水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 海抜登山 | main | 女性主導社会 >>
うそをつかない人
以前、学生のアルバイトとしてわが店で働いていた一人の若者がいたのです。
彼は容貌もすがすがしく、さばさばした性格だったので、
職場ではだれからも好かれていました。
で、半年ほどたったころから、妙に暗くなって、仕事にも影響が出るようになったのです。
ま、いわば生活が崩れてきたんですね。
私は事務所に彼を呼び、事情を聴くことにしました。
まあ、世間話から始まって、徐々に彼の抱えている問題に触れてゆこうという作戦です。
言葉のやり取りから、状況を把握し、掘り下げ方を考えます。
この類のことは、何度も経験していますから、
そう間違えた方向にはゆかない、と自信を持っていました。
で、ぽつぽつと話を聞きだしたところ、問題の根底に家族の存在があったんです。
一言でいうと、父親が訳の分からない借金をしょい込んでいて、
それで家の中が荒れてしまった、というんですね。
自分も、今行っている学校をやめなければならないかもしれない、と。
まあ、まだ十代の子にとっては厳しい環境ですよね。
そこで、資金的なことも含め、彼が立ち直れる方法を色々と考えたんですね。
いくつか提案をし、それを彼も納得し、じゃあ頑張って、明日からやってゆこう、という結論になったんです。
わたしは、何とか立ち直らせることができる、と確信を持っていました。
でも、まあそうそう簡単にことが片付くとは思っていませんでしたが。
.
数日すると彼は辞めると言い出したんですね。
私は残念に思いましたが、ま、仕方ないか、と。
.
で、暫くして、風の噂のように彼のその後のことが伝わってきたのですが、
その時彼が私に言ったことは、全てうそだったんです。
ショックでしたね。
正直に言ってくれれば、何とでもなった、と思いました。
でも、うそをつかれたら、なんともできないでしょ。
打つ手打つ手がすべて狂う。
まあ、それ以前に、うそを見抜けなかったということもあるのですが、
それにしても、人の言葉を頭から信じてしまう人ってごく普通に存在するでしょ。
いまだにオレオレ詐欺なんかがはびこっているのは、そういう人間が持つ性善的な性があるからです。
世の中は、ある意味性善的な前提で動いているでしょ。
ま、人を見たら泥棒と思え、みたいな神経はなかなかなれませんよね。
.
ですが、不思議なことに、平気でうそを付ける人っているんですね。
まあ、うそつきと言っても様々ですが、
大ぼらとでも言えるような他愛ないことも、
ついつい受け狙いで話を盛る、なんてことも、
ま、うそと言えばうそですが、かわいいもんです。
時に、愛のあるうそもあります。
お医者様に、体調不良で診察してもらい、様々な検査の結果、
ガンの宣告を受ける。
お医者様は、患者に余命を診立てて伝えます。
まあ進行具合にもよりますが、早ければあと1年。
状態によっては2年ぐらいの余命とお考え下さい、と。
で、こういう場合、医師としては確定的な数字は出せないと思うんですが、
それでも、腹の中では、2年は大丈夫、と思っているはずです。
でも、なんかの拍子に増悪が早く進み、1年ということもありうる。
つまり、1年という数字は、ある種の保険なんですね。
看立て違いがあった、ということは避けたいと。
これは、その意味では愛あるうそでしょ。
これは非難できない。
.
まあ、さほど良心をとがめることもないうそというのがあると思うんですね。
それは、大儀があって、これを守るためのの多少のうそです。
で、不思議なことなんですが、
国家とか、国民とか、ある意味抽象的な対象の大義のために、時にうそをつく。
辻褄合わせのためにうそをつく。
まあ、隠蔽とか虚偽の報告とか、いうことがあるじゃないですか。
きっと、私たちには伝わらに、国会でのやり取りなんかでは、
このささやかなうそが連発されていると思ううんですね。
でも、なんだかんだと、国家のためとか、国民のためとか、多少いびつながらもそこに大義があるなら、
まあまあ許されるうそというのもあるとは思うんですが、
保身のため、権力維持のため、時に金銭のため、となると、これは許されないうそでしょ。
.
ここにきて、次期総理大臣候補の話が、出てきています。
ま、これはいつも出てくる話題ですが、特に、コロナ終息後をにらんでの政局の焦点の一つなんでしょうね。
近頃のこの類の話は、いわゆる国民がだれを望んでいるか、といったデータを出すのですが、
残念ながら、国民は総理大臣を選べませんので、しょせん人気度調査にすぎません。
しかも、アンケートなどでは、その媒体とか、対象などが変わるので、
さほど有効なデータとはなりえない。
でもまあ、あれこれ報告されているところでは、
全般としては、石破さんが人気がある。
ネット民に絞り込むとわれらが河野太郎が第一位。
ま、それはともかく、コロナが一段落すれば、この度の政権の不手際は非難されるでしょうし、
経済の立て直し、という重要課題もあるでしょうし、
とくに対中国への世界的非難に、忖度して後ろ向きになるのは、世界的に孤立を招きかねないし、
さらには、アメリカ大統領選でのトランプの再選は、微妙な状況になってきているし、
まあ、政権交代は重要な選択の一つですよね。
.
で、国民の一人としての希望なんですが、
今度は、嘘をつかない政治家に登場してもらいたいと、
ひたすら願っています。
| 水嶋かずあき | グルメ | 09:45 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE