水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< やっぱり最後は免疫力ですね | main | 公衆衛生観念の高さが基礎にある >>
案の定、案の定

案の定ですね。
安倍首相が、3日に行われる憲法フォーラムに寄せるビデオメッセージで、
憲法に「緊急事態条項」を盛り込む必要性を訴えることになったそうです。
新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、
「緊急事態で、国家や国民が果たす役割を、憲法にどう位置づけるかは大切な課題だ」
ということなんですね。
.
このまさに国難的出来事に乗じて、安部ちゃんはなんか言い出すだろうと思ってました。
というか、もともと憲法改正、いや改悪を虎視眈々と狙っていたわけでしょ。
で、改定の機運を作りたかったのに、コロナ騒ぎ。
世間ではそれどころじゃない、ということだったんですが、
きっと、マスク二枚あてだの、30万円補助だの、

あまり庶民受けしない提案をしてきた側近がいるわけでしょ。
簡単に言えば、国民目線で物事を見てこなかった人です。
あれこれ感染を押さえつけようと様々な提言をしてきたものの、
いまいち受けが良くなかったでしょ。
そのたぐいの取り巻きが、

「総理、絶好の機会じゃないですか。
9条の改定はさておき、
緊急事態条項を憲法に盛り込むというのは、
抵抗が少なくなっているんじゃないでしょうか。
まずは、憲法をいじる、ということのアレルギーを和らげるためには、
このコロナ騒動はまさに渡りに船でしょ。
この際、国が国民の言動を規制できる項目を盛り込むべきです。
きっと国民も、今回のコロナ騒動で、
そのへんのところは受け入れやすくなっているんで、
今がチャンスです」

と、耳打ちをしたんじゃないでしょうか。
安倍晋三という人は、さすがにコロナに感染しませんでしたが、
ずっと以前から、憲法改定病に感染していたんです。
.
ここにきて、パチンコ屋騒動で、いい加減な輩の言動がテレビで放送されたりしましたね。
きっと、だれもが、なんて常識のない奴だ、

なんて顔出しをしていないオヤジ風の男を非難したんじゃないですか。
きっとあなたもテレビの前で、ひとでなしのくそ野郎、ぐらいの罵倒をしたでしょ。
パチンコ屋もパチンコ屋だ、と。
店を閉めたら食えなくなるなんてほざいて。
俺たちだって食えなくなるかも、と不安なんだ。
お前のとこだけじゃないぞ、と。
私も、もし本人が聞いたら、悶絶するんじゃないか、
ぐらいの汚い言葉をテレビに向かって、罵しりました。
で、言いながら、こういう輩を押さえつけなきゃいけない。
法律だのなんだかんだ言ってる場合じゃないだろう、と。
過剰な個人保護が、みんなに迷惑をかけてしまうんだ、と。
.
でも、今回のウィルス感染防止の対応でよく分かったのですが、
北海道で何とかしようと、
東京で何とかしようと、
また、大阪で何とかしようと、基本的には同様のことであっても、
微妙にタイミングも、その具体的方法も異なったでしょ。
これは地方、地方での様々ないわば地域性の違いがあるからです。
これは実に大事なことです。
法律というのは、北から南まで、全国画一的な範囲に有効ですが、
地域地域の自立性のほうが重要なはずなんです。
なぜなら、同じテーマであっても、都道府県ごとで、問題の背景が変わるでしょ。
極端な話、同じ県内だって、地域事情は異なるでしょ。
ある時、友人とこんな話をしたことがあります。
それは最低賃金が改定されたときの事です。
最低賃金はその地域の経済事情に応じた定め方をしています。

その地域の経済度によって、このぐらいは払えるはずだ、というのが金額決定の要素でしょ。
で、東京は経済の活性度が高いので、一番高い。
二番目は、神奈川です。
同じく、東京とトントンなくらいの活性度だ、と判断されたんでしょうね。
で、友人がぼやくわけです。
また上がっちまったよ。
東京とトントンだけど、平塚って、それほどでもないだろ。
これは、横浜への評価が、東京に次いで高いので、その金額になっちまったんじゃねえの。
横浜のおかげで、神奈川のローカルは割り食っちまうね。
ですって。
ちなみに相模湾に浮かぶ大島は、東京都でしょ。
あそこも東京並みの最低賃金なんでしょうか。
少なくとも、渋谷や六本木ほどの経済活性度があるとは思えませんでしょ。
まさに、地域地域なんですよね。
.
話を戻します。
今回のウイルス感染対応で、都道府県はばらばらの対応をしましたよね。
それは、知事の能力と併せて、地域の事情によることで違いが出たわけでしょ。
ですから、やり方次第じゃないか、と。
つまり、地方行政体にもっと権限を与えればいいわけで、

全国画一の規制をする力を国が持つ必要はない。
何より、使い方を間違われたら怖いでしょ。
その可能性はある。
だから、都道府県に緊急事態に対する対応権限をあたえるなら、私はその方がいいと思うんですね。
実に単純な理由があります。
それは都道府県は軍事力を持っていないからです。
アメリカなんかじゃ、州兵がいるようですが、
日本では自衛隊一本でしょ。
都道府県では軍事力を持っていないんですから、

そこでの国民への言動を規制し、軍事力という暴力で管理することはできないでしょ。

あの昭和10年代の、不穏な状況を作り出すことはない、と思うんですね。
.
逆に、国が持ってしまうと、その可能性があるでしょ。
少なくとも、世界200各国以上ある様々な国家で、
平和国家を高らかに掲げている国であること、その国民であることに私は誇りを持っていますから。
その高邁な理想をスポイルしかねない、緊急事態条項は必要ないと思いますね。

現憲法で何が問題なのでしょうか。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 01:21 | comments(1) | - | - | - |
案の定と言うより執念。偏執ですね。内政、外政でこれと言った結果も出せず、様々な疑惑で国民の信頼を失っています。ましてこの機に「憲法改正」を持ち出すことはないでしょう。世論は受入れるはずがありません。何かレガシィをとはいえ虚しく聞えますね。
| もっちゃん | 2020/05/04 4:19 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE