水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 自然のバランス化の一つか | main | こんな話、笑っていられないでしょ >>
鳥撃ちに例えて
私は、20代の時に、銃猟をしていました。
法律で20歳になるまで銃猟の許可をもらえないので、
20歳になると、すぐに試験を受けてその資格を得たのです。
もともとでいえば、父が銃猟が好きで、どうもせがれと一緒に狩りに行きたいと思っていたようで、
しきりに免許の取得を勧められたのですね。

まあ、親子で同じ趣味を持つのも悪くないか、と言われるままに銃猟の世界に入ったわけです。
法律では、狩猟免許を持つものは、銃を所有していなくてはいけないのです。
車の免許は、車を所有していなくても免許を持つことはできますが、
銃猟は、なぜかそうはいかないんですね。
ま、免許を持っていれば、逆に、何丁持っていいてもいいのですが。
で、最初に所有した銃は、父が持っていたものを譲り受けた水平2連銃。
これは字の通り、筒が二本、横並びしているものです。
右側が、初矢と言って、獲物が近距離の場合に撃つ筒で、
左側が、幾分か離れた時に撃つ、二の矢と言われる筒です。
初矢は、10メートルほどで、散弾がおよそ新聞紙を開いたほどの面積に広がります。
それは銃身の構造で、いくらか広がるように作られているんです。
しかし、広がる分だけ、弾の威力は弱くなり、
少なくとも、15メートルほど離れたら、ほぼ射程外、というほど威力が低下します。
で、二の矢は絞りがきつくできていますので、初矢の半分程度の広がりしか持っていません。
でも、その分、遠くまで威力が持続しますので、獲物との距離がある場合は、
この二の矢を使います。

で、そういう構造ですから、引き金が2本あって、手前側が初矢用、その先の引き金が二の矢用となっています。
大体、初矢を使うときは、あまり準備ができてない時が多いんですね。
足元から踏み出しで鳥が飛び立つことがあるんです。
居銃といって、銃を構える時の姿勢があるのですが、初めのころはこれができない。
しっかりと銃底を右肩に着けてなくてはいけないのですが、何しろ慌てて構えることが多いので、
腕で持った形で引き金を引いてしまうのですね。
これで発射すると、その反動があって、初矢の引き金を握っているにもかかわらず、
後ろに強く戻ってくる銃の動きで、二の矢用の引き金が指にあたり、指を切ってしまうことがあります。
いやこの時の痛さ、暫くしゃがみ込むほどのもので、当然皮膚は破れ、血が出ます。
まあ、怪我をするわけですね。
とはいえ、1シーズン、11月から2月半ばまで、経験を積むと、
さすがに居銃も正しくできるようになり、指を怪我するなんてこともなくなります。
初矢は、目の前に近い状態の獲物を狙うためのもの。
つまり、動きが激しい状態ですね。
動きの幅が広いので、広角的な意味で絞りができていて、多少のブレでもあたるように作られているんです。
で、そこで当てそこなうと、二の矢です。
この時はすでにいくらか遠くに行っているのですが、その分動きとしての幅は狭くなります。
したがって、二の矢の的の範囲はしぼられるけど、遠くの分、弾の威力を持たせるという意味で、
絞り込んであるんです。
クレー射撃の場合ですが、初矢で仕留めようと、二の矢で仕留めようと、
要は2発の中で撃ち落とせばいいことです。
ですから、バンバンと二度の音を聞くことがあると思いますけど、
これは初矢を外した瞬間に、二の矢で追いかけるからです。
ま、二連銃の構造はそういうことです。
さて、長々と2連中の構造について説明しましたが、
この初矢の役割と機能、二の矢の役割と機能というのが、
日常の中で役に立つことが多い、と思っているんです。
何か問題が発生した。
つまり、狩猟でいえば、鳥が突然飛び立った、ということです。
居銃もままならないでしょ。
ですから、しっかりと的を得ていなくても、広範に対応できる対応策が必要なんですね。
当然状況は流動的です。
でも、その動きを広くとらえることで、初矢的対応をすべきなんです。
この対応策は、いずれ効力を失います。
ですから、初矢を放った途端、次の対応策を考える。
突然飛び立つた鳥は、どちらに向かうか、分からないことがあります。
でも二の矢で構える時には、その方向が読めるわけですから、
鳥の向かうちょっと先に狙いを定めるわけです。
鳥そのものに狙いを定めると、弾が発射され、鳥に届くとするときには、鳥がすでにその先に行っていて、
外れてしまいます。
ここがポイントですね。
ちょっと先を狙う。
それと引き金を引くタイミングです。
相手は動いているのですから、このタイミングがずれると、無駄弾を撃つことになる。
かといって、ちょっとでもためらいがあると後の祭りとなってしまう。
いわゆる後手を踏んでしまうんですね。
ここにきてのわが国のコロナ対策ですが、
鳥撃ちの失敗例に似ているような気がするんです。
まずは、初矢と二の矢の狙いが取り違えているようです。
条件付きの30万円が、一律10万円に切り替わった。
まさに絞った的から、広げた的に切り替えたんですね。
これだと鳥は逃げてしまう。
またさまざまな手の打ち方が、後手後手だ、と批判されていますが、
今のような判断の仕方だと、鳥の姿はいつの間にか見えなくなる。
タイミングがずれているんですね。
このコロナ騒動は、確かに、突然足元から飛び立った鳥のようなものですから、
判断がむずかしいことはよくわかります。
でも、政治家というのは、そういう時にこそ適切な判断ができる資質があるはずでしょ。
その辺の、ぼーっと生きてるおじさんじゃないんですから。
国会議員、713人もいるんですよ。
ほんと、何やってんだ、と思いますね。
全員雁首揃えてチコちゃんに叱られて来い、と。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 08:56 | comments(2) | - | - | - |
コロナ給付金を減税で実行する水嶋さんの案に、大賛成です。国民全員が「閉じこもり」を強いられ、いつ解放されるのか希望が持てない非常時に、現金を貰って何になるんだろう?
金を配れば政府好印象に資するとでも思っているのか、為政者側の存在証明に拘った愚策ですね。
マイナンバー制度を導入後、全国民の納税データは可成りの精度でホストコンピュータに保存されている筈です。
「何時も納税義務を全うして頂き、有難う御座います。コロナでは種々ご協力頂き、重ねて御礼申し上げます。さて、貴方の昨年の納税額はこれこれしかじかです、コロナ終結まで10か月を要しました、来年の納税時に昨年の納税額の12分の10 =¥96.000を控除します」こんな手紙やメールが国税や地方税当局から来たら、説得力ありませんか?
もし消費税も対象であれば、家族人数別の年間納税額の計算事例を示して、自分(家、会社などふくむ)の減税額が把握出来る情報が必要です。
いくらの利益を獲得したのかが、万人は重要なのでしよう。
数千万人に公平を配慮しながら、現金を配る事務量と事務コスト、期間こそが大きな障害でしょう。
何十年と確定申告をしに行く度に、金を払う側が払う金を計算して、支払いまでする不条理に疑問を持っていました、特にIT化が進んだ昨今は、サラリーマンも含めて「貴方の納税額はx円です、内容確認の上、控除漏れやご不明な点が有れば、メールか電話をお願いします、ない場合は期日以内に納税をお願いします。」という時代になっているのでありませんか?
ついでに「貴方のお金は我が国(市町村)の下記事項の充実と取り組みに貢献して頂き、有難う御座いました。以下下記事項」というP.S.でも付いてたら良いですね。
お金を払う側のお客様満足度C.F.を税務当局も拘ると良いと思います。
尚、納税額ゼロとか生活困窮者など例外は沢山いますが、そうした部分に裂く労力の余地は残るものと思います。
| jfk jfk緑川 | 2020/04/17 12:15 PM |
お客様満足度はC.S.です訂正します。
| jfk jfk緑川 | 2020/04/17 1:23 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE