、製作費130万円、という大作を来年にはご披露します。
で、大波被害は、わが商売にもろにやってきました。
昨日からお店を休業にしたのです。
まあそうそうありえないことだと思うのですが、
万一でもわが店のお客様に感染者を出してしまったら申し訳ないでしょ。
これは注意すればいいという段階を超えていますからね。
唯一、お店を閉めるといいう以外に方法はないでしょ。
まあ、幸いかな、私のとかみさんの年金で、かつかつでよければ一家は食える。
休業によって、家賃だの、パートさんへの補償だの、多少の出費はありますが、
感染者を出さない、という以上のメリットはないでしょ。
でも、正直痛いですよね。
ということで、もともとひまだったのが、七夕づくりのスケジュールはなくなるし、
店は閉めたので、補助的な仕事はなくなるし、で、すっかりやることがなくなってしまったんですね。
一昨日なんか、一歩も家から出ませんでしたから。
そこで、じゃあやってみるか、と、昨日は梅や駅前館の5、6階のダイソーに行ってきました。
で、あちらこちらぐるぐるまわって、まずゴムひも、それとグルーガンを買い求めたんですね。
グルーガンというのは、電気で加熱したところを、蝋状の接着用の素材があって、
これを押し出しながら溶けた溶剤を接着部分に着けるんです。
まあボンドの代用品と考えればいいでしょうか。
熱が冷めれば接着しますから、工作用としては手軽なものなんですね。
で、家に帰ってから、なんとなくストックしたあった布の類を出してもらい、
それで手づくりマスクを製作してみたのです。
ネットでは、手作りマスクの作り方、みたいなページがたくさんアップされているそうで、
それを参考すればよかったのですが、
まあいずれにしてもそんな複雑な構造でもない、と、
勝手に作ってみたんです。
耳にゴムひもをかけてみればそれなりにマスクなんですが、どうもあちらこちらに隙間はあるし、
100%手作りと思えるような不格好なものができてしまったんですね。
そこで、少し工夫をしてみようかと思っているんですが、
きっと、10個やそこいらは手探り状態でできてしまうと思うんです。
ま、いずれにしても、マスクがないとか、買いに行っても売り切れとか、
挙句の果てに一家に二枚マスクを配布するなんて
馬鹿なことを言い出す安部ちゃんの政治センスを疑うコメントとか、
まあ世間はうるさい限りですが、JFK緑川さんのコメントのように、
ようは手作りを前提にすれば、このマスク騒動はいくらか下火になるはずですよね。
で、心配事は次から次へとやってきます。
まず私が会長を務めています平塚市飲食異業組合連合会ですが、
いつもですと、市長をはじめお歴々をご招待し、結構派手に総会を開くのですが、
今年は見送り。
理事だけの最少人数での総会にしようと考えています。
また、5月の半ばに、わが美術集団、すさ美会の会展が美術館で開催されるのですが、
これをどうしようかと思案中なんですね。
もっとも基準は美術館が開いている限りは開催しようと考えています。
昨日も幹事さんから、開催についてどう思うか、という問い合わせの電話がありました。
私は、美術館しだいだ、と。
そりゃそうでしょ、開きたいと考えてもその会場がなければ不可能ですから。
その幹事さん、大丈夫かな、と感染拡大の不安を口にしたんですね。
大丈夫だよ、うちの美術展で「密」状態になるような来場者はかつていなかったじゃないか、と。
所詮、ぱらぱらのお客さんだから、そんなに心配はない、と。
幹事さん笑ってました。
もうこうなったら、腹を据えましょ。
いずれなんとかなる、と。
そして、ここで生まれた時間を有効に使いましょ。
かみさんは読書する、と言ってました。
それと少し雑然としてきた部屋の整理整頓、断捨離をしよう、と。
私は私である計画を立てました。
その中身は秘密。
ま、いずれにしても落ち込むことなく、前向きにコロナに立ち向かいましょ。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:53 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE