水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 最後の砦は免疫力だぞ | main | なかなか手ごわいぞ >>
偽陰性という伏兵
実は前々から不思議に思っていたことなんですが、新型コロナ感染の検査で、
PCR検査という方法が、なぜ拡大しないのかと様々に取りざたされています。
で、マスコミとか、いわゆる世間の噂とかでは、雑音の如く、なぜもっと検査しない、
という非難が渦巻いていますね。
感染症の専門家などで構成されている専門家会議などでも、当然出てきているはずの、
検査数の拡大ということも、実際にははかばかしく進んでいない。
検査キットはそこそこ用意されているようですが、
実際検査実態数はそれほど上がっていない。
なんだこれは、と思いませんか。

もっと多く検査して、軽症のうちに手を打てないのか、とだれもが思いますでしょ。
私もそう思っていました。
で、これはきっと、保健所を経由するというシステムが障害になっているんじゃなかろうか、と。
だって、妙と言えば妙でしょ。
そうしろと言われていますから、まずは保健所に相談するわけです。
すると、どのような症状ですか、と聞いてくる。
で、昨日から発熱があり、体温は7度5分ほどです、と。
当然それ以外の症状、息苦しいとか、味覚嗅覚が正常・嗅覚が正常か、とか、
咳の程度とか、まあ、いくつかのことを聞かれるんだと思うんです。
するときっと、発熱が4日続いていないうちは確定できないので、現状では自宅待機です。
とか言われるんでしょうね。
いや正直これは全部想像です。

で、直接保健所以外のルートで、医師のところに診察に来た人に対しても、
検査の必要があるかについて、医師の問い合わせにも
どうも保健所が判断しているようなんですね。
保健所の職員って、医療資格があるわけでもないでしょ。
まあ、このことに関して、そこそこのレクチャーは受けていると思いますが、
しょせん、基本は医療に関しては素人です。
ところが、ここが関所になっているわけですね。
なんとなくですが、大丈夫か、という感覚になりませんか。

で、PCR検査があまりその数を広げてこなかったり理由がネットに投稿されていました。
それによりますと、めちゃくちゃややこしい計算式があったので、そこは飛ばして、ざっと要約しますと、
症状が絞り込めていない状態での検査は、その結果の信頼度は落ちるんだそうです。
まさにビデオ判定ではありませんが、アウト・セーフの境目が微妙なんですね。
症状のレベル判断として、
真陽性(本当に感染しているという状態)と
偽陰性(陽性なんだけど検査結果として陰性と評価した状態)
そして陰性、くどく言えば真陰性に分かれるんです。
症状が、軽ければ軽いほど、検査結果としてこの区分があいまいになる。
つまり正確性に欠けるということなんですね。
アウトをセーフと判断するか、セーフをアウトと判断するか、ここがあいまいになってしまうんですね。

検査とは、体内にウィルスがとり込まれているか否かを判定するものです。
でも、残念ながらPCR検査は、万能ではないんですね。
実際、陽性の人が陰性になったからとなっても再発する場合があるでしょ。
この場合、再度罹患した可能性もありますが、
実は、はい治療終了です、と完治宣言をするのに、
十分な判定能力のないまま、きっと諸症状との絡みで完治と言われるんだと思うんです。
体内から、100%ウィルスが排除されたかどうかまでは分からないんですね。
ですから、より確度の高い判定を出すには、
どう見ても何でもない人に対してまで検査をしない、というわけです。

ここで、さらにこの理屈の違和感を感じるんですね。
これはコロナ最前線にいる人の考えが影響してると思うのですが、
一般的市民生活をしている人は、大丈夫だ、という安心感が欲しい面があると思うのです。
そこで検査をしてみる。

これが、最前線の人にしてみれば、もっとトリアージ(症状の進行度の分類)を
どこかでしないと、医療の崩壊につながる、と。
簡単に言えば、擦り傷ていどで病院に来る病院に来るな、というわけです。

さあ、どっちが正しいのでしょうね。
ただ、言えることはPCR検査の精度のために検査をしているわけではないのでしょ。
自分の状況を知りたいから検査してくれって言ってるわけでしょ。
かかってからでは遅いんじゃないか、という恐れがあると思うんです。
これまた十分にその心情は理解できますよね。
ですから、PCR検査では100%正確な判断ができない、ということを知るべきですね。
特に真陽性、偽陰性については微妙な区分けになる、ということを前提にすべきですね。
特に、偽陰性の場合、実は保菌者なのですから、行動が難しい。
やれやれ大丈夫なようだった、で動き回られたら、それこそ拡大につながってしまう。
それはそれで問題でしょ。
ここのところの判定が十分ではないので、
検査する側も、症状が浅い場合、したほうがいいのか、しないほうがいいのか、迷うんですね。

拡大して検査を進めた場合、この偽陰性の人にお墨付きを与えてしまい拡散する可能性が出てくる。
一方、より広範囲に感染者を見つけ出す可能性がある。
さあ、どっちの選択なんだ、ということです。
まどっちにしても目に見えない敵なんですから、
ここは偽陰性を前提に、一人一人が行動を自制すべきなんでしょうね。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:38 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE