水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 何もしないということの意義 | main | 子供にツケを回さない >>
うちに閉じ籠れ
よその国を見ていると、確かに日本の数倍、時に数十倍、
さらにそれを超えるほどの多くの感染者と死者を出しています。
ついついそれらを見ていると、日本はまだまだ、ましなのか、と思ってしまいますが、
よその国はよその国、それより少ないからと、この状況を是とするのもおかしいでしょ。
日本は日本、これはこれで、やはりとてつもないこと、ととらえるべきでしょ。
「なんとかなる」から、「どうにもならなくなる」への移行期ではないか、という認識をすべきですよね。
対岸の火事とはよく言ったもので、他人ごとではないはずです。
それにもかかわらず、公園はジョギングの人であふれかえり、ローカルの商店街はごった返している。
日本人は何を考えているんだ、と外国人が批判しますが、確かにそうですね。
ついつい、日本よりもっとひどい状況の国の人から批判されると、何言ってんだとばかり反発する。
鼻くそに笑われたからと言って、それを笑ったら、それは目くそになってしまったわけです。
あいつら百人死人を出しちまった、うちはまだ五十だ、と。
正に五十歩百歩でしょ。

それにしても、最高レベルの戒厳令的発令として、
都市封鎖があります。
中国武漢をはじめ、欧米の国で都市封鎖を行っていますが、
日本では、法的に個人の行動を規制できないんだそうですね。
まあ、個人の自由を認めようという極めて民主的な法体系なのでしょうが、
それによって行動も規制できない。
しきりに家にいてください、といういお願いをするしかないんですね。
逆に、他の国は、行動の規制をできる法体制が整備されているんでしょうか。
所によってはうろうろすると罰金でしょ。
これって、まさに取り締まりができるということですよね。
確かに、専門家たちが必死になって、感染拡大を防ぐにはどうしたらいいか、と知恵を絞って、
人と人の接触を制限する以外方法はない、というのが結論でしょ。
そのために、少々過激なシミュレーションの数値を発表して入りしていますが、
これは貴重な提言として受け止めるべきでしょ。
ネットなどで安易に批判したりしていますが、
だったらあなたならどうしたらいいと思うか、という問いに答えられないでしょ。
知識も見識も劣っている脳みそで考えているんですから。
ともかく外出を避けよ、と言っているんです。
表には、無頼漢のコロナ軍団の狙撃手が、あほな人間を狙い撃ちしているんです。
何が怖いかと言えばそいつらが見えないことでしょ。
で、ともかく家に閉じこもる。
でも、普段慣れていない状態だから、すぐに飽きる。
そこで、うろうろするんですね。
サバンナで肉食獣の餌食になる草食動物のほとんどが体力のない子供です。
そして、大体、親から離れてうろうろした時に、やられてしまうんですね。
ともかく、うろうろすることは身を滅ぼしますから。
やっぱり閉じ籠りをすべきです。
本を読んだり、テレビを見たり、ネットでうろつく分には、感染しないでしょ。
ここ数日、you tubeにはまりました。
ボブ・ロスの絵画教室です。
そもそもこの番組がきっかけで私は油絵を始めてのですが、
昔を思い出して再度見ています。
飽きないですね。
もう一つ、グーグルマップ世界の旅です。
以前いろいろなところに行ったのですが、
今回はナイアガラの滝とヒマラヤの探訪です。
エリー湖から流れ出る水流がナイアガラで瀑布になる。
さらに激流を流れてエリー湖に注ぐ。
それを上空から見るんですね。
以前行ったことがあるグランドキャニオンにも行ってきました。
たしかラスベガス郊外から遊覧飛行機に乗ったように記憶していましたので、
ラスベガスも行ってきました。
それで、ラスベガス郊外に、びっしりと高級住宅が立ち並んでいるのですが、
さすがですね、各戸のに庭先にプールがあるんです。
ま、毒にも薬にもならないかもしれませんが、
時間つぶしにはもってこいです。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:18 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE